FC2ブログ

ナチスの優生思想は当時全世界的に流行で、人類の滅亡を救う道徳的なことであると見なされていた!?

 先日、「……そうだったのか!」とかなりショックを受けたのが、『キミのお金はどこに消えるのか 令和サバイバル編』を読んでいて出会った↓の話でした(P137)。

unit9907.jpg





 ここに出てくる『人口論』というのは、ロバート・マルサスという人が書いた(1798年初版)本で、私も若い頃に岩波文庫版を買うだけ買って読まずに数十年後断捨離してしまいましたが(T_T)、内容としては「食糧は少しずつしか増やせないが、人口はそれを上回る勢いで増える。これはヤバイ」という話で、当時すごく有名になったものだというのは知ってはいました。

 それでもって近年はナチスの絶滅政策に関する話や本などを色々読んでいたわけですが、マルサスの人口論の影響でナチスの優生思想と絶滅政策が出てきたというのは全然結びついてませんでした……。


 つまり、マルサスの『人口論』の影響で全世界的に優生思想が流行する中、ヒトラーとナチスは「食糧増産を上回る勢いで人口は増えてしまい、放っておけば人類は絶滅してしまう。それを防ぐために劣った民族(スラブ民族)やドイツに害をなす人々(ユダヤ人)を飢え死にさせたり処刑したりして、人類の中で最も優れた民族であるアーリア民族が東方に生存圏を確保することは、人類のためになることでもあり、道徳的に良いことである」と考えていたということなんですね!?


 そういう風に「自分達がやろうとしていること、やっていることは道徳的に良いこと=正義である」という感覚がヒトラー、ナチス、あるいは前線で絶滅政策に加担した(させられた)兵士や一般人に(いくらかでも)あった……というのは私はこれまで理解できてませんで、あくまで利己心や傲慢さやなんかから来るものかと理解してました。

 ……しかし察するに、ナチスが(いくらかでも)道徳心からそれをやったのだ、あるいはまた、その思想は当時全世界的な流行であったのだ、というような説明は、新たな「優生思想による行動者」を生み出してしまう可能性があるとして、タブーとされ、あくまでナチスは悪者だからそれをやったのだという説明にしておかなければならないということになっていたのかも。



 食糧増産に関して言えば、1940~60年代の緑の革命によって食糧が大量に生産できるようになる前は、世界中で実際に食糧危機が頻発していたわけで、「第二次世界大戦は食糧をめぐる戦いだった」という『戦争と飢餓』という本は、多くの人に読んで欲しい著作だと思います(高いけど(>_<) ぜひ図書館とかでも)。→『戦争と飢餓』、超絶オススメです! (2016/02/29)


 遺伝子的な話に関して言えば、これも最近私が結構衝撃を受けたものとして、「今の人類の遺伝的多様性は普通の生物の5倍ある」という話がありました。普通の生物は普通に他の種と食った食われたしているわけで(うう……(>_<))その中で生き延びられない、子孫を残せない遺伝子は消えて、ある程度の遺伝的多様性の幅の中に収まってしまいます。ところが、人類は狩猟採集時代にはそういう風にして生きていたのが、数千年前の農業革命以来そういう状態を脱して(戦争による生き死にはあったでしょうが)、普通なら残されないような遺伝子が残るようになり、結果として遺伝的多様性が5倍になった、と(『脳はなにげに不公平』P85~87)。

 私なんかは確実に、その増えた分の80%の中に入っていると思いますね~(競争的なのがすごく苦手だし、アセクシャル的傾向がかなりあるとも思われるし……)。





 閑話休題(それはともかく)。

 この、ナチスの優生思想が当時の全世界的な流行と道徳心によって裏打ちされていたという話で、ナチス・ドイツの絶滅政策に関して私の中で今まで理解しがたかった部分が、より理解しやすくなるのではないかと思いました。

 しかし、ここでも、「地獄への道は善意で舗装されて」いたのですね(私はこの言葉を、「善意というものは多くの場合誤っており、その行き着く先は地獄である」という風な意味で理解したい(カスタマーハラスメントとか、善意でやっている人が多いそうで)ところですが、普通はそういう意味ではないようです(^_^;→日本語版Wikipedia「地獄への道は善意で舗装されている」)。

スポンサーサイト



今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR