FC2ブログ

『王妃ルイーゼとフリードリヒ・ヴィルヘルム3世』第1章を機械翻訳で読みました

 先日、ドイツ語本の『Koenigin Luise und Friedrich Wilhelm III: Eine Liebe in Preussen(王妃ルイーゼとフリードリヒ・ヴィルヘルム3世:あるプロイセンの愛)』を衝動買いしてしまったのですが、当然ドイツ語はまったく読めないので、ネット上で機械翻訳して読めるよう、スキャンなど色々準備をしてました。

 フリードリヒ・ヴィルヘルム3世については↓などをどうぞ。
フリードリヒ・ヴィルヘルム3世のキャラクター像 (2015/02/11)
不定詞王フリードリヒ・ヴィルヘルム3世 (2015/03/12)
フリードリヒ・ヴィルヘルム3世の散歩とジョーク (2016/08/05)




 で、ようやく、第1章(P9~24)を全部見てみることができました。

 ちなみに、手順としてはこうしてます。

1.本をスキャンする。
2.スキャンした画像データをGoogleドライブに保存する。
3.保存した画像データを右クリック→アプリで開く→Googleドキュメント(するとOCRされる)
4.OCRされたデータをExcel互換ソフトで、原文、英訳、和訳とセルに貼っていく(英訳はGoogle翻訳、和訳はみらい翻訳で)


 読んでいて確認できた(と思われる)のは、フリードリヒ・ヴィルヘルム3世がそのしゃべり方とは異なり、手紙等は普通に?感情豊かに書くことができたようだということです。というのは、引用符と思われるもの付きで、手紙(まだ結婚する前にルイーゼにあてたラブレター)の内容が書かれているので。

 あと、彼は王太子時代の1792年に、フランス革命戦争に父王と共に従軍しており(総司令官はブラウンシュヴァイク公)、その時の戦争の恐ろしい様子を見て、筋金入りの反戦論者になったそうです。なるほど……。

 また、小さい頃に受けた教育が非常に虐待的なもので、それが彼の「過度の罪悪感と自信のなさ」を助長したとか。

 いくらかちゃんと訳せた、彼のキャラクター像に関する記述を挙げてみます。

 王子は恥ずかしがり屋だったが、優しい心を持ち、とても親切だった。彼は人が苦しんでいるのを見ることができず、戦争を大変嫌っていた。彼は貧しい人々にお金を分け与えたため、後の結婚式に時にベルリンの街をライトアップするお金が残っていなかった。
『Koenigin Luise und Friedrich Wilhelm III: Eine Liebe in Preussen』P18

 王太子に友達がいないのは良く知られていた。王太子の副官であったJohann Georg von Schackを除けば友達にあたるような人を誰も見たことがなかった。フリードリヒ・ヴィルヘルムは非社交的で非友好的で、弟のルートヴィヒ【ルイーゼの妹フリーデリケと結婚。1796年にジフテリアにかかって急死した。】以外には誰にもプライバシーを明かさず、自虐的な性格のためにいかなる和解も困難だった。また「いつも女性の優しさや可愛らしさに非常に影響されやすい」と思っていたにもかかわらず、信頼できるガールフレンドを見つけることができなかったようで、女性との関係を含むすべての関係において、不信感と精神的不安が広がった。
『Koenigin Luise und Friedrich Wilhelm III: Eine Liebe in Preussen』P19




 王妃ルイーゼに関してちょっと面白かったのは、彼女が姉2人のような音楽的な才能も、妹フリーデリケのような魅力もなく、4人姉妹の中で最も気まぐれであった……という風に書いている一方で、その長所として、洞察力と順応性が高いということ、素早い理解力と人間性というものに関する正しい見方を持っていた、という様な感じで書いていることでした。つまり、美しさというよりは知的な能力が高かったということでしょうか。

 また、「彼女は温かさと距離感を調和させることを理解していた(公式の代表として現れる時には、彼女は威厳に満ちて見えた)」というような感じで書いてある(ように見える)のも興味深かったです。


 ただあれですね、英訳と和訳の間に割と違いがあるようにも感じるので、ドイツ語原文のニュアンスを理解するのはなかなか難しいのかも……?

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR