FC2ブログ

OCS『Burma II』ショートシナリオ2:ウ号作戦の初動を初めて研究プレイしました

 尼崎会に下野守さんが来られて、一緒にOCS『Burma II』ショートシナリオ2:ウ号作戦の初動を初めて研究プレイしていました。

 ワニミさんはフランス戦熱が収まらないということで、キャンペーンプレイ中のOCS『The Blitzkrieg Legend』のベルギー軍とイギリス大陸派遣軍をじっくりとプレイされていました。


 ↓いったん移動フェイズを終了した時のツイート。





 しかしその後、リアクションフェイズに連合軍側の対抗策が色々見えてきて、かなりやり直しをしました。特に、戦略移動をまったく活用してなかったことをワニミさんに指摘されまして(^_^;

 以下、とりあえずの研究プレイの結果ですが、参考にある程度詳しく解説していこうと思います。「もっとこうした方がいいですよ」とか「そのプレイはこのルール的に無理ですよ」とか全然あると思うので、そういうのがありましたらコメントいただければ大変嬉しいです(^^)



 ↓南方、第33師団の戦区。

unit9777.jpg

 ①の箇所では、イギリス軍の補給集積所ヘクスに対して、割と何も考えずに南東と北東から予備モードとなった日本軍部隊が、拡張(突破)フェイズ中に攻撃をかけようと迫っています。こんなことはしない方が良いのかもですが、明かりに虫が寄っていくように、踏めるかもしれない(実際史実で一度踏んだ)敵の補給集積所には引き寄せられざるを得ないということで(^_^;

 ②のヘクスには、Yazagyoにいた移動モードで1-5-6の歩兵大隊を予備モードにすれば到達可能なのですが、予備マーカーを他の場所に譲って、その2ヘクス南の場所に留まっています。しかしぜひとも予備モードになって②まで行った方がいいような気も……。

 あるいは予備モードにならずとも、③のヘクスまで移動して、次のターンに予備モードになって北西のヘクスへ移動して……という方法も選択肢としてあり得るかと思いましたが、メリットが別にない……?

 ④のヘクスには、予備モードにした歩兵大隊ユニットが複数がいて、拡張(突破)フェイズにその北西方向の小道への進撃を狙っています。実は予備モードで④のヘクスの1つ北のヘクスにも行けるのですが、そこにいるとリアクションフェイズに観測可能で必ずや航空爆撃されることに気付きまして(^_^;(DGにされると予備モードがキャンセルされてしまう) この進撃路への進撃が航空爆撃で無効にされるのはあまりにもキツイと思いまして、わざと1ヘクス南で留まっている感じです。

 ④のヘクスの1つ北のヘクスには、1防御力を持っている自動車化砲兵ユニットを複数持っていって防御ラインとしました(いつもの、砲兵を砲撃のために使うのではなく、戦線を張るために使うプレイ(^_^;)。その南の戦車大隊ユニットは、アクションレーティングが低いこともあり、現状動かす時期ではない、か……? と考えて放置しました(が、動かした方がいいのかも……)。




 ↓中央、第15師団の戦区。

unit9776.jpg

 ①の場所ですが、南北に流れている大河川(チンドウィン河)にイギリス軍側の攻撃可能ユニットが隣接すると、そこより北のチンドウィン河が補給線として使用できなくなって日本軍の第15師団と第31師団に一般補給が供給できなくなるため、絶対的に日本軍部隊を送り込んでおかないとヤバイということが判明。しかし移動フェイズ中に送り込めるのは1ユニットだけで、予備モードにして拡張(突破)フェイズ中に送り込もうとしていたもう1ユニットは、リアクションフェイズ中の航空阻止(実際②の箇所で成功)で到達できなくすることが可能だという……。

 イギリス軍側には①の箇所の日本軍ユニットを吹き飛ばすチャンスが、リアクションフェイズの航空爆撃、自ターンの航空爆撃、砲撃、戦闘、あるいは拡張(突破)フェイズなど、何回でもあるんですが、ただし、それだけのリソースをここに注ぎ込んでもし砲爆撃が当たらなければ、戦闘で良くないダイス目が出たならば……退却しておいてインパール平原周辺でこれらの戦力を有効活用した方が良いのではないか……というリスクもあります。

 しかし日本軍側としては①の場所へとある程度以上戦力を送って、イギリス軍側がチンドウィン河へ隣接させようとする誘引を減らしておく&一度隣接されたとしても何とかして取り返せるようにしておくことが必要だと思われ、②の場所で1つが予備モードで、1つが戦略移動モードでかけつけています。

 ③の箇所には予備モードにした1-4-5ユニットが置かれており、④の箇所まで戦略移動モードで走らせたユニットと、拡張(突破)フェイズ中に合流できるようにしています。

 が、師団司令部ユニットは写真の場所(17.06)までしか行かないとしても、支給範囲3+1ヘクスで④の北のHumineの村まで、あるいは例えば16.08や15.07も一般補給下にできるので、そこまで戦略移動で行っておくという選択肢もありかもです。




 ↓北方、第31師団の戦区。

unit9775.jpg

 ①の箇所には予備モードになってチンドウィン河を渡河し、拡張(突破)フェイズには②のヘクスまで移動できる見込みです。

 ②のヘクスの南で戦略移動モードになっているユニット群ですが、師団司令部からの一般補給範囲に縛られています……が、今気付いたんですが、師団司令部の下に歩兵大隊ユニットを入れれば支給範囲を伸ばせるという特別ルールがあるので、それを使えばいいのですね!? ③のヘクスまで行ければ、次のターンに予備モードでその北西ヘクスに行って、拡張(突破)フェイズにさらに北西のヘクスへ行き、次のターンにはその北西の小道ヘクスに出られるという話が……。画像左上の方にいるイギリス軍ユニット(ビルマ軍部隊や西アフリカ軍部隊)は、初期配置の時点ですでに一般補給範囲外にいたので、部隊を大事にするならば日本軍に向かって進撃はできず、撤退することになるだろうと思われます(もちろん、リスクを犯して日本軍に向かっていくという選択肢もあります)。

 ④のユニット群も一般補給範囲に縛られてます。この後その西の方の小道へ向かう予定です。



 色々雑談しながらでもありましたのでこの日はここまででしたが、いつものOCSと同じように研究で色々考えるのが楽しく、ワニミさんも今後『Burma II』プレイに参加してくれることになりました。

 次回尼崎会は、3/7(土)と3/8(日)の両日で、富山県からKさんが来られてこのシナリオをプレイ予定です。下野守さんは新型コロナがやばいことになっていなければ、参加できるかもとのこと。古角さんにも声をかけていまして、「検討します」とのことでした。


 7月23日(木)・24日(金)のミドルアース大阪連続例会でもこのシナリオをプレイすることになっていまして、3/7,8にしろ、7/23,24にしろ、あるいはその間の期間にしろ、興味のある方はどなたでも声をかけていただければ、OCS初心者の方でも全然インストさせていただきますので、気軽にお声がけ(コメント)下さい(^^)



関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR