FC2ブログ

1941年前半の日本軍によるビルマ攻略戦をOCSの1ヘクス5マイルで作った場合

 1941年前半の日本軍によるビルマ攻略戦をOCSの標準スケールである1ヘクス5マイルで作った場合について調べてみました。

 資料として『帝国陸軍南方作戦』の「ビルマ電撃戦」(『歴史群像』2002年6月号)の記事と、『歴史群像』2012年12月号(No.116)の「アキャブの戦い」の記事を参考にしました。







 濃い色のマップはOCS『Burma II』(フルマップ2枚)の領域です。

unit9718.jpg

 『Burma II』のマップはそのまま?利用するとして、それプラス矩形の領域(それぞれフルマップ1枚分)が必要なようです。西側にちょこっとくっついている領域(ハーフマップ1枚分)はアキャブ周辺で、1942年前半の戦いで攻略されましたし、その後の1942年12月から1943年2月の第一次アキャブの戦い、42年3月から5月の三十一号作戦、43年1月から2月の第二次アキャブの戦いの舞台となったもののようです。

 『Burma II』の北東方向にくっついているのは、「ビルマ電撃戦」の地図を見ているとそこらへんまでは進撃しているようなので。まあそこらへんはもしかしたら省略するとしても、それ以外の全部でフルマップ5枚+ハーフマップ1枚は必要そうな感じがします。

 アキャブの戦いのハーフマップ1枚は、もしかしたらそのマップだけで先述の戦いを再現するとか……?


 期間的には1942年1月20日から5月末くらいまでらしく、OCS標準スケールの1ターン1/2週間で40ターン程度。OCSゲームの平均からすると、マップ的にはやや大きめ、期間的にはやや短め? ユニット数的には多分かなり少なめ。


 The Gamersが作ってくれるならぜひ欲しいという意味では5段階評価の5! 自分が作るとしたらとりあえずマップの面で大変そうなのでかなりためらいますね……(^_^;


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR