FC2ブログ

オラニエ公の評価、再び


 『Who Was Who at Waterloo』ですが、以前気になっていたオムプテーダとオラニエ公のこと(→ワーテルローにおけるオラニエ公の命令とオムプテーダ大佐)がこの本でどうなっているかと思って、読んでみました。






 ……といっても、オムプテーダの方は大して新しい情報はなし。まあアルテンが最初に命じたのはもう間違いないだろうな、というのと、あとはオラニエ公による最後のセリフの前に、オムプテーダの項で「questioning his honour,」、オラニエ公の項では「(Ompteda's) honour he(オラニエ公) called into question」という記述があって、つまりオラニエ公はオムプテーダの名誉に疑義を呈したということ? そういう話はこれまで見てなかったので「あれ?」と思いましたが、しかしまあ記述が簡潔なので良く分かりません。





 オラニエ公に関してですが、読んでますと、以前このブログで書いてましたオラニエ公の評価推測でばっちり合っているっぽかったです。おおお~。

 整理しますと、まずオラニエ公は1811年に半島戦争、1815年にワーテルロー戦役に従軍してますが、

 オラニエ公はこの2年間で数多くの戦闘に参加し、決して勇気に欠けなかった。(だが)ウェリントン公爵による彼についてのコメントは、「オラニエ公は勇敢な若者だが、それで全てだ」というものだった。
-『Waterloo Companion』P99-


 ということがあります。

 1815年戦役の時、在オランダの連合軍部隊の最高司令官にまずなったのはオラニエ公だった(父のオランダ王がそうなるように仕向けた)のですが、ウェリントン公爵がやってきて最高司令官に就任します。しかし政治的な意味合いにおいてオラニエ公をあまりむげにするわけにはいかなかったので、オラニエ公には第Ⅰ軍団長の地位が与えられました。

 一方、ウェリントンは(自身の信頼する)ローランド・ヒル将軍に、オラニエ公がその麾下の部隊でもって性急なことをやらかすのを防ぐという任務を与えた……
 『Who Was Who at Waterloo』P302



 『The Duchess of Richmond's Ball, 15 June 1815』(2005)という本を書いたDavid Millerという歴史家によると、オラニエ公は、

 「非常に勇敢ではあるがそれが全てで、他にはほとんど何もないと見なされており、実際に軍事指揮の経験も、円熟さにも欠けていた。」
 『Who Was Who at Waterloo』P302


 とか(これはウェリントン公の評によるもの?)。


 カトル・ブラの戦いの時にハルケット旅団に対するピクトン将軍の命令を覆させた件については、こう書かれてまして「なるほどなぁ」と。

 だがハルケット旅団は厳密にはピクトンではなくオラニエ公の指揮下にあり、そしてこの23歳の新米指揮官は、56歳の老練な将軍(ピクトン)よりも地位が上だったのである。歴史家のJac Weller(『Wellington at Waterloo』1967)によると、オラニエ公はピクトンの干渉を不快に思い、自身の権威を強引に行使することにしたのだという。
 『Who Was Who at Waterloo』P302




 この本、オムプテーダが戦死した後すぐにオラニエ公が負傷して戦場を離れたことに関して、「thankfully(ありがたいことに)」という表現を使っており、なかなかに皮肉です(^_^;

スポンサーサイト



ダヴー元帥の「不滅の三人」

 前エントリに続いて、アウエルシュタットの戦いの時にダヴー元帥の下で師団長であったフリアン、ギュダン、モランの3人について調べてました(順番はとりあえずアルファベット順ですが、そのまま年齢順でもありました)。

 前回も挙げてました「ナポレオニック雑文集」「ダヴー略伝」には、以下のようにあります。

ダヴーの第3軍団には「不滅の3人」と呼ばれる優秀な師団長がそろっていました(フリアン、ギュダン、モラン)。フリアンはダヴーの姉妹(姉か妹かは不明)と結婚しており、ダヴーとの関係は平穏だったようです。ダヴーが一番目をかけていたのはギュダンでした。ロシア戦役でギュダンが戦死した際には、心から悲しんだそうです。師団長の中でもっとも優秀であったのはモランでしたが、モランとの関係は次第に険悪となり、モランは転属願いを何度も提出しています。




 この3人のうちフリアンについては、岸田恋さんのコミックス版『戦争の平和』にも出てくる(あとモランもほんのちょっと出てくる)のである程度記憶には残っていたのですが、「不滅の三人」とまで呼ばれているのは初めて知りました……。このコミックス版の『戦争と平和』ですが、Amazonを見てみたら中古でもまったく出品されてないようです。私も入手したのはまったく偶然とある古本屋で見つけてなのですが、ナポレオニックファンの岸田恋さんがえらい奔放にナポレオニック関係に力を割きまくって描かれたものなので(尤も、完全に好き放題にはさすがにできなかったらしく、不完全燃焼だとあとがきで書かれてます)、一見の価値ありですよ……。

 →参考:漫画『戦争と平和』岸田恋



 さて、3人について。私が調べた資料は『Who was who Napoleonic Wars』、『Waterloo:Companion』、『Who Was Who at Waterloo』あたりですが、キャラクター(人物像)的なことを知りたい向きからはあまり大したことは載ってませんでしたが、まあ報告までに。なぜワーテルロー関係の資料を調べるのかといいますと、フリアンとモランは両人ともがワーテルローの戦いの時に親衛隊の指揮官として参加しているからであります。





 まずはフリアン。

Général Louis Friant (2)

 コミックス版『戦争と平和』には、1812年のロシア遠征の時にダヴー元帥が41歳に対してフリアンが54歳であった(のにそうは見えない……とか、フリアンの息子がダヴーに似て可愛い……とか)というネタがある(下P42)のですが、実際フリアンは1758年生まれで、ギュダンが1768年生まれ、ダヴーが1770年生まれ、モランが1771年となります。余談ですが私が1971年生まれなので、ワーテルローの戦いの時のモランと私は同じ年だったということになりましょう。200年差で割と分かりやすい。

 『Waterloo:Companion』にはフリアンとモランの両方の略歴が載っていますが、フリアンの方は大して面白いネタがなかったのでパス。『Who Was Who at Waterloo』にはなぜかモランの項目はまったくなく、フリアンの項目は6ページもあります。が、読み進めてみるとフリアン自身について触れられている割合は多くなく、むしろワーテルローの戦いの時の親衛隊の戦いについて(フリアンを無視して(^_^;)叙述が続く……。

 フリアンに関して書かれていることとしては、親衛隊がイギリス軍に向かって突っ込んだ際に、手に重傷を負ったのだけども敢闘精神は満々で、ナポレオンの元に戻って勝利は目前だと報告したこと。それから親衛隊が敗北した後、依然として秩序を保っていた親衛隊の部隊を率いて(この時、レイユの第2軍団とかロバウの第6軍団とか、結構多くのフランス軍部隊がまだ全然秩序を保っていたとあって、なかなか面白かったです)、ナポレオンやその側近達を守って戦ったということなど。

 それから『Who was who Napoleonic Wars』。こんな記述があります。

 ナポレオン麾下の最も優秀な師団指揮官のうちの一人(恐らくダヴーの義兄弟であることによって恩恵を受けていた)であり、フリアンは勇敢かつ壮健な兵士であり、有能な管理者であった。


 優秀さに関して義兄弟であることから受けていた恩恵ってなに……?(^_^;





 次にギュダン。

Charles Étienne Gudin

 ギュダンはなぜか、3人のうちで唯一、日本語版Wikipediaに項目がありました(→シャルル・エチエンヌ・ギュダン・ド・ラ・サブロニエール)。

 ギュダンは『Who was who Napoleonic Wars』でも貴族出身であると書かれているのですが、『Jena 1806: Napoleon Destroys Prussia』にこうあるのが目を引きました(P68)。

貴族の出であるという背景のもと、ギュダン将軍は第Ⅲ軍団第3師団の先頭に立ち、アウエルシュタットの戦いにおける【プロイセン軍による】主攻勢に耐え続け……


 貴族出身であるということがギュダンの行動に影響を与えていたということなのかもですが、詳しくは全然分からず……。





 最後にモランです。

Général Charles Antoine Louis Alexis Morand1

 面白かったのは、『Who was who Napoleonic Wars』に以下のようにあったこと。

 彼は1808年に伯爵に叙せられたが、ダヴーはこの非常に有能な部下を自分の指揮下に留まらせるために、それ以上の昇進を阻止したのだった。


 モランが転属願いを出した、というのはここらへんの絡み……?


 また、『Waterloo:Companion』にあったこの記述もなんか(P83)。

 ボロディノの戦いで砲弾の破片によってあごに激しい一撃を受けて顔の外観を損なうほど大きく負傷したが、それにも関わらずモスクワからの退却の時に略奪した宝物の護衛の任務を割り当てられた。




 『Jena - Auerstaedt: The Triumph of the Eagle』が届いたら、もっと詳しいことが分かるといいなぁ……。


「ナポレオニック雑文集」を印刷してみたり

 とりあえず現在、『Jena 1806: Napoleon Destroys Prussia』のアウエルシュタットの所を読んでます。そいでもってこの本の中に、ダヴー元帥の3人の師団長、フリアン、ギュダン、モランの肖像画や簡潔な説明が載っていて、そこらへんから派生してこの3人に興味が湧いてきたので、手持ちの資料で少し調べ始めてます。

 そんな中、以前存在には気付いていた「ナポレオニック雑文集」に、ダヴーとこの3人の師団長との関係が書かれているのを発見。

 ダヴー略伝


 ダヴー元帥自身に関するものとしても非常に興味深い……!

 よくよく見てみると、このサイトの内容は割と一気にアップされたもののようで、いつ消えるかも分かりませんし、自分で読みやすいようにコピペで一太郎に貼っていって印刷することにしました。かなり分量があって、133ページにもなりました……(^_^; 皆さんも、ぜひ印刷して持っておくか、あるいは少なくとも読まれることをオススメします!!


 この資料の中で紹介されている『The Iron Marshal: A Biography of Louis N. Davout』ですが、Amazonで見てみると、すごい値段です(^_^; プロイセン関係優先なので、私が買うのはまあないかなぁ……しかしダヴーの不潔な身なりというのが具体的にどんな風だったのかとか、3人の師団長との具体的なエピソードとかも知りたいですけど……。





 と、その最中に、『Napoleonic Wars (Essential Bibliography)』という本を発見。ナポレオン戦争に関する基本文献に関する本らしく、出版年も2012年と新しいし、値段もそんなに高くない。



 試しに1806年戦役のところを「なか見! 検索」で見てみますと、かんじんかなめのところ(P40)は閲覧不可でしたが、その前段落の辺りで、とある歴史家がある論文(本?)で、1806年のプロイセン軍は、フランス軍以外の他のヨーロッパの軍隊と比べた時には決して劣っていなかった、問題は1806年のフランス軍がプロイセン軍より遙かに強く兵力も膨大であったことなのだ……というようなことを言っているとかってなことが書いてあって、非常に興味深かったです。

 こういう文献に関する本というのは個人的に非常に興味があり、1000円ちょっとで買えるのと、レビューもすごく褒められていたので、もう注文してしまいました。Kindle版だと待たずに読めますが、値段がむしろ高くなるのと、結局印刷して読むとすれば本のものを買ってしまった方が良いと……(最近、洋書自体に分からない単語の訳を書き込んで読むのが私自身やりやすくなってきた気がします)。



 あ、↑上記の「書き込み読み」の件ですが、Android用の『Handy英辞郎』というアプリを購入(1080円)したことによってより良くなったような気がします。

 過去のエントリ、シル少佐本と英単語に書いてましたが、洋書に単語訳を書き込むときに、単語レベルを書き込むともっといい。ところがこの英辞郎の単語レベルは、ノートパソコンに入れている英辞郎では表示されるのだけども、Androidで英辞郎を見るために使用しているaDiceというアプリ上ではどうしても表示できなかったのです。割とスマホで訳を確認して洋書に書き込むということが増えていたので、そこが非常に残念でした。

 ところがHandy英辞郎というアプリが登場しまして、1080円します(aで始まる単語だけがお試し版として無料で使用できますが)が、単語レベルも表示される。検索の楽さ加減は若干aDiceの方が上なんですが、まあそれほど気にするレベルではありません。

 購入する時にはやはり悩みましたが、まあ思い切って購入してみて、良かったです。現在では基本的にHandy英辞郎で分からない英単語を調べて、英単語レベルも書き込んで、その英単語レベルが①~⑥のもの(あるいはある程度よく見る熟語)にはフリクション(こすると消える)蛍光ペンの緑色ので○するようにしてます。それで、本自体を見返して単語を覚えようとする、と。

『The 6 Days of Glory』を購入しました

 先日、バイトで岡山に行きまして、なんとかギリギリボードウォークさんの営業時間内に終わりそうだったので、思い切ってボードウォークさんに走って、クラッシュ・オブ・アームズの『The 6 Days of Glory』を購入してしまいました。

CIMG2914.jpg

 コマンドマガジンで何回か記事になってまして、割と褒められているので以前から気になっていたのですが、同じシステムを使用しているというOSGの『1806』をプレイしてみようかと用意(用意だけ(^_^;)しているので最近さらに気になってきまして……。『1806』がそんなに記事になってないのに比べて記事になっている回数も多かったですし。

 ただし、和訳がネット上のどこかにあるかなと思って探してみたのですが見付からず(^_^;、そういう意味でもプレイできるとしても相当先になりそうです。ブリュッヒャーが登場(してぼろ負けする)しているという意味で興味はあるのですが、1814年ものなので自分的には後回しですし……(1806年、1807年、1809年のプロイセン関係により興味がある)。

 ネット上には『The 6 Days of Glory』のルールの「Revised and Expanded Version 1.13」というものが存在していますので、訳すとしたらこれをやるべきなんでしょう。



 『1806』はVersion1.0の和訳だけ(YSGAの)があるのかなと思っていたのですが、なぜかVersion1.06の和訳が印刷された状態で存在しているのを発見。データは手元に見付からないのに……どこから入手したのか?(^_^; 最新バージョンは1.10っぽいですが、とりあえずプレイしてみるなら1.06で充分でしょう。問題はいつ着手するかです……(最近体調芳しくないので……(T_T))。

続・ナポレオニック本関連(ワーテルロー、アウエルシュタット)

 前回のエントリで書いてました、ナポレオニック関連の洋書が届きました。



 765円(送料込みで1022円)で売っていたやつで、「粗悪品である可能性も……」と思っていたのですが、届いてみると別に全然大丈夫でした。これはラッキーとしか言いようがない……。

 ぱらぱら見てみただけですが、一人の人物に数ページほども記述があり、総ページ数465で、詳しそうで楽しみです。出版年が2007年で、(裏表紙を読んでいると)ワーテルローの戦いにおける定説ではない、新しい知見に基づいて書かれているっぽいのも非常に良いです。

 とりあえずアルテンやオムプテーダに関する記事をぱらぱら見てみたのですが、ある程度詳しく載ってそうでした。グナイゼナウの項には彼のコルベルク攻防戦(1807年)に関する詳しい記事がないかなーと期待して見てみたのですが、ワーテルロー戦役以前のことに関してはさらっと触れているだけでそこは残念でした(しかしワーテルロー戦役におけるグナイゼナウに関しては相当詳しそう……)。


 それから、『Jena 1806: Napoleon Destroys Prussia』。



 実はオスプレイの本は個人的に、入門的であまり詳しく書かれていないという印象を持っていたのですが、それはある程度そうだとしてもこの本はまあまあ詳しそうだし、地図上でナポレオンの計画やプロイセン軍の計画についての矢印が描かれているのが非常に好印象でした(今まではそれらの計画に関して地図上に描かれているのを見たことがなかったので、ある意味ほとんど何も理解できていなかった……地図を参照しながら文を読めば良かったのではありますが(^_^;)。また、軍装のイラストや、ダヴー軍団の師団長クラスの肖像画や解説が載っているのも良かったです。絵や(現代の)写真が載っているのも良い。ただ、カラーページがいくらかある以外はモノクロページで、現代の戦場の写真とか全部モノクロなので、そこらへんがカラーならもっと良かったのに……(しょうがないですけど)。


 で、ちょっと前から、「アウエルシュタットの戦いについて、自分で地図も作りながらまとめていってみよう」という野望を持ち始めてまして、それが終わったら(いつ終わるのか、あるいは今までのようにちょっと着手しただけでやめてしまうか、不明ですが(^_^;)イエナ・アウエルシュタットの戦いの後のプロイセン軍の敗走戦についてもまとめてみたいなぁ……と。

 と言っても着手はせずに、そぞろに資料を眺めていましたら、『Jena - Auerstaedt: The Triumph of the Eagle』という本があって、しかもこれがえらい褒められているっぽいということに気付きました。



 高い……(^_^; けど、もう大分興味を持っているし、出版年(2006年)も新しいし、軍装などの資料もかなり入っているらしいということで、思い切って注文してしまいました。値段から考えると、『Waterloo:Companion』みたいな超詳しい、網羅的、フルカラー的な本なのでしょうか……?(もしかして『Jena 1806: Napoleon Destroys Prussia』の購入の意味がなかった的なことになるかも……まあしょうがない)

 それより、買った洋書の元を取る程度には読み込まないと……ちょっと読んで積ん読状態というのが良くあるので……。

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR