FC2ブログ

OCS『Tunisia II』次回キャンペーン用メモ&今後の個人的OCSの予定

 OCS『Tunisia II』のキャンペーンをソロプレイしていて広げっぱなしにしていたのですが、(惜しいのですが)いったんたたもうと思います。


 というのは、色々反省点が見えてきたので、それ込みでやり直した方がいいかなというのと、OCS『DAK-II』のソロキャンペーンを一回着手してみようと(←これもまた、反省点出まくりになると思いますが)。


 今後も機会があれば『Tunisia II』キャンペーン(ソロでも対戦でも)はやってみたいので、今回出てきた反省点をメモしておこうと思います。


 オプションルールの選択ですが、基本的に(やはり)連合軍の方が有利で、特にソロプレイだと理性的にプレイしがちで連合軍側がミスする可能性が少なく、枢軸軍側が史実より苦しい感じがするので、「4.1 国籍間の連携」(連合軍の英米仏間の連携が制限される。OCS経験者は入れてプレイすることが推奨されている)は入れた方がいいと思いました。入れないでやると、連合軍はほとんどまったく融通無碍に各国のユニットを混在させて最も効率的なようにユニットを運用できてしまいます。

 それから今回入れてプレイしていた「4.4 強襲揚陸」(史実で連合軍が行ったように小規模の上陸作戦が行える。史実では失敗した)ですが、これも「絶対失敗しないように」(特にソロプレイでは)行えてしまうので、これは入れない方がいいかなと思いました。今回のプレイではこれによってビゼルタ港が閉塞されてしまい、枢軸軍側にとって非常につらい状況になってしまいました。

 また、OCSシリーズルールでのオプションルールですが、「21.3 独立ユニット」(独立ユニットだけでの攻撃がSP2倍など)は入れておいた方が良いような気がします。というのは、主戦線以外では独立ユニットでもって支配権を奪い合う感じになるのですが、「21.3 独立ユニット」を入れていれば移動だけでの奪い合いとなって戦闘はほぼ起こらないと思われるのが、なしだと、戦闘が活発になって、そしてその戦闘による影響が大きすぎるようになると思われるため。それから、入れないでいると連合軍側の空挺やコマンドなどの独立ユニットがアクションレーティングを提供して攻撃して、死んだら補充で戻ってきまくり、複数ユニットフォーメーションのアクションレーティングなんか全然使わない……ということになると思うのですが、それはなんか(個人的に)変ですし、また、連合軍側を弱体化させるのにも役立ちます。


 「21.4 長距離飛行の影響」(航続距離の半分以上を飛んだら空戦力-1など)は入れてプレイしていたのですが、これが入っているととにかく長距離を移動してくる攻勢側が大変で、防御側が楽になります。個人的にはこのルール自体に魅力を感じているわけではないので(ワニミさんはOCSにおける航空作戦を詳細化したいということで入れたいということでした)、連合軍を弱体化させるなら入れる感じでしょうか。ただ、これ以外の他のオプションルールで相当弱体化させられているような気もします(^_^;(ただ、「4.1 国籍間の連携」は結構めんどくさいルールなので、それはなしにして、割と単純なルールである「21.4 長距離飛行の影響」でもってバランスをとることにする……というのは選択肢としてはありかも)


 プレイの指針ですが、今回、枢軸軍側が主戦線(チュニス前面)以外の部分をある程度以上重視するようにプレイしていたのですが、それはやはり重要だと感じました。が、1つしかない司令部をそちらに回したりしたのは失敗で、むしろチュニスから南西に延びている鉄道線の先の、重要な防御地点まで補給線を伸ばすのが厳しいので、そちらに回した方が良さそうです。

unit9802.jpg

 画像真ん中へんの黒い矢印の先あたりが、その重要な防御地点です。



 それから、連合軍側があくまで慎重に、失敗しないようにジリジリと前進するようなプレイをすると、枢軸軍側がジリ貧すぎるかもと思いました。ワニミさんとの対戦で私が連合軍側を持ったプレイをした時には、大失敗しまくってましたが、それでもやはり枢軸軍側はしんどくて、心が折れそうだったそうです(^_^; なので、1つの案として、「連合軍側は第10ターンまでに、チュニスから3ヘクス以内の箇所まで、少なくとも2回は到達しなければならない。それができなければ第10ターンにサドンデス敗北とする」というようなハウスルールを入れてプレイするのはどうかな、と思いました。史実では連合軍側は早期にチュニスを占領しようとして急いで前進しており、チュニスまで2ヘクスあたりまでには迫っていたわけなので。

 史実ではアメリカ軍のフリーデンドール将軍(→チュニジア戦:米軍のフリーデンドール将軍について、まとめ(付:OCS『Tunisia II』) (2019/05/31) )がかなりダメダメであったことが、初期の連合軍の失敗の要因になっていたと思われるので、ワニミさんと私との対戦でもそうでしたが、初心者側が連合軍を持ってプレイするというのも非常によい方法だと思います。で、失敗しまくればよい。史実でも失敗しまくっていたのですから(^^)




 さて、今後の個人的なOCSの予定なのですが……。

 自作の『Luzon:Withdraw to Bataan』(仮)は、テストプレイを機会を見つけてやっていって(また、テストプレイしてもらって)、ほどほどのところでとりあえずの完成ということにしようと思ってます。で、「こんなの作ってみたんですが、どんなもんでしょう……?」とThe Gamersの方へ、古角さんから連絡してもらえることになってます。夢は、The Gamersでユニット化されることです(^_^;(OCSのユニットの品質が好きなので!

 それから、『Hungarian Rhapsody』がもうすぐ来ると思われるので、とりあえずしばらくはそちらの和訳作業や試しプレイをすることになると思います。『Tunisia II』を片付けた後のスペースはそれ用に振り向けた方が良さそう。

 それが一段落したら、いよいよ『DAK-II』のソロキャンペーンに着手しようと思います。ただ、フルマップ5枚を広げるのはちょっと苦しそうで、ナイルデルタなしの4枚でやることになるかも……。


 また、自作の方は、次は『Case Blue』と『Guderian's Blitzkrieg II』を使っての「オストロゴジスク=ロッソシ作戦シナリオ」を作ろうかと。この両ゲームのちょうど境目あたりの地域とユニットを使うので、このビッグゲーム2作がないと遊べないミニシナリオという、「それどういうこと?」的なものになると思われます(しかもテーマがマイナー。イタリア軍のアルピーニ軍団好きな人にしかヒットしないと思われ)。そのためにも今『The Italian War on the Eastern Front, 1941–1943: Operations, Myths and Memories』を読んでいってまして、読み終わったら、今までに集めた資料でもって一回やってみようと。

 それができたらその次には、可能そうなら、同じく『Case Blue』と『Guderian's Blitzkrieg II』を使っての「リトルサターン作戦シナリオ」が作れればなぁとも思っています。『Enemy at the Gates』にはリトルサターン作戦シナリオが入っていたのですが、『Case Blue』には入っておらず、というのは『Guderian's Blitzkrieg II』のユニットがないとリトルサターン作戦が再現できないようになってしまったからだと思われます。ただこれはかなり大変な作業そうな気がします……(まあどれだけこだわるか次第でもあるのですが。割と適当に作るなら、それほど大変でもないかもです)。


 さらにその次ですが、1941年前半の日本軍によるビルマ攻略戦をOCSの1ヘクス5マイルで作った場合 (2020/06/03)で書いてました、日本軍のビルマ侵攻作戦と、ビルマからの撤退戦をフルマップ4、5枚で再現するゲームは、かなりプレイしてみたく、「うーん、作る(作ろうとする)……のか……?」と思うのですが、どなたか作ってくれませんか(^_^; 私が作るとなると、まったく何の知識もないので、資料集めと資料読みからということになります……。共作というようなのもありかもですけども。


 一方、尼崎会におけるメインのゲームですけども、今やっている『The Blitzkrieg Legend』はもうすぐ終わると思います。連続では同じタイトルはやらないと思うので、次は別のゲームになると思いますが、今名前が挙がっているのは、『Guderian's Blitzkrieg II』の火星作戦シナリオ(やるなら初)とか、タイフーン作戦シナリオ(2回目)とかです。

 ただしその前に、7月23、24日のミドルアース大阪の連続例会で『Burma II』の「ウ号作戦シナリオ」をプレイ予定で、7月12日はその練習プレイをするつもりです。


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR