FC2ブログ

OCS『KOREA』キャンペーンソロ(2回目)第13ターン


 OCS『KOREA』キャンペーンソロ(2回目)第13ターン(1950年8月5日ターン)をプレイしました。

 前回、最下段で「ミスった」と書いていた件ですが、かなり大きな影響があるような気がしたので、研究プレイでもあることでもあり、川の東側に下げていたということにしてやり直すことにしました。

 今回ミスって重々思ったことなんですが、防御側は攻撃側が「イヤだなぁ」と思うような状況にして攻撃させなければならないのだなァ、と。その点、この2回目のソロプレイでもまだまだ、ここまで攻撃側にとって「イヤだなぁ」だけでない攻撃場面を許容してしまってきたので、非常に改善点があるなぁという気がしました。


 第13ターンの天候は雨(またもや!)、イニシアティブの権利は国連軍で、悩んだのですが、アメリカ軍が結構到着してきているので、防御態勢を確立する上で先攻を取った方がよりよいかと思い、表を選択。


 ↓第13ターン表終了時。

CIMG2551.jpg

 戦線は動いていません。国連軍側は主に青い○で示した防御拠点を保持すべきかと思い定めて必要な箇所を強化し、さらに予備部隊(その中にはついに最強のアメリカ海兵隊が!)を指定しました。

 北朝鮮軍は赤い○で示した箇所の2箇所に司令部を持っており、そこから支給範囲を(自動車化移動コストで7~10移動力分ほど)広げて戦線全体をカバーしているわけですが、自動車化移動コストは河川を渡る時に+5というとんでもない重い移動力を要求するので、橋の向こう側の道路ヘクスを確保しなければそれ以上戦線の奥に侵入することはできません(まあ補給ポイントも運べば別ですが)。

 国連軍の戦線は道路以外のところがガバガバに空いていますが、北朝鮮軍としては一部のユニットは渡河した上でその青い○の箇所を殴るにしても、結局そのすべてのステップを削らなければそれ以上は進撃できないわけです。青い○の箇所はすでに3ステップ以上ある状態になっており、リアクションで予備部隊が駆けつけ、航空爆撃や予備砲兵砲撃があるとなればなかなか抜けないのではないかと。また、渡河してきた北朝鮮軍部隊を国連軍側は内側から叩く……ということもあり得る?(まだまだ将来的な話ですが)

 ただし国連軍側は、韓国軍司令部が外国のユニットに補給を支給できないとか、韓国軍ユニットと外国軍ユニットがスタックしていたら韓国軍ユニットのアクションレーティングが問答無用で使用されるとかの縛りがあって、そこんところをうまくいかせるために四苦八苦しているのだったりします。やはり集団的自衛というのは大変なのですね……!



 ↓第13ターン裏終了時。

CIMG2552.jpg

 北朝鮮軍は延翼運動として青い○の箇所に部隊をまわし、将来的に赤い○の場所にいる第105戦車師団が赤い矢印のように南方を進撃できるようにできたらいいなァ……の準備段階です(^_^; 現状、一番南の戦線が一番薄いのは明らかなのですが、北朝鮮軍側もそこに部隊を割く余力がそろそろなくなってきました。

 国連軍側の戦力もある程度充実してきたので、逆襲で北朝鮮軍の補給集積所が踏まれたり、司令部が踏まれたりする可能性に対する対処をしなくてはならなくなってきたような気がします。延翼運動をやめれば良いのではとか、そこらへん悩みどころですね……。

 緑の○の箇所は(○の中の一番右の北朝鮮軍ユニットのいるヘクスに)補給が届くのに気づいたので、「攻撃するぞ~?」という演出をしてみたのですが、SPがなく、元々の国連軍ユニットのステップ数も結構あるところにリアクションでアクションレーティング4の戦車大隊ユニットが駆けつけてきたので、まあ攻撃はあり得ません。というか、北朝鮮軍側としてはしばらく南方以外では攻撃などする気もないので、接敵だけしておいて国連軍側が「観測下だから砲撃」してくれたら国連軍側のSPを浪費させられるじゃん? ということを北朝鮮軍側の思考としては考えたのですが、ソロプレイなのでバレバレです(^_^;

 OCSはスタックの下のユニットを見てはいけないのですが、ここまで1ユニットしかいないヘクスに攻撃をかけるということをソロプレイしてきた分には普通のプレイと大して変わりはなかったのが、お互いスタックしているのが普通という状況になってきたので、「これはソロプレイでない方が確かに色々不確定で面白そうだなぁ」という状況になってきました。なるべく「相手のスタックの内容は分からない体」でやってはいますが、やはり結局は分かっているわけですからね~。

スポンサーサイト
今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR