FC2ブログ

OCS『The Blitzkrieg Legend』キャンペーンセットアップの尼崎会による改造バージョンpdfを公開

 以前から書いてました、OCS『The Blitzkrieg Legend』のキャンペーンセットアップの尼崎会による改造バージョンのpdfファイルを作成しました。


 Dropboxに置きましたので、↓からダウンロードできます。

tBL Campaign Set up Amagasaki Modified version 1.0.pdf

<2020/01/02追記>

 オランダ・ベルギー込み(+若干の修正)のバージョン2.0を、↓で公開しています。

OCS『The Blitzkrieg Legend』キャンペーンセットアップの尼崎会による改造バージョン2.0(オランダ・ベルギー込み)のpdfを公開 (2020/01/02)

<追記ここまで>



 ↓ページの例

unit9850.jpg



 MultiManPublishingのOCS公式ページに公開されている『The Blitzkrieg Legend』ルールのpdf版の、キャンペーンの7.1(オランダを除く)と7.2(オランダを含む)のページ(P30~37)に、改造セットアップの分の記述を赤い字で書き加えたものです。

 改造の骨子は、「『The Blitzkrieg Legend』は、第1ターンの先攻である連合軍がディールプランによってフランスからベルギーに移動し終わった時点の、第1ターンの後攻ドイツ軍ターンから始まることになっており、連合軍ユニットはすべて戦闘モードでセットアップできるのがゲーム上の指定である。だが、元いたフランス国内の地点からセットアップで指定された場所まで第1ターン先攻の間に、戦闘モードで行けるユニットもあるが、移動モードや戦略モードでないと行けないユニットもある(戦略モードででも行けないユニットもあるのはある)。それら、戦闘モードでは本来置けないはずのユニットは、移動モードであるべきユニットは移動モードに、戦略移動モードであるべきユニットは移動モード+DGモードで置くことにする。」というものです。

 「戦略移動モードであるべきユニットは戦略移動モードで置けばいいのでは?」という意見もあるかと思いますが、戦略移動モードは戦闘力ゼロ、アクションレーティングゼロですので、脆弱どころの騒ぎではなく、恐ろしいことになるのが予見できるので、移動+DGあたりが落としどころかな、とそうしてみました(戦略移動モードで置きたいという方は、「in Move+DG Mode」と指定されているユニット戦略移動モードで置いていただければ再現できます)。


 ↓実際にそれで置いてみた図

unit9849.jpg


 「開戦前に元いた位置」に関しては、↓のあたりで調べていました。
OCS『The Blitzkrieg Legend』:フランス軍の第2、第3軽機械化師団の第1ターン先攻の動きを推測 (2019/05/15)
OCS『The Blitzkrieg Legend』:イギリス海外派遣軍(BEF)の配置を調べてみる (2019/05/17)
OCS『The Blitzkrieg Legend』:フランス軍の第1ターン先攻の移動元地点を調査 (2019/06/02)
OCS『The Blitzkrieg Legend』:フランス軍の第1ターン先攻の移動元地点を調査(増補版) (2019/06/09)



 しかし単純にモードを指定しただけでなく、ちょっとややこしいやり方になっている(ならざるを得なかった)部分もありますので、そこらへんのことを一応解説しておきます(そうでないと、このデータに基づいてプレイしてみようとする方にとって「???」となってしまう面があると思いますので)。

■1~5 Cav Divに関して
 1~5 Cav Divは元々、指定のヘクスから3ヘクス以内に自由配置なのですが、開戦前にいた場所から移動力を数えると、戦闘モードで置ける位置と移動モードでないと置けない位置の両方が存在します。そのため、自由配置する際に「開戦前にいたヘクスから実際に移動力を数えてみて、戦闘モードで置けるなら戦闘モードで、移動モードでないと置けないなら移動モードで置いて下さい。」という意味で、「Set up as if they have moved from ~(~から移動してきたかのようにセットアップせよ)」としてあります。
 また、最も東にいた3 Cav Divと、そのすぐ西にいた2 Cav Divに関して調べてみると、開戦の5月10日の午前中に移動を開始したもののすぐにドイツ軍の歩兵師団とぶつかって撤退しているのですが、ゲーム上の指定のヘクスから3ヘクス以内に自由配置すると史実よりもはるかにドイツ軍にとってやっかいな場所にセットアップすることができてしまいます。しかし実際にはそれはできなかったはずだということで、3 Cav Divは1ヘクス以内自由配置、2 Cav Divは2ヘクス以内自由配置に変更してあります(それでおおよそ史実通りのいい感じになるっぽいです)。
 さらに。各Cav Divは1SPずつ持っていますが、それを運ぶ手段が必要だったはずなので、フランス軍の司令部に自由配置できる7つの輸送トラック(積載状態)のうち5つを抽出してそれらがその1SPを運んだことにし、そしてそれぞれのCav Divの最寄りの司令部に元の通り積載状態で配置してあります。

■分遣連隊に関して
 B29.27の第22歩兵師団がB32.25の分遣連隊を、B35.24の第18歩兵師団がB34.25の分遣連隊を出したものと解釈しています。

■アニュー周辺の部隊に関して
 2 M Divと3 M Divをアニュー周辺に3ヘクス以内自由配置としましたが、元々そこらへんにいたベルギー軍のB42.20とB44.22のユニットをどうするかが問題になりました。ので、それらも指定ヘクスから3ヘクス以内自由配置としました。
 また、同様にアニュー周辺への配置が指定されていたベルギー軍の2 Cav Divは、OSPREY本の地図などで調べてみるともっと北にいたかのように描かれているので、北の方に動かしてあります。

■ジャンブルー周辺の部隊に関して
 元々ジャンブルー周辺には2 M Divと3 M Divが置かれていましたが、改造案ではアニュー周辺に置くことにしたので、穴ができてしまいます。そこで、フランス軍第12自動車化歩兵師団がジャンブルー周辺に分遣連隊を出せるようにしました(「Brkdwns may be distributed within 3 hexes of B43.27(分遣連隊をB43.27の3ヘクス以内に配置して構いません)」)。



 また修正とか入れるかもしれませんので、一応「バージョン1.0」という感じにしてます(^_^;

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

うそ、書いたので、消してください。
校正しなおします。 わ
今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR