FC2ブログ

ナポレオニック本関連(ワーテルロー、アウエルシュタット)

 最近は基本的にネトゲ(Blade&Soul自ブログ)をやってるんですが(^_^;、アウエルシュタットの戦いにはかなり興味度合いが上がっていて、手持ちの洋書をちまちま読んでます。

 そんな中、たまたまAmazonの自分の「ほしい物リスト」を眺めていたら、「欲しいけど高いからなぁ……」と思っていた『Who was Who at Waterloo: A Biography of the Battle』の中古本が、最安値765円で売っているのを発見!(送料込みで1022円)



 「これは!」と思ってそれは注文したので、すでに通常の値段のものしか残ってませんが……。しかしなんでそんな安かったのか……(不良品?)。まだ届いてませんが、もしちゃんとしたものだとしたら、「安く売っているケースもまれに良くあるから、ほしい物リストに登録して時々眺めると吉」なのかも?




 あと、買い物して気が大きくなり、旧GJ42号のカードゲーム「Battlefield-Auerstadt 1806」の参考文献に挙げられていた『Jena 1806: Napoleon Destroys Prussia』も見てみまして、なんか割と良さそうな気がしたのでこれも注文してしまいました(1868円で)。






 それから、クラッシュ・オブ・アームズの『La Battaile D'Auerstaedt』のヒストリカルコメンタリーを読もうとちょっと前から思ってたんですが、行間に訳語を書き込んで読むには行間が狭すぎてつらいので、「そうだ! スキャンして分割拡大して、冊子状態にしてしまおう!」と思いつき、やってみました。

 『In Design』を使うと割と簡単に割り付けもできて、楽でした。印刷も、先日コンビニで両面印刷が確実に簡単にできることを知って、家でやると失敗の可能性がある程度あって面倒なので、コンビニでやってきました。

CIMG2861.jpg


 で、読み始めてみると、分からない単語があんまりなく、すらすら読めて楽しい。以前『La Bataille des Quatre-Bras』のヒストリカルノートがえらい難しくて読めなかった苦い記憶があったんですが、そうでなくて非常に良かったです。あとなんか知らないですが、副官の仕事としてこんなのとかこんなのがあるよ、となんか親切に解説してくれてるのがなんだか面白いです(^_^;

スポンサーサイト



今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR