FC2ブログ

OCS『Smolensk:Barbarossa Derailed』の最新エラッタを和訳してみました

 またたえさんからOCS『Smolensk:Barbarossa Derailed』についての細かい疑問点について質問がありまして、念のためThe OCS Depotを見てみたらエラッタが更新されていました。


 私がこれまでに認識していたのは2018年8月8日付けのエラッタで、これはサンセット和訳には反映されているのですが、最新のエラッタは2019年9月6日付けとなっていました。その中で、新たに追加された部分は青く塗られており、見比べてみたところ黒字の部分はすべて2018年8月8日付けのものに含まれていました。ただし、書かれている場所が変更されていたり、沼に関するエラッタは具体例のヘクスが追加変更されていました。

 参考にまず、2018年8月8日付けのエラッタの和訳を挙げてみます。

エラッタ(2018年8月8日)

ルールのエラッタ
1.シナリオ3、5、7に挙げられている枢軸軍の鉄道輸送力を1に(2ではなく)、ソ連軍の鉄道輸送力を3に(4ではなく)変更します。
2.前線予備(2.3c)のSPは2(5ではなく)であるべきです。ソ連軍の増援到着表も修正の必要があります。
3.オプションルールの4.1bを次のように変更します:「追加の補給」イベントを7月8日ターンから7月15日ターン(イベントのためにダイスを振る前の3ターンの間)にかけて適用します。
4.前線予備(2.3c)の置き方:2.1の1つ目の黒丸【訳注:・のこと】をSPに適用し、2つ目の黒丸を改編ユニットに対して適用します。
5.マップ端ボックスに入ったユニットは移動を終了しなければなりません(1.4b)。

カウンターのエラッタ
1.2個のドイツ軍歩兵師団の移動モードの数値が間違っていました。第35歩兵師団は10-4-5で、第78歩兵師団は10-5-6です。

マップのエラッタ
1.沼ヘクスとみなされるためには、青い線によるシンボルと、緑色がかったまだらの領域の両方がなければなりません。ですのでたとえば11.01や19.20は沼ヘクスではなく、12.01や20.20は沼ヘクスとなります。

ソ連軍到着表のエラッタ
1.9月1日ターンに到着する戦車大隊の能力値は4-2-4です(4-1-4ではなく)。



 次に、2019年9月6日付けのエラッタの和訳を挙げます。青字であった部分は青字にします。

エラッタ(2019年9月6日)

ルール:
1.オプションルールの4.1bを次のように変更します:「追加の補給」イベントを7月8日ターンから7月15日ターン(イベントのためにダイスを振る前の3ターンの間)にかけて適用します。
<2020/02/02追記>
 このエラッタを反映するため、枢軸軍増援到着表の「ランダムイベント」の最後にある「オプション4.1bを使用した場合には、7月8日ターン及び12日ターンには自動的「追加の補給」イベントが発生します。」という記述の「及び12日」を「から15日」に訂正しておいて下さい。

<追記ここまで>
2.前線予備(2.3c)の置き方:2.1の1つ目の黒丸【訳注:・のこと】をSPに適用し、2つ目の黒丸を改編ユニットに対して適用します。
3.マップ端ボックスに入ったユニットは移動を終了しなければなりません(1.4b)。
4.マップ端ボックス(1.4b)には、4つの「・」があるべきでした。その3つ目と4つ目を以下のように変更します。
・これらのボックス内にいるユニットは一般補給下にあります。マップ上のユニットはマップ端ボックスからSPを得たり、一般補給を引いたりすることはできません。
・ユニットはマップ端ボックスに入ったら移動を停止しなければなりません。ボックスから出る時には、ユニットはノーコストで燃料を入れられています(「ユニット毎に1T」の方法で)。
5.「3.1 補給と増援」の最初の段落に、以下の文を追加します:ヘクス11.33を通っている鉄道線は枢軸軍の補給源ではありません。
6.「2.1 補給と増援」の2つ目の文は「例:ヘクス13.01、37.35【17.35でなく】、62.16」であるべきでした。
7.オプションルール「4.1c ゲージ変換の制限」を追加します:枢軸軍の2個の鉄道工兵ユニットのキャンペーン早期の活動を制限します。1個はエントリーHに到着し、マップ端からモギレフ(Mogilev)までの鉄道線をゲージ変換しなければなりません。もう1個はエントリーJに到着し、マップ端からオルシャ(Orsha)までをゲージ変換しなければなりません。その後、プレイヤーはそれらの鉄道工兵ユニットを好きなように使用できます。
8.オプションルール「4.3 セットアップの細かな変更」を追加します:シナリオ5.1と5.2で、ソ連軍プレイヤーがセットアップで細かい変更ができるように、項目を2つほど追加します。このオプションにより、最大限に効率化された枢軸軍の初動に対して抵抗できるようになるでしょう。このルールは経験豊かなプレイヤーが参加している時にのみ使用されるべきです。
A.ソ連軍の6個のステップロスしていない歩兵師団【狙撃兵師団】はそれぞれ、1個の分遣連隊ユニットを分遣できます。AR2の分遣連隊ユニットはすでに分遣されてしまっているので、あと使用できるのはAR2が4個と、AR3が2個です。分遣連隊ユニットは元の師団の2ヘクス以内に自由に配置できます。
B.ソ連軍のセットアップに細かい変更を付け加えます:第1自動車化師団は18.17の1ヘクス以内にセットアップできます。

 例えば以下のようにセットアップできるわけです:
 第229狙撃兵師団はAR2の分遣連隊を19.25に。
 第73狙撃兵師団はAR2の分遣連隊を17.20に。
 第137狙撃兵師団はAR2の分遣連隊を18.20に。
 第102狙撃兵師団はAR2の分遣連隊を13.05に。
 第127狙撃兵師団はAR3の分遣連隊を23.23に。
 第100狙撃兵師団はAR3の分遣連隊を15.09に。
 そして、第1自動車化師団の4-3-3自動車化歩兵連隊ユニット2個を、17.18と18.18に。

 それぞれの歩兵師団【狙撃兵師団】にステップロスマーカーを付けるのを忘れないで下さい。これらの分遣連隊は、追加で得られるユニットではありません!



シナリオ:
1.シナリオ3、5、7に挙げられている枢軸軍の鉄道輸送力を1に(2ではなく)、ソ連軍の鉄道輸送力を3に(4ではなく)変更します。
2.前線予備(2.3c)のSPは2(5ではなく)であるべきです。ソ連軍の増援到着表も修正の必要があります。
3.シナリオ7【のセットアップ】で、ドイツ軍のワゴンエクステンダーの位置を【29.29ではなく】32.25へ、また40.15のスタックを39.16へと移動させます。


マップ:
1.沼ヘクスとみなされるためには、青い線によるシンボルと、緑色がかったまだらの領域の両方がなければなりません。11.01、19.20、23.19、30.19、32.19、44.05はすべて、平地です。対して、20.19は沼です。


カウンター:
1.2個のドイツ軍歩兵師団の移動モードの数値が間違っていました。第35歩兵師団は10-4-5で、第78歩兵師団は10-5-6です。【訳注:『Hungarian Rhapsody』に訂正カウンターが同梱されました】


ソ連軍増援到着表:
1.9月1日ターンに到着する戦車大隊の能力値は4-2-4です(4-1-4ではなく)。
2.8月1日ターンに到着する第57戦車師団の能力値は16-1-3です(16-0-3でなく)。


<2020/11/25追記>
 またたえさんが気付かれました。BGGでも確認しました。

・シナリオ5で、ソ連軍の29.01に配置されるように指定されている12-1-3 Tk Div (55)ですが、正しくは14-1-3です。

<追記ここまで>

 枢軸軍の補給源の件は、以前拙ブログに書いてまして(OCS『Smolensk』入門シナリオの補給を考える (2018/07/28))、当時古角さんにThe Gamersの方へ質問してもらって答えをもらっていたのですが、今回気付いたことが!

 枢軸軍の補給源は、盤端の「道路か鉄道線」であって、小道は含まれていなかったのですね! そこんところずっと勘違いしてました……。

<2020/10/28追記>

 たえさんから、「エラッタ6項で37,35が補給源と明言されているので小道も補給源として良いのでは」と指摘をもらいました。確かに……。

 「小道はダメかも」と思ったのは、と「ヘクス11.33を通っている鉄道線は枢軸軍の補給源ではありません。」というエラッタの表現からすると、小道も補給源になるならば、10.32が補給源でないことを指定できないのではないか、と思ったからなんですが……。

 あと、OCSでは、「RoadはOK」と書かれた場合、「ということはTruck(小道)は不可だよ」という例が結構ある(そうでない場合もある)からでもありました。

 まあ、一応、小道もOKということでしょうかね~。

<追記ここまで>

 シナリオ7の件は、以前BoardGameGeekで質問したものでした(OCS『Smolensk:Barbarossa Derailed』シナリオ7の受給問題についてGeekで質問してみました (2018/11/14))。


 シナリオ7の件以外は、まあそれほど致命的ではない件のようにも思えます。

 興味深いのは、シナリオ5.1と5.2(最初からのキャンペーンとその短期シナリオ)でソ連軍のセットアップを微調整できるというオプションが入ったことです。これはドイツ軍の初動ムーブがプレイヤー達によって研究された結果、最初の数ターンでソ連軍が崩壊してしまうような事態に立ち至ったからではないかと思われます。

 我々のプレイでは全然そこまで行っておらず、ドイツ軍は泣き言しか言っていない状況なのですが、将来的には「このオプション入れないとソ連軍崩壊しちまうからなぁ!」とかって言えるようになるのでしょうか。そうなりたいものです(^_^;



 あと、たえさんからは「カウンターシートにはYak.1のユニットが1個しか入ってませんが、7月22日ターンから始まるシナリオ3にはYak.1が1個セットアップされており、ソ連軍増援到着表の8月1日ターンにはYak.1が1個増援で到着することになっていますけど……」という質問が来てまして(いつもながら細かいことに気付くたえさんに「すげぇ……!」と思わざるを得ません(^_^;)、この件は最新のエラッタには書かれていなかったので、BGGの掲示板をちらっと見てみて、この件に関して出てなさそうなら質問してみようと思います(答えは追記します)。

<2020/10/28追記>

 BGGに質問してみて2日くらい経ち、「Yak.1は1枚しかないので、シナリオ3&4では数ターン早くソビエトのYak.1が来ると考えていいでしょう。」というような答をもらいましたが、うーん?

 まだ分からないですが、恐らくはOCSチームの方でも把握していなかった問題なのではないかと……。

 もしシナリオ3か4をプレイしていてYak.1が2枚必要な状況になったら、とりあえずはプレイヤー間で相談して決めるということでしょうかね~。

<追記ここまで>

<2020/01/23追記>

 また、たえさんが見つけられました。シナリオ5の特別ルールで、ドイツ軍の専用トラックは基本的に空であり、プレイヤーが選んで2個だけを満載状態とする、とあるのに、39.28の第18自動車化歩兵師団の専用トラックは満載表記となっているが……? というものです。

 まあこれは、特別ルールが正しく、満載表記('F')がミスなのだと思います。一応BGGの掲示板に書いてみましたが、反応はありませんでした。とりあえず'F'を赤線2本とかで削除しておくと良いと思います。

<追記ここまで>
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR