FC2ブログ

連結バルバロッサ、最終ターンまで到達

 12/27、28に、年末恒例となりつつある『激マン』シリーズの連結バルバロッサキャンペーンのプレイのため、GJ中村編集長のお宅へお邪魔してました。

 (今回のも含め、これまでの『激マン』シリーズ関係のエントリまとめはこちらをクリック


 今回は27日はドイツ軍4人、ソ連軍3人で、28日はソ連軍が一人抜けて2人でプレイしてました。私は今まで連結バルバロッサではドイツ軍側しかプレイしたことがなかったのですが、一回やってみたいということで希望してソ連軍側(対北方と中央。2日目は中央のみ)を担当させてもらいました。

 序盤はある程度手堅くプレイできていたと思うのですが、その時点からすでにして「中盤からはどう守ればいいのか分かってないぞ~?」と懸念していた通り、中盤で大きなミスを!

 ヴィテブスク方面で小包囲を喰らったのに続き、オルシャの南で7~8個ユニットが包囲を喰らってしまいます(あと地味にゴメリでもやらかしてました)。

CIMG050327.jpg

 というか、中村編集長からは何度もアドバイスをもらっていたのですが、良く飲み込めていませんで(>_<)

 大失敗の後、ようやく飲み込めてきた状態での守備↓

CIMG050328.jpg

 後半にはソ連軍は歩兵ユニットを前面にある意味広くばらまいて、(進入離脱に+2移動力のかかる)ZOCをなるべく広く隙間なく並べるべきなのだと。スタックしてもどうせ高移動力と高戦力を持つドイツ軍装甲師団群にやられてしまうので、移動力の消費をなるべく多くさせてこちらの損害をなるべく少なくさせる……ということですね。

 一方で、ドニエプル川沿いで一度守る際には、大河越しはZOCトゥZOC移動はできないのでZOCがそう重なるように配置しつつ、川のこちら側ではスタックして守る(敵は大河を移動では越えられないので、そのスタックを殴るしかない)ということで、こことの落差が激しい……一度どこかの大河沿いの線が破られたら、もうドニエプル川沿いで守るのは諦めて後半用の「広くばらまく」に移行せよという。

 ソ連軍の用兵について全然分かっていなかったのですが、今回ある程度学んだので、次回はもっとうまくできるかと……。

 全9ターンのうち、7ターン目辺りから考慮されだすソ連軍の反撃ですが、ロスラウリからスモレンスクに向かって鉄道線を切りに行くのが最も効果が高そうだということで、最初から困難は予想されたのですが敢行。

CIMG050329.jpg

 途中、ドイツ軍の自動車化歩兵師団2つを壊滅させつつ、スモレンスクまであと2ヘクスと迫りましたが、ここが限界……。


 今まで連結バルバロッサは関西で5回、関西以外で確か2回はプレイされていたと思うのですが、今回初めて最終ターンの第9ターンを終了するところまで行きました

 ドイツ軍側の技量の向上や、今回のソ連軍プレイヤーが不慣れだったこともあり、ドイツ軍はかなり順調に進撃。ただ、レニングラードとキエフに対する攻撃はとにかくひたすらサイの目が悪く、最終的にはキエフで3ヘクスのうち1ヘクスを陥落させたのみに終わりました。

CIMG050330.jpg

 上の写真で一番上の矢印はホトの第3装甲集団によるビャジマへの突進(陥落)。
 その下の赤い矢印はソ連軍によるロスラウリからスモレンスク方向への反撃(失敗)。
 その下の分岐した矢印は、グデーリアン第2装甲集団によるキエフ包囲と、ドニエプロペトロフスクへの突進。グデーリアンはその両方にかろうじて成功してドイツ軍に+10点(同時にソ連軍が-10点となる)をもたらし、総得点ドイツ軍が170点、ソ連軍が150点でドイツ軍が勝利しました。

 これまでのプレイで最も緊迫したギリギリの攻防の展開となり、中村編集長曰く「今までで一番面白かった」ということでした。私も、途中中盤どうしたら良いかまごまごした辺り以外は非常に楽しめました。今度はもっとうまくやりますよ!

 連結バルバロッサが最終ターンまで行けたという事もかなり良かったですし、過去2回とも間の夜に寝られなくて2日目をほとんど寝て暮らしていたのに対し、今回もあまり寝られなかったものの一応プレイはし続けられたのでその点でも良かったです(>_<)

スポンサーサイト



今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR