FC2ブログ

『ハイスクール・フリート』にブラウンシュヴァイク娘が……(^_^;

 下野守さんから今期の萌えアニメで『ハイスクール・フリート』(元は『はいふり』という名前だったが変更された)というのが駆逐艦(っぽいもの)が舞台だというので、とりえあずニコニコ生放送で視聴してみましたら、第1話が結構すごい展開で面白いなと思いました。キャラクターもいっぱい出てきますが、魅力的だなと思います。

ハイスクール・フリート

 で、3話まで見てましたら、ドイツ娘としてヴィルヘルミーナ・ブラウンシュヴァイク・インゲノール・フリーデブルクという娘が出てきました。

ヴィルヘルミーナ・ブラウンシュヴァイク・インゲノール・フリーデブルク

 「ブラウンシュヴァイク……だと!?」と思ったんですが、そこに反応するのは日本では私一人くらいなものでしょうね(^_^; ドイツ人オタクならいくらか反応する人はいるかも……?(ちなみに恐らく、このキャラで最も反応が大きい部分は声優が五十嵐裕美だという辺りだと思われ)

 ただ、4つある名前のうち2つ目にブラウンシュヴァイクが来るというのはどういうことなのか良く分かりません。一つ目のヴィルヘルミーナはヴィルヘルムの女性名でしょうし、例えばフリードリヒ・ヴィルヘルム2世の縁者には複数のヴィルヘルミーネという名前の女性がいます。

 このキャラ、性格・特徴が「質実剛健」とか、趣味の一つがチェスだとかってのはブラウンシュヴァイクっぽいように思うのですが、しかし多分私のバイアスに過ぎないんでしょうねー。

(実はブラウンシュヴァイク公(子)の長男のカール2世ブラウンシュヴァイク公は有名なチェスの勝負をしたことで知られているらしいです。→これは、1858年にパリのオペラ座で行われた試合です。


 近況ですが、『Charles William Ferdinand, Duke of Brunswick』のフランス革命戦争に入る辺りのブラウンシュヴァイク公の記述が非常に面白いのでそこをぜひブログに書きたいと思っているのですが、量が多くて和訳途中です。

 あと、OCSに関する紹介文を2つ書いたのですが、Game Journal誌とコマンドマガジン誌にそれぞれ掲載され……そうな気がします。が、まだ決定ではないです。で、「これさえあればOCSがプレイできるルールまとめ」を作る作業に入りたいんですが、その前段階として、

OCSの物置

の整理、拡充を始めてます。細かいページを色々まだ追加しようと。


スポンサーサイト
今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR