fc2ブログ

OCS『Hungarian Rhapsody』コンラートIIIシナリオを研究プレイしました

 ミドルアース大阪に行きまして、OCS『Hungarian Rhapsody』のコンラートIIIシナリオを研究プレイしました。


 古角さんがつきあって下さいました。古角さんがドイツ軍、私がソ連軍で。

unit9615.jpg




 ↓セットアップ時。

unit9619.jpg

 勝利条件を確認してました。

 画像の右やや下に囲った3ヘクスが、まだ枢軸軍部隊のいるブダペストヘクスで(ハイスタックなので、ブダペスト拡大マップの方に置いてありました)、枢軸軍プレイヤーターン終了時にこれらのヘクスに一般補給を引ければ、枢軸軍がサドンデス勝利します。

 それができなかったとしても、ダイスの2の面を上にして置いてある(2VPの)2つのヘクスを枢軸軍が占領した状態でシナリオの終了ターンである第4ターンを終えれば、(他の要素がまったく動かなかったとすれば)枢軸軍側が勝利します。

 ソ連軍としては、それらのヘクスを取られたままになるなら、ブダペスト市街ヘクスをいくつか占領するなどして埋め合わせる必要がある、という感じです。


 他の諸条件の確認なんですが、枢軸軍はブダペスト要塞内にグヤーシュマーカーを4つ持っているので、全4ターンのこのシナリオにおいてはブダペスト要塞が一般補給切れになることはありません。防御には戦闘補給は必要ないですし、内部備蓄で攻撃もできます(つまり2回まで。再備蓄の必要なし)。ただし、砲爆撃をするためにはSPが必要です。

 また、ソ連軍の航空ユニットは、第1ターン(セットアップ時)には4つまでしか活動状態になれず(シナリオ特別ルール)、第2ターンからは10個までとなります(3.2a)。長距離航空部隊(LRAF)の整備能力が"0"で始まって整備できないままシナリオが終わるので、「LRAFユニットをセットアップ時に活動状態にしておかなければ、使用できないままということ……?」と思ってBoardGameGeekで質問してみましたところ、またデザイナー様から返事がありまして、「LRAFの整備能力が0で始まる場合はLRAFは使用できません。このシナリオにLRAFのユニットが表記してあるのは、それまでにどれだけの損害を受けたかを表記しておく意図でしたが、この情報を削っておいた方が親切だったかもしれません」ということでした。ので、このシナリオではそもそもLRAFはまったく使用できないということで(他のシナリオでも、整備能力0で始まって、月をまたがないなら、LRAFは使用できないということかとも思います)。

 このシナリオではマップの南の方にも航空基地があり、ソ連軍側が持っている航空ユニットのすべてを(活動状態にして)有効活用しようとするならそれらの航空基地を使用した方がよい感じなのですが、しかし初期配置のままではそこまでSPを届けられない状態だったりします。なので、ブダペスト周辺でのみ、10個の航空ユニットを活動状態にしておき、離れた航空基地には活動状態にしておけない航空ユニットを置いておいて、必要に応じて入れ替えるというのが良さそうです。



 ↓第1ターン先攻枢軸軍終了時。

unit9618.jpg

 平地だらけ(陣地のマークは枢軸軍だけが使用できるのです)で、ダイス目も良かったため、前線にいたソ連軍ユニットをほぼ壊滅させています。



 ↓第1ターン後攻ソ連軍終了時。

unit9617.jpg

 ソ連軍側は結構余裕がない状況で、なんとか戦線を取り繕いつつ、続けての反撃に向けてハイスタックを林立させています。また、144砲爆撃力を持つカチューシャでブダペスト市内を砲撃し、2ステップロスを強いました。ところが……。



 第2ターン先攻枢軸軍終了時。

unit9616.jpg

 ブダペストへと一般補給を回復されてしまい、サドンデス敗北となってしまいました(>_<) ソ連軍は、反撃のためにハイスタック(軍団)を林立などさせておく余裕はなく、まずはドイツ軍側の恐るべき突進力の前になんとかそれを防がなければならないということが身を以てよく理解できました(^_^;

 また、ソ連軍は砲兵の砲撃力がありすぎるほどあるのですが、それらを撃つとあっという間にSPが減ってしまい、むしろ陸上部隊の機動や防御用補給に困難を来す可能性すらあると思いました。そこらへん勘案すると、勝利得点を確保する為にブダペスト攻略をはかる(そしてそのために砲撃をし、市街戦をする)のはまったくやらない方が良さそうだと思いました。あくまで、2VPヘクスを争奪した方が良さそう(2VPヘクスを枢軸軍に1個取られた状態では引き分けの結果。2VPヘクスを2つともソ連軍が確保していれば、ソ連軍の勝利)。

 そうすると、平地上で両軍がぶつかり合う形になりそうで、両軍が「攻撃時の戦闘力×2(×1.5)」を発揮して殴り合うという展開に? バランス的にもなかなか良さそうです。補給量は、ダイス目が良ければ苦労はしないと思いますけども、片方の軍がダイス目が悪いのが続くとかになると詰みそうなので、「シナリオを楽しむ」という観点でプレイするならば、適度にダイス目調整とかしても良いかもと思いました。

 難点としては、ユニット密度が高いことでしょうか。マップを拡大カラーコピーしてプレイするのもありだろうと思います。


 ミドルアース大阪で、(今回は来られていなかった)BOWさんが『Hungarian Rhapsody』に興味あるということでしたので、このシナリオをとりあえず推薦しまして、将来的にプレイできればと思っています(ただ、↓の理由により、だいぶ先になりそうですが)。


 ミドルアース大阪は、急遽来週もあるということになったそうなのですが、私は富山のKさんが尼崎会の方に土日来られてプレイということになっていたので、そちらには行けず。ミドルアース大阪は10月中はなしだそうです(会場が取れなかった)。


 尼崎会は、再来週以降、OCS『Smolensk:Barbarossa Derailed』を置きっぱなし継続プレイの予定です。こちらはワニミさんが業者に依頼して作って貰った拡大マップがあるので、そちらでプレイ。たぶん何回もやり直しプレイするだろうと思います(^_^;


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ボードウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、第二次世界大戦やナポレオン時代関係情報を集積したりしてます。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイしたり、VASSALでOCSをオンラインプレイしたりですが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! VASSALでのオンラインインストも大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

 ブログで書いた物のうち、

 OCS関係の記事は

「OCSの物置2」



 戦史物の記事は

「戦史物の物置」


 で、アクセスしやすいようにカテゴリ毎にまとめてありますのでそちらもどうぞ。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR