fc2ブログ

OCS『Smolensk:Barbarossa Derailed』キャンペーン、第3ターンをプレイしました

 尼崎会でOCS『Smolensk:Barbarossa Derailed』キャンペーンの第3ターンをプレイしました。

 ワニミさんとたえさんが来られまして、3人でのプレイでした。史実からだいぶ遅れているので、(元々最初のプレイは練習の練習みたいなものですし)最初からやり直すという案も出たのですが、とりあえず続けてプレイすることにしました。


 ↓第3ターン終了時。

unit9590.jpg



 簡単に、前回から今回にかけて得られた反省点を挙げておきます。


・ドイツ軍側は、(装甲)部隊を1ヘクスに集中させすぎるとそのハイスタックがソ連軍の砲爆撃によってDGにされてしまう可能性が高いので、分散した方が良さそう(ソ連軍は限られた航空砲爆撃力しか持たないとはいえ、2~4箇所程度をDGにできるよう)。

・ドイツ軍側によるソ連軍部隊に対する包囲や、補給線切断の試みは、ドイツ軍側が心配していたよりはうまくいくように思われるので、もっとやって良いかも(まあやり過ぎるとダメでしょうけども)。


・ソ連軍側は、防御において縦深と、(次のドイツ軍移動後の)補給路の確保をより重視した方がいいかも。敵から距離を取ることはやはり重要と思われるので、戦闘モードでの撤退にこだわらず、移動モードになって撤退した方がよいか。


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ボードウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、第二次世界大戦やナポレオン時代関係情報を集積したりしてます。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイしたり、VASSALでOCSをオンラインプレイしたりですが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! VASSALでのオンラインインストも大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

 ブログで書いた物のうち、

 OCS関係の記事は

「OCSの物置2」



 戦史物の記事は

「戦史物の物置」


 で、アクセスしやすいようにカテゴリ毎にまとめてありますのでそちらもどうぞ。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR