FC2ブログ

OCSのスタックの順序について気を付けるべきこと(付:OCSにおける欺瞞の方法)

 OCSのスタックの順序について私自身勘違いしていることがまたぞろ見つかったので、ルールをよくよく読んでのまとめを書いておこうと思います。

 ちなみに私の今回の勘違いは、

司令部ユニット
予備マーカー
歩兵ユニット(攻撃可能ユニットで戦闘モードの面)

 と置いてある時、「敵プレイヤーから要求されたら、司令部ユニット(と予備マーカー)をどかしてその下の歩兵ユニットを見せなければならないよね」と思ってしまっていた、というものでした(正しくはこの場合は、歩兵ユニットが予備モードでZOCがないので、見せる必要はない。念のため、ZOCがあるかどうか聞かれた場合は答えなければならず、「ZOCはありません」と答えることになる)。

 あと、ついでに書いておきますと、「オーバーラン中のユニットのZOCはないものとして扱うのだろう」というような勘違いを私がしていたことも判明しました(>_<) そんな規定どこにもないですから、オーバーランをしかけるヘクスからのZOCはあるものとして扱うのでしょう。



 スタックの順序についてはOCS 4.8b 「スタックの順序」に書かれているのですが、A、B、E、Fの規定は別に問題はないと思います。少しややこしいのはCとDの規定かと思います。

C)もしZOC を持つユニットがヘクスに存在するならば、スタック中の戦闘ユニットの中で一番上に配置すべきです(ZOC の効果を明確にするため)。
D)司令部は、敵の陸上ユニットが隣接していなければ、陸上ユニットの中で一番上に配置できます(その所有プレイヤーに補給範囲を分かりやすくするため)。このようにして司令部が一番上に配置されている場合、敵プレイヤーは、自軍ユニットのZOCの存在について相手プレイヤーに知らせなければなりません。


 原文は以下のもの。

C) If a unit with a ZOC is in a hex, it should be the top combat unit (to make ZOCs obvious).
D) An HQ can be the top combat unit in the hex when no enemy ground units are adjacent (to help the owning player see his logistical net). The enemy player must be told if the hex has a ZOC.



 また、OCS 4.9 「戦場の霧」には以下のような規定があります。

4.9a 両軍プレイヤーは敵のスタックの中身を見ることはできません。ただし、陣地マーカー、一番上の戦闘モードの攻撃可能ユニット(それがなければ一番上の戦闘ユニット)、さらに一番上の活動状態の航空ユニットはいつでも自由に見ることができます。
4.9a A player can never look through an enemy stack. However, the enemy player may always see the hedgehog, top Combat Mode Attack-Capable unit (or top combat unit if none have a ZOC), and top Active plane in any hex.




 これらの規定から、まず、ZOCを持つユニット(戦闘モードの攻撃可能ユニット)は、とりあえずスタックの一番上に置かねばなりません(複数あればもちろん、その中から選べます)。

unit9589.jpg

 画像の上側のスタックで、(1)-2-10は移動モードでZOCを持ちません(というか、戦闘モードでも(2)-2-2で、攻撃可能ユニットでないのでZOCを持ちません)。私は先日、『Smolensk:Barbarossa Derailed』でソ連軍側をプレイしている時、この画像のような状況で「この16-1-3の戦車師団を、この(1)-2-10ユニットで隠そう……。ふっふっふっふ……」と悪だくみをしていたのですが、フト「あっ、ZOCを持つユニットを上に置かないとダメだからこれはできない……くそう……」と諦めたのでした。

 ただし、この16-1-3の戦車師団ユニットを予備モードにすれば、ZOCがなくなるので、上に(1)-2-10ユニットを置いても構わないことになります(この時はそれは移動力的に不可能でした)。

 ただ、この規定をプレイ中に失念してしまっていて(あるいは夢中で気付かずに)、この規定を破ってしまっている可能性がいくらでもあり得ます。ので、敵プレイヤーは「このスタックはZOCがないように見えますが、本当にZOCがありませんか?」と聞くことができると思います(尼崎会ではそうしているわけですが、これはルール的にも問題ないと思います)。それでミスに気付いた場合、「すみません、スタックの一番上はこれにします」と、ZOCのあるユニットを一番上に置き直すとかするわけです(もちろん、問題がなかった場合は「いえ、これで問題ありません。ZOCはありません」と宣言すればすみます)。


 先ほどの画像の下側のスタックは、すべてのユニットがZOCを持っていません((5)-1-1は戦闘モードなのですが、攻撃可能ユニットではないので)。ので、これは許される置き方だということになります。でもそう考えると、()付きのユニットは戦闘モードのまま隠してスタック中に置いておけるので、欺瞞に有効ですね……(そうか……メモメモ(._.)φ)。




 次に司令部ユニットですが、司令部ユニットは「攻撃可能ユニット」ではないので、ZOCを持つことはあり得ませんが、「戦闘ユニット」ではある(OCS 3.2)ので、スタック中にZOCを持つユニットがなければ、元々一番上に置いても問題はありません(そして、スタック中にZOCを持つユニットがないのであれば、「このスタックにZOCはありません」と敵プレイヤーに言えばよく、司令部ユニットの下を見せる必要はありません)。

 その上で、「敵の陸上ユニットが隣接していなければ」の条件付きで、たとえスタック中にZOCを持つユニットがあったとしても、それより上の、陸上ユニットの一番上に配置できます。ただしその場合、敵プレイヤーに要求されればZOCの有無(4.8b(D))のみならず、ZOCを持つユニット自体を見せなければならないでしょう(4.9a)。


 だとすると、司令部ユニットは、

・スタック中にZOCなし……ほぼ完全な隠匿能力を持つ
・スタック中にZOCあり……敵に要求されない限りでの隠匿能力を持つ

 ということになるでしょう。割と中途半端な隠匿能力です(^_^; もちろん、司令部ユニットを一番上に置くかどうかは任意なので、むしろ司令部ユニットを隠しておきたい(架橋能力を使うつもりの時などは特に)場合には、他のユニットの下に置いていいわけです。

 個人的には、プレイヤーの管理能力に余裕があるなら、司令部ユニットは(一部のものだけでもいいので)隠した方がいいとは思います(理由については詳述しないでおきます……)。


 一方、陣地マーカー、予備マーカー、DGマーカー、戦略移動マーカー、補給切れマーカーがスタックの一番上に置かれている場合は、敵プレイヤーは相手プレイヤーに断る必要もなくその下を見ることができます(実際にはだいたい、「これ下見ますよ」って声はかけますけど)。



 まとめると、

・自軍スタックの、ZOC持ち(攻撃可能ユニットで戦闘モード)を一番上に置くのを忘れるな。

・ZOC持ちの中でどのユニットをスタックの一番上に置くかは自由。

・スタック中にまったくZOCがない場合には、戦闘ユニットでさえあれば何を一番上に置いてもよい(司令部ユニットや砲兵ユニットは戦闘ユニットなので、一番上に置いてよい。輸送ユニットは非戦闘ユニット)

・司令部ユニットは(敵陸上ユニットが隣接してないなら、たとえZOCのあるユニットがスタックの中にいても)一番上に置いてもよい。敵プレイヤーに要求された場合、下にあるZOCのあるユニットは見せなければならない。スタックの中にZOCのあるユニットがいないならば、司令部を一番上に置くことは常になんら問題はない

・マーカーの下は全部、敵プレイヤーは見て良い。





 欺瞞を考える場合、

◆強いのに弱く見せたい時
・ZOCのある弱いユニットの下に、ZOCのある強いユニットを隠す。
・ZOCのある強いユニットを全部予備モードや移動モードにしておけば、ZOCのない弱いユニットの下に隠しておける。
・砲兵ユニットの下に()付きのユニットを戦闘モードで置くとか、砲兵ユニットの下に移動モードの歩兵師団をまるごと置くとかは、結構やばい欺瞞かもしれない(^_^;(砲兵ユニットの本来的でない使用方法がまた一つ……)
・フォーメーションマーカーで師団(あるいは軍団、旅団)ごと隠す。

◆弱いのに強く見せたい時
・とにかくスタック中の一番強いユニットを一番上に置く(ZOC持ちが上だという制限は守りつつ)。
・SPを1Tに分割してスタックを厚くする。
・輸送ユニットを1ポイントずつ(もし可能なら1T単位ずつ)に分割して置いてスタックを厚くする。

・『Hungarian Rhapsody』に入っている0ステップロスマーカーを下に置く(プレイ前にプレイヤー間で使用の合意は得た上で)。

◆両方に使える方法
・『Hungarian Rhapsody』に入っている軍団マーカーを使用する。


 フォーメーションマーカーで欺瞞するというのは良くあることだと思うのですが、改めて確認してみると、OCS 13.7b「戦場の霧オプション」の使用を両軍プレイヤーが合意した時のみそれができるのですね。尼崎会ではそこらへん曖昧なままに使用してました(>_<) 21.0にオプションルールがまとめられているのに、このオプションルールはそうでないから……。念のため、他にそういうオプションルールがないか検索してみましたが、このルールだけのようです。

 プレイ前にどのオプションルールだけを使用するのかの確認の際には、このルールも忘れちゃダメですね……(必ず使用する、と決めておいてもいいでしょうけども)。


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR