FC2ブログ

小土星作戦:イタリア軍戦線に配備されたドイツ軍第318歩兵連隊について(付:OCS『Enemy at the Gates』)

 『The Italian War on the Eastern Front, 1941–1943: Operations, Myths and Memories』を読んでいってるんですが、いよいよ小土星作戦のところに入ってきました。

 小土星作戦は、OCS『Enemy at the Gates』(1994年)ではシナリオ化されているのですがそのバージョンアップ版のOCS『Case Blue』(2007年)ではシナリオ化されておらず(『GBII』のユニットが必要になるのが原因だと思われます)、私は『Case Blue』で小土星作戦をプレイしてみたい気持ちがあり、『Case Blue』用の小土星作戦シナリオを作りたいので、そのための情報を収集しなければなりません……。

 で、同書に、その時イタリア軍戦線にいたドイツ軍第318歩兵連隊についての詳しい記述があったので、引用してみます。


 ↓OCS『Enemy at the Gates』のVASSALモジュールから。

unit9596.jpg

 このVASSALモジュールなんですが、古いバージョンは自力でセットアップしなければならないのですが、2020年に入ってから新しいバージョンがアップされ、修正されていってまして、こちらはシナリオ毎にセットアップされた状態で始められるので大変ありがたいです(>_<)。VASSALモジュールをバージョンアップされたのはHerman Wu氏とJeff Coyle氏で、OCSチームのVASSALモジュール担当の方々です。OCSルソンの関係で少しやりとりをさせてもらいました。Jeff Coyle氏はOCSルソンのVASSALモジュールを作って下さり、Herman Wu氏はOCSルソンをソロプレイしてくれました(ありがたや!(T_T))


 さて、ドイツ軍の第318歩兵連隊ですが、画像の真ん中やや下の4-4-3 Brkdwnです。Bogucharに司令部のあるイタリア軍第2軍団の麾下で、Cosseria師団とRavenna師団の間に配置されていました(画像は字が潰れていて分かりにくいですが……)。

 【このイタリア軍戦線の】唯一の機動予備は第27装甲師団であったが、同師団は種々雑多な戦車を全部合わせても47輌しか持っておらず、しかもこれまでの戦闘ですでに疲弊の極にあった。それゆえ、この戦区のイタリア軍全体のための実際の機動予備は非常に弱体であり、言い替えれば戦術的レベル以上の効果的な反撃は望み得なかった。第17装甲師団は当初イタリア軍(ARMIR)の背後で機動予備となるように意図されていたが、既にスターリングラードポケットへの救出作戦【冬の嵐作戦】のために南方へ移動されていた。もう一つの弱点は【ドイツ軍の】第318歩兵連隊で、約3,000名(その多くはウクライナ人で、以前ロシア軍の捕虜収容所にいたか、あるいは戦闘経験のない年嵩の男性達であった)から成っていた。同連隊は8~9kmの前線を守備するために11月下旬に到着したばかりで、しかもドイツ軍司令部の指示により - イタリア軍は反対したのだが - その3つの大隊が敵に非常に近い最前線に配置され、高地を利用することも縦深を確保することもされないでいたのである。さらに悪いことに、彼らの戦区の地形はソ連軍の浸透と戦車を配置するのにうってつけであった。この第318歩兵連隊はコッセリア師団とラヴェンナ師団の間に割り込むように配置されていたが、12月15日にソ連軍の【小土星作戦の】主攻勢が始まる前に、ラヴェンナ師団との連絡線はすでに失われてしまっていたのだった。
『The Italian War on the Eastern Front, 1941–1943: Operations, Myths and Memories』P154,5



 この情報によればAR4というのは高すぎる気はしますが、一方で地形の問題は、細かい特別ルールでも導入するのでなければ反映しにくい話ではあります(^_^;

 まあとりあえず、小さなことからコツコツと……。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR