FC2ブログ

OCS『Burma II』のサンセット和訳にエラッタや誤訳等の追記・修正

 OCS『Burma II』のプレイの為に、サンセット和訳にエラッタ分を追記したり、誤訳の修正をしたりしていました。

 ただし、特に修正点は、ショートシナリオ2:ウ号作戦で使用されそうなルールだけに限っている面がありますので、留意して下さい。

 修正点は他に見つかる可能性が全然ありますがとりあえずのものとして、他の方への利便にもなるかと思いここに挙げておきます。更なる修正点が見つかったならば追記し、ツイッターにて報告するつもりです。

<2020/02/25追記>
 このエントリは02/24にアップしましたが、同日内に大量の修正点が見つかったため、25日にそれらを含めて、どこが追記分かを書くことなくアップし直しました。ご了承下さい。
<追記ここまで>



OCS v4.0ノート
 このゲームでは、4.7b項は適用しません。ユニットの輸送ポイントは半分になりません。
             ↓
 OCS4.7b項の内容:移動モードの移動力が1~6の徒歩移動タイプのユニットは、輸送時の換算値が半分になる。


1.2 ラバと象
 ラバと象は輸送ユニットとして【……】
   ↓
 ラバと象はエクステンダーを作れないことを除き輸送ユニットとして【……】


1.3 鉄道
 【……】両軍は鉄道を破壊したり、妨害することはできません。
   ↓
 【……】両軍は鉄道を妨害することはできません。


1.4c 小道
 【……】これは基本的に整備されることはなく、道路と言及している場合でも小道は含みません。
   ↓
 【……】これは基本的に不整備道であり、以下で道路と言及している場合には小道は含みません。


1.4d 山道
 【……】山岳(Mountain)と道路が一緒にあるヘクスは、戦闘においてのみ中障害地形として扱います。
   ↓
 【……】山岳(Mountain)と道路(小道は不可)が一緒にあるヘクスは、戦闘と砲爆撃において中障害地形として扱います。


1.6 食料
【追加】日本軍ユニットは、「補給ポイントによる一般補給」を利用可能な場合にでも「食料」を利用できます。


1.7 航空爆撃と鉄道妨害
【元の記述はすべて取り消し、以下の記述を使用】
 通常の砲爆撃結果表を使用する航空任務を行うには観測ユニットが必要。
 航空阻止は鉄道輸送に影響しない。


1.8 飛行場
 【……】(ジャングル、荒地、山岳ヘクスは2T)を消費することで、そのヘクスに飛行場を建設できます。シリーズルールに例外があります。【……】
   ↓
 【……】(ジャングル、荒地、山岳ヘクスは2T。シリーズルールの例外)を消費することで、そのヘクスに飛行場を建設できます。【……】


1.12 ユニットの色と所属
中国軍ユニット(草緑色…国民党軍と共産党軍の2種類)
   ↓
中国軍ユニット(草緑色…2つの色があり、片方は雲南方面のもの)


2.3 再登場
 【……】(“x”のマーク)【……】
   ↓
 【……】(“||”のマーク)【……】

1)師団司令部ユニットがいるヘクス
   ↓
1)そのユニットの師団司令部ユニットがいるヘクス


2.4a 師団司令部ユニット
 【……】機械化、自動車化の移動タイプを用いることができません。【……】
   ↓
 【……】機械化、自動車化に対して架橋の効果を持てません。【……】


2.4b ポーター
 司令部ユニット(モードは関係ありません)【……】
   ↓
 師団司令部ユニット(モードは関係ありません)【……】


2.5a コマンドコントロール
 【……】(INAユニットは除きます)【……】
   ↓
 【……】(INAユニットを含みます)【……】


2.5b 河川補給
 【……】錨のマークのある村ヘクスが“降車可能ヘクス”です。【……】
   ↓
 【……】錨のマークのある村ヘクスだけが“降車可能ヘクス”です。【……】


2.5d 飼料
 【一文目の後に以下の記述を追加】
 水牛は一般補給を供給するためだけに使用できる「自力で移動できるSP」です。


2.6a 大規模戦闘
 日本軍が1つの戦闘に【……】
   ↓
 日本軍が1つの攻撃に【……】


2.6b バンザイアタック
 【……】3個以下の大隊ユニットがスタックしている状態で同じ戦闘に参加する場合【……】
   ↓
 【……】3個以下の大隊ユニットがスタックしている状態で同じ攻撃に参加する場合【……】


2.6c 徹底抗戦
 【……】守備隊ユニットは、このゲームでは用いません。
   ↓
 【……】守備隊ユニットは、このルールを使用できません。


2.7a セットアップと制限
 INAはチンドウィン河以西でしか活動できません。【……】
   ↓
 INAはチンドウィン河以西(あるいは同河川の隣接ヘクス)でしか活動できません。【……】


3.1c アラカン地方
 【……】連合軍プレイヤーはその航空輸送に必要な航空輸送ポイント、【……】
   ↓
 【……】連合軍プレイヤーはその航空輸送に必要な分の活動状態の輸送機ユニット、【……】

 【……】マップ上の航空ユニットがこの航空輸送に用いられる場合、その時点でいるヘクスから増援部隊のユニットを登場させるヘクス(航空基地、またはホールドボックス)に移動させます-増援部隊のユニットを実際に航空輸送するわけではありません。この場合、航空ユニットは航続距離を無視でき、好きなヘクスに移動させることができます。ただし、マップ上の航空基地のスタック制限を守らなければなりません。シルチャールホールドボックスにスタック制限はありませんが、連合軍プレイヤーはこの方法で増援部隊をレドホールドボックスに登場させられません。【……】
   ↓【これら全部を削除し、下の記述に入れ替える(追加する)】
 それらアラカン地方にいたユニットは航空輸送(空挺降下ではなく)で運ばなければなりません。この航空輸送のためにXYZ輸送任務(OCS 21.12a)を使用します。積載と荷降ろしにおける航空基地レベルによる制限は、マップ上の航空基地には適用しますが、シルチャールボックスには適用しません。この輸送任務でレドボックスには航空輸送できません。


3.2c 観測ユニット
 連合軍の攻撃可能なユニット【……】
   ↓
 連合軍の戦闘ユニット【……】


3.4b マップ外の航空基地
 マップ外の航空基地は、いくつの航空ユニットでも整備できます。
   ↓
 マップ外の航空基地は、無料で航空ユニットを整備できます。【つまり、1Tは消費しないが、それぞれが2レベル航空基地なのでそれぞれで4ユニットまでという制限はあるということ。】


3.5a 練度
【最後の2行以外は取り消し、以下の記述を使用】
v2.2 3.5a a)チンディットクリーニングマーカーが置かれたヘクスは「クリア」とみなすが、連合軍ユニットによって占領された次のフェイズの開始時までは「自軍の支配」とはみなさない。
c)「敵の支配」に降下したユニットは自動的にDG。
【最後の2行の「トークン、ラバ毎」は「トークン、ラバは1T単位毎」と記述を追加】


3.5b グライダー輸送
【以下の記述を追加】
 グライダーと航空輸送を組み合わせて、マップ上の航空基地への基地移動はできない。


3.5d 砲兵ユニットの輸送
 連合軍の砲兵ユニットは再建に装備補充ユニットが必要であるにもかかわらず、航空輸送できます(5.5インチ砲は除きます)。【……】
    ↓
 連合軍の砲兵ユニットは移動コストが徒歩タイプでなくても、航空輸送できます(オプションの5.5インチ砲は除きます)。【……】


3.6b 活動の制限
 チンディット部隊は連合軍がレドロードとミートキーナを支配するまで、【……】
   ↓
 チンディット部隊は連合軍がレドロードをミートキーナへと延長するまで、【……】


3.7a 国際協同作戦
 【……】米軍と中国軍と協同作戦を行えません。
   ↓
 【……】米軍と中国軍とは協同作戦を行えません。


3.9b 工兵大隊
【以下の記述を追加】
 食料ルールの恩恵を受けない。
 すべての連合軍ユニットと協同作戦(3.7a)を行える。


3.10 ハンプディバージョン
 連合軍は、中国から送られてきた補給をビルマへ航空輸送できます。
   ↓
 連合軍は、中国への補給任務に割り振られていた輸送機を、ビルマへの輸送任務に転用できます。

 ただし、これは日本軍ユニットがインパール、ディマプール、チンドウィン河西岸のいずれかから【……】
   ↓
 ただし、これは日本軍ユニットがチンドウィン河西岸でインパール、ディマプールのいずれかから【……】

 【最初の文の後に以下の記述を追加】
 ハンプディバージョンは通常、追加のSP(プレイヤーが通常得られるSPに追加で)を得るためか、アラカン地方からユニットを航空輸送する(3.1c)ために使用されます。

 【……】出た目と同じ数のREのユニットを航空輸送【……】
   ↓
 【……】出た目と同じ数のREを航空輸送【……】

 【……】これはマップ外のホールドボックス(どちらか、または両方)から行われ、C-47が用いられます。しかし、実際にマップ上の航空ユニットや補給ポイントが用いられるのことはなく、積載もマップ外で行われます。【……】
   ↓
 これは実際にマップ上の航空ユニットを使用しない抽象的なものです。

 【上記の後に以下の文を追加】
 ハンプディバージョンは、マップ外から「追加の」SPをマップ内に運ぶか、アラカン地方からの地上ユニットをレドかシルチャールに運ぶかのどちらかに使用できます。

 補給ポイント(ユニットではありません)は空挺降下されます。
   ↓
 補給ポイント(ユニットではありません)は空挺降下(空中投下)することもできます。

 これらの航空ユニットは、自軍の移動フェイズと突破フェイズに移動できます(リアクションフェイズには移動できません)が、往復飛行は行えません。
   ↓
 ハンプディバージョンは、自軍の移動フェイズと突破フェイズに実行できます(リアクションフェイズには実行できません)。

 航空基地の降車制限には数えられます。
   ↓
 航空基地の荷降ろし制限には数えられます。


ショートシナリオ2 ウ号作戦
ターン数:15
   ↓
ターン数:10


特別ルール:
1)補給源:
 【……】連合軍の補給源は、B3.35の道路ヘクスです。
   ↑【この文を削除。ただ、連合軍の補給源は1.11にあるようにA1.24なので、B3.35をA1.24に書き換えるだけでもよいかも】

5)増援部隊:
 【……】6~7の結果を“なし”にして用います。【……】
   ↓【この後に以下の文を追加】
 その他には増援はありません。
【この項目全体の意味は、増援には補充(追加増援登場表)によるものと増援到着表によるものがあるが、日本軍は補充の表(追加増援登場表)を手直ししたものだけを受け取り、増援到着表による増援は受けない、連合軍は補充(追加増援登場表)と増援到着表の両方を見て、シルチャールに到着すると指定されているものだけを(Eqを含めて)受け取る、ということ】


【巻末の】食料影響表
現在の補給状態  補給切れマーカーが置かれている  補給切れマーカーが置かれていない
   ↓
現在の補給状態  補給切れマーカーが置かれていない  補給切れマーカーが置かれている

日本軍 補給切れマーカーを配置しない
   ↓
日本軍 補給切れマーカーを取り除く


巻末の地形効果表
 ** 道路なら重障害として扱う
   ↓
 ** 道路なら中障害として扱う




 あと、OCS『Burma II』の最新エラッタを和訳しました (2020/02/11) のエラッタのうち、明確化の8、14、15、17、18、19、20あたりは、まあルールブックに書き加えるほどでもない内容かなぁと思って私は書き加えませんでした。

 また、同エラッタでセットアップ情報やシナリオ毎の勝利得点ヘクスのヘクスナンバーが間違っていたと書かれていた部分は、英語版ルールブックに赤ペンで修正を私は入れました。同梱のルールブックに赤ペンを入れるのが憚られる場合には、The OCS Depotにあるv2.2のルールブックPDFを印刷するのが良いと思いますが、v2.2のそれでもまだ修正されていない部分がいくらかありました……(T_T)

 それから、富山のKさんから指摘を頂いたんですが、練習シナリオの題名が、ゲーム同梱のルールブックでは「Black Cats versus White Tigers」(黒猫 対 白虎)になっているんですが、v2.2では「Black Cats vs White Cats」(黒猫 対 白猫)になってました。が、これは恐らく、日本軍の第33師団が会津若松で編成されたことにあやかって「白虎部隊」と呼ばれたという話によるものであって、たぶん日本軍が第33師団を「白猫」とは呼んでなかろうと思うので、v2.2の方が間違っているのではないかと……。

 ちなみに「黒猫」というのは、第17インド師団の師団章が黒猫であったことに由来しているものでしょう。

17th Black Cat Infantry Division

 ↑第17インド師団の黒猫の師団章(Wikipediaから)


 ネット上では、第33師団の白虎の師団章(肩章?)を見たらイギリス連邦軍兵士は恐怖で逃げた、というような話も書いてあったんですが、その画像はぱっとは見つけられませんでした。どなたか知ってましたら教えて下さい~。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR