FC2ブログ

OCS『Enemy at the Gates』リトルサターンキャンペーン第2ターン先攻のみ

 8/28に尼崎会(拙宅)でワニミさんとOCS『Enemy at the Gates』リトルサターンキャンペーンの第2ターン、先攻ソ連軍ターンのみをプレイしました。

 前回はOCS『Enemy at the Gates』リトルサターンキャンペーン第1ターン (2016/08/20)

 ↓前回、第1ターン終了時の両軍の損害(Brkdwnは再利用してたりするので若干数が減ってますが)。

CIMG3617.jpg




 で、第2ターンですが、とりあえず第2ターンのイニシアティブを枢軸軍が取っていたので、まず枢軸軍がどちらを選ぶかの問題が。

 もし先攻を取れば、スターリングラードから突破していた1個装甲師団がソ連軍のガラ空きだった補給源を占領してその方面を麻痺させることができるだとか、前ターンに入り込んだいやがらせ部隊らがさらに戦果を拡大できるだとか、ソ連軍が移動モードになっている今のうちに……だとか色々考えたのですが、逆にソ連軍の立場に立ってみると「枢軸軍に先攻を取らせて補給チェックを1回枢軸軍側にやらせ損耗させておいてから、ダブルターンの可能性のある後攻を選ぶに決まっているだろう」ということが一番大きく、枢軸軍側はソ連軍に先攻を取らせることにしました。


 ↓第2ターン先攻(ソ連軍)終了時。

CIMG3618.jpg



 北西戦区における私のプレイなのですが、今回晴れて飛行機が飛べるため、私はとりあえず自分の戦区のあたりのドイツ軍戦闘機(空戦力5)を黙らせようと、空戦力4とか3とか2とかのソ連軍戦闘機を大量に飛ばして空戦を挑んだのですが、ことごとくサイの目が悪く、むしろこっち側がステップロスしまくる始末……(後にワニミさんが「どれ、私がやってやる」と、これも空戦力劣勢の戦闘機で挑んだところ、あっという間にドイツ軍戦闘機とスツーカを黙らせておられ……(T_T))。

 その後、ソ連軍進撃路の喉元に大スタックで居座った枢軸軍部隊を駆逐すべく、ソ連軍戦車軍団や親衛歩兵などで何回にもわたってオーバーランをしかけた(オーバーランで何とかしないと補給チェックで、飛び出していた部隊が死ぬので)のですが、これがまたひたすらサイの目が悪く逆奇襲されまくったり、損害が出まくる……

 前回の『DAK-II』の時から、ある程度優勢でもって攻撃をかけているのにとにかく極端と言えるほどにサイの目が悪く、そして最大戦闘比とかで戦闘をかけた時だけやたらめったらいい目が出るという病気がこの日も続いていまして……。

 しかしまあ、サイの目が悪いのはいつものことではあるので保険をかけまくっていて、なんとか必要なだけの邪魔な枢軸軍部隊は全部どかせることができました。が、サイの目が良ければもっと戦果拡大しようと思っていたようなことはまあできず……。



 ↓北西戦区。

CIMG3619.jpg

 で、上の写真ですが、①のところにハンガリー軍とドイツ軍部隊が逆侵攻してきているので、もったいないことながら増援で来た1個戦車軍団をそこに送り込んだ上に周りの部隊を急行させて防波堤を築きます。その西側で孤立してしまったソ連軍部隊に補給を通すべくオーバーランをかけたりしたのですが、ここももちろんサイの目が悪く自軍に損害が出ただけに終わりました:p

 ②の箇所がひたすらどかせようと悪戦苦闘していた枢軸軍の大スタックのいた場所です。黒い○はまだ放っておかれている補給切れの枢軸軍部隊。

 その左下の矢印が、ともかくも前進した部分です。サイの目が良ければもっと進めたはずだったのですが……。

 ③の箇所はワニミさん担当箇所(ミレロヴォ)で、第1親衛機械化軍団(最強部隊)がミレロヴォの外にいた枢軸軍部隊をぼこなぐりにした上で突破フェイズに再度ミレロヴォ攻囲(というか鉄道線遮断)につきました。


 ↓南東戦区

CIMG3620.jpg

 南東戦区はワニミさんが担当であったので私はよくわかってませんが、①の左右(左がタチンスカヤ、右がモロゾフスク)の枢軸軍包囲環を破って村に増援戦力や補給を入れていたりされていたようです。

 ②の箇所でスターリングラードから突破してきていたドイツ軍装甲師団を完全包囲してDGらせていますが、その為の戦力が足りず、③の方面での攻勢を一時的に諦めて下がったそうです。


 ↓スターリングラード包囲環

CIMG3621.jpg

 黒い線の部分で包囲環が破られていたのですが、ソ連軍移動フェイズ終了時に包囲環の全ヘクスに3RE以上が置かれていないとソ連軍はVPを失うので、なんとか取り繕ってあります。


 第1ターン、第2ターンとやってみての反省は、進撃路の喉元で取られてはいけないヘクスには少なくとも3ステップくらいは置いておかないといけないということや、スターリングラード包囲環は割と簡単に破れてしまうのでそのつもりで手当てしておかなくてはいけないのだな……ということなど。

 まあ、反省点出まくりでこけつまろびつしながらなんとかキャンペーンをやっていくという感じだと思いますので(^_^;


 今回、前日から私が若干体調が悪く、ソ連軍プレイを終えた頃に思考力がなくなってしまっていたので、その後後攻枢軸軍の動きについて少し議論した後終わっておきました。


 次回は9月4日(日)の予定です。また、9月17日(土)、18日(日)には富山のKさんが来られてプレイに加わっていただく予定です。初心者の方でも参加してくれる方がおられましたら大歓迎ですー。

スポンサーサイト
今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR