FC2ブログ

OCS『Reluctant Enemies』お試しプレイ

 ミドルアース大阪に7/20に行ってきました。今回は会場の写真を取り忘れていたので、それはなしということで(割と普段通りでした)。

 私はこかどさんとOCS『Reluctant Enemies』のお試しプレイを(もうひとかた来られる予定だったのですが、腰痛で来られなかったとのこと……私も腰痛が結構あって、難儀しております(T_T))。

 『Reluctant Enemies』はフルマップ1枚、ユニットは片方のプレイヤーが60個程度(空軍含む)同士で、1941年6~7月の中東を舞台とした、ヴィシーフランス軍vsイギリス連邦軍の戦い(エクスポーター作戦)を再現するOCSゲームです。シナリオはキャンペーン(21ターン)とミニキャンペーン(最初から9ターン目まで)の2つ。

 当初より、「(割と高難度の)OCSの中の初心者向けゲームですよ~」とアナウンスされていたのですが、実際、片方のプレイヤーが最初から最後まで通してトータルで60個程度のユニットしか指揮しないというのは、OCSゲームの中でかなり楽な部類になると思います。

 特別ルール的にも、複数ステップユニットが出てこない、複数ユニットフォーメーションに一度に燃料を入れるというルールを使用しない(選択ルールでは使用可)、燃料が各フェイズ毎に使い切りなので単純、航空ユニットの航続距離を気にする必要がない、などの点で楽になってます。

 ↓初期配置の写真です。

CIMG1155.jpg

 上半分が、レバノンとシリアにいるヴィシーフランス軍。下半分が、パレスチナとトランスヨルダンにいるイギリス連邦軍です。親独政権であるヴィシーフランスの飛行場がドイツに利用されてイギリス占領下のイラクのクーデタ計画を支援してたりで、中東からの石油の流れが止められてしまう可能性を危惧したチャーチル首相が、むりくりウェーヴェル将軍に対して「ヴィシーフランス領を占領せよ!」と命令した……ということのようです。

 このエクスポーター作戦には自由フランス軍も参加したので、ド・ゴール将軍は「(戦友たる彼らは戦わないであろうから)歩いて行けば終わる」と主張したらしいのですが、あにはからんや、ヴィシーフランス軍は頑強に抵抗したとか……。

CIMG1156b.jpg

 ちょっとターンが進んでますが、上の写真で☆印がサドンデス勝利ヘクス(左がベイルート、右がRayak航空基地)。それから白と青のサイコロの上面でもって、VPヘクスの点数を示しています。黒い線が、想定される引き分けのライン(8VP)。

 進撃路としては基本的にオレンジの矢印で示した3つのラインしかなく、分かりやすいです。が、OCSの常として色々細かいことができますし、戦力配分の問題は重要で、決断のしどころでしょう。


CIMG1157.jpg

 ↑第3ターンの裏(イギリス連邦軍)までやってみたのが上の写真です。黒線が既述の想定される引き分けライン、赤線が第3ターンまでの戦線です。

 展開的には第3ターンまでは割と戦線が進むのですが、この後が膠着状態&補給を貯めて攻勢発起……という流れになるだろうとのこと。総計21ターンあるので、急いでやって損害を出すよりは、ゆっくり目で考えるべきだと言われました(急いで攻撃して実際損害出してました(^_^;)。こかどさんは、慣れたプレイヤーならば丸一日あればキャンペーンがプレイできるのではないかと仰ってました(ユニット数が少ないので慣れてくるでしょうし、膠着状態の間は少ししか作業量ないですし、あり得るのではないかと思います)。

 あ、上の写真の黄色い○は、その左上にイギリス連邦軍の騎兵ユニットが進出できてしまっていてヴィシーフランス軍にとってやっかいなので、○のヘクスにユニットを置いておくべきだろうな……というtipsです。


 いつものように、対戦形式ではなくてこかどさんと私でイギリス連邦軍を分けて受け持ち、ヴィシーフランス軍ターンにはまた2人で考え……という風にやってました。私は海岸側を担当していたので、内陸側がどんな感じなのか良く分かってないのですが(^_^; しかしこのやり方は、ガチ勝負とかでない限りは、私は大好きなやり方ですね~。ムーブに対する理解は、だいぶましにはなってきていると思うのですが、細かく今回も色々教えていただきました。


CIMG1189.jpg

 第3ターンで終わった後、検討をしていて、レバノンに上陸作戦をするイギリス軍コマンド部隊が非常に重要で、ヴィシーフランス軍側の自由配置ユニットでいかにそれを阻止するかを研究してました。↑上の写真がその結果、「とりあえずこれがベストではなかろうか?」とされた配置です。方針としては、

・接敵せずに上陸できる場所をなるべく少なくする。
・平地に上陸できる場所をなるべく少なくする。
・上陸したコマンド部隊を、真ん中に置いた8-4-6装甲ユニットでボコ殴る。平地なら16戦力扱い!

 戦線後方で活動されると本当にやっかいなので、ヴィシーフランス軍側としてはその対策がまず必須ですね~。


 割とぽんぽんプレイして、1~2日でキャンペーンができる可能性が充分にあるので、本当にこれは、OCS入門にぴったりの作品であるなと思いました。ゲームとして見てもなかなかに面白いです。テーマがマイナーでさえなければ……(^_^; しかしまあプレイしてみて、ヒストリカルコメンタリーやデザイナーズノートも訳してみる気が沸いてきたので、それらも含めて今後もプレイ機会を見つけてやっていきたいです。

スポンサーサイト



OCS4.1aとシル少佐関連

 OCS新作の『Reluctant Enemies』には、OCS標準ルールブックとしてv4.1aのルールブックが入ってます。

 前作『The Blitzkrieg Legend』がv4.1であったので、少しバージョンアップしていることになります。統合エラッタ(エラータ)を見ていると差異点はほとんどないかのようだったのですが、MustAttackの方で統合エラータには書いてない差異点があると聞いていたので、目視によってv4.1とv4.1aの差異点を探してみました。

 すると、細かい差異点は大量にありましたが、表現の修正のみの部分がかなり多く、内容の変更(というか追加)の部分は「ある程度」という感じでした。

 とりあえず、『Den of The Gamers』OCS/v4.1とv4.1aの相違点というページを設けて、まとめておきました。

 誤訳や、目視の漏れなんかもあるのではないかと思いますので、気付かれた方は直していただければ……。



 あと、ナポレオニックの方のシル少佐の件なのですが、英語版Wikipediaで関係項目を訳したりしてみたものの、他にほとんど資料が見つけられず、もしこれで(一応の)「記事」を書いたとしたら、まさしく「コピペ」でしかないものにならざるを得ないではないか……などと葛藤しておりました。それに、1807年のシルの活躍であるとか、グナイゼナウとの確執であるとか、1809年の反乱の詳細などがさらにもっと詳しく知りたいものだという気持ちもあり……。

 で、「schill gneisenau」で検索などしてましたら、以前から見つけていた『Long Ride of Major Von Schill: A Journey Through German History and Memory』という本の中身のある程度がGoogle Booksで見られるのを発見しまして、見ていると結構よさそうかも、と。



 ただ、値段が高いのと、大部の本を買っても読めないじゃんということでかなーり躊躇したのですが、しかし思い切ってぽちってしまいました……。


 ネトゲを始めたり、スマホを新調したりで「なんか他に面白いネトゲとかAndroidゲーないかな~」と探し回ったりもしていたのですが、好みの範囲が狭いのか全然見つからずで、結局ゲームを探すよりも、調べものをやってアップしていったり、洋書を読んでいったり、やってるゲームの情報を調べたりの方向に時間を割いた方がいいような気がしまして、そのようにできればと思ったりしています。

『歴史群像アーカイブ 北アフリカ戦線』

 入手していた『歴史群像アーカイブ 北アフリカ戦線』を読了しました。




 『歴史群像アーカイブ』は、過去の『歴史群像』の記事をテーマごとにまとめたもので、実は私はこの本のメイン記事はすべて本誌の方で持っていたのですが、公式ページを見ていると書き下ろし記事があるっぽいのと、すでに本誌の方で持っているとはいえそれらをすべてまとまった状態で読めるというのは悪くないと思い、注文してみたのでした。

 書き下ろし記事(?)は、

・長距離砂漠挺進隊(1ページ)
・北アフリカ航空戦の実相(3ページ)
・砂漠戦に対応した英独両軍の補給部隊(1ページ)
・対決! 枢軸軍・連合軍主要兵器(3ページ)
・主要指揮官プロフィール(4ページ)
・各国主要師団編制(4ページ)

 とありまして、どれも興味深かったです。

 メイン記事の方は、すでに一度読んだことがあるものではありましたが、まとめて簡単に読み返すことができるのはいいですし、記事自体が非常に分かりやすくまとまっているということを再認識しました。

 詳しい本だとかえって全体像が捉えにくいということが良くありますが、『歴史群像』の記事はどれも、かなり分かりやすくまとめられていていいですねぇ。


 本誌の方は、連載でいよいよ1806年のイエナ・アウエルシュタット戦役になってきているので、もう毎号買ってます(普段は古本での購入にしているのですが)。6月号が戦役前半の動きで、8月号がイエナの戦いでした(次号がアウエルシュタットの戦い)。



 イエナ・アウエルシュタットの戦いに関しては今までにも有坂純さんの記事やチャンドラーの『ナポレオン戦争』で読んだり、あるいは洋書で途中まで訳したりしていたのですが、正直良く分かってませんでした。でもやはり、今回の『歴史群像』の連載記事は非常に分かりやすくまとまっていて、地図も多いので、頭にすっと入ってきた様な気がします。

連結バルバロッサの中央のみ、習得プレイしました

 13日になんば会に行ってきました。人数的にはこじんまりと(同日、吹田のともよ会もありまして)。

CIMG1095.jpg

 この日は、連結バルバロッサ(『激闘! マンシュタイン軍集団』に始まる『激闘!』シリーズの最新作で、北、中央、南の3部作を連結してバルバロッサ作戦全体が再現可能。北はすでに出版されてます。)に興味がある……という、最近GJ友の会に来られたSさんと共に、中央の習得プレイをしました。




 習得プレイ……というのは今適当に考えた名前ですが、要するに対戦ではなく、「ドイツ軍手番には全員でドイツ軍のムーブについて考え、ソ連軍手番には全員でソ連軍のムーブを考える」というものです(「松浦方式」とか呼ばれたりもしましたが、なんかもっと適切で良いネーミングのものないでしょうか。「全体主義プレイ」とか?(おい))。

 で、「こうではないか」とか「こっちの方がいいですかね」とかってプレイしてたのですが……。途中で「積んだ」感が濃厚に。

CIMG1093.jpg

 ↑写真は2ターン目が始まってすぐくらいだと思いますが、黒線部分2ユニットずつスタックの強力な防御ラインが……。ホトの戦線の方でも厄介な場所に敵ユニットが残り続けてます。

 事が起こった時には明確には分かってなかったのですが、ソ連軍の突出部のより西側にソ連第10軍(10A)、より東側にソ連第3軍(3A)の司令部があり、これが10A→3Aの順番で活性化されると、赤線の道路が封鎖されていなければ、ソ連軍の機械化部隊が相当数、黒線の部分に並べることができてしまう……ということが分かりました。

 ということは、ドイツ軍としては赤線の道路を素早く封鎖しておくか、あるいは10A→3Aというチットの引かれ方を阻止するなどの策を講じないとダメということなんですね。なるほど……。


 で、やり直しました。すると今度は第1ターン、2PzG、3PzGが出た後で10Aのチットが引かれ、「これはもしかしてグデーリアンチットで割り込んでキャンセルすべきなのか……!?」と色々考えてみたところ、どうも明らかにキャンセルした方がよさそう、ということでキャンセルしまして、とりあえず小包囲環を完成させ、その後……3A→SUPPLYと来て、小包囲環の中のソ連軍がすべてステップロス! 今度は割と順調に進みました(ただしミンスクで包囲環を作るのには失敗……)。

 私は今まで連結バルバロッサでプレイさせてもらったことは何回かあったんですが、こんな風にじっくりと両軍、および中央全体を見ながらやったのは初めてで、大変勉強になりました。やはり『激マン』シリーズは面白いです。ルール難易度的にもかなり簡単で、それでいて状況判断の必要性やムーブのテクニックなどが適度に重要で、非常にいいですね~。

『The Blitzkrieg Legend』南方をやり直し

 『Reluctant Enemies』の特別ルールは大体訳し終わって、いったん並べてはみたのですが、20日に試しプレイすることになっているので今自分でやってみる気はせず……。

 代わりに、気になっていた『The Blitzkrieg Legend』の南方シナリオを、今の知識でソロプレイしてみようと考えました。

CIMG1089.jpg

 以前ソロプレイしていた時は本当に何もかも手探りだったんですが、今回やってみて、ある程度以上すっきりと考えられるようになってきているように思いました。それでも、悩みどころはもちろん尽きないのですが……(^_^;


CIMG1090.jpg

 リアクションフェイズのことを考えていて、(疑似)盤外ホールドボックスにあるフランス軍航空基地の爆撃機を叩いておかないといけないことに気づきました。以前はしてなかったような……?


CIMG1091.jpg

 突破フェイズの途中まで。しかしやはり悩みまくります。鉄道線を上下2本とも確保するのは難しいのか……。上は全力で確保で、下もあわよくば……というバランスでしょうかね~。


 全然関係ないのですが、今やっている『Blade&Soul』というゲームのスクリーンショット↓です。

 風景が綺麗で、キャラが好みに作れて、モーションがかっこいいです。

CIMG1092.jpg

ミドルアース大阪に行ってきました(2014/07/06)

 ミドルアース大阪に行ってきました。

CIMG0931.jpg

 今回は前回より人数は少なかったでしょうか。それでもまあまあの人数が来て、色々なウォーゲームをやってました。

 私はまたこかどさんにOCS『TUNISIA』について色々教えてもらってました。とりあえず、マップを印刷して進撃路や防御ラインを予め読んでおくように言われまして、今まででもこかどさんはそれをやっているとは聞いてました(けど、意義が良く分かっていなかった)が、今回確かにそれは意義あることだなと思えるようになりまして、VASSALのデータから印刷して地図を読もうと思ってます。

CIMG0943.jpg

 この日は午後から岡山のちゃいさんが来られまして(初めてお会いしました)、OCSなどのことについて色々話してました。ちゃいさんは先日この『TUNISIA』を入手されたものの、ルールブックはまだ全然読めてないということだったのですが、色々聞いて「面白そうですねぇ」と仰ってくれてました。ぜひOCSの輪が広がらんことを!

 次は『Reluctant Enemies』の特別ルールの部分の翻訳がおおむね終わったので、試しプレイをしてみようと思ってます。とりあえずユニットは切断終わりました。

『TUNISIA』枢軸最大限進出!?

 『TUNISIA』キャンペーンが一度お開きに(私が枢軸側で敗北して)なりまして、2回目のキャンペーンを開始しました。

 今度は私は連合軍をやらせてもらうことになりました。

CIMG0922.jpg

 連合軍の移動フェイズなんですが、イギリス第6機甲師団に1SPで燃料を入れて動かした後、残っている2つの砲兵ユニットに対して「これにも燃料入れて動かさないとダメなんだよな……」と呟きました(「でもイヤだなぁ」と思っていた)ら、ワニミさんに「本当に今それらに2T入れて動かすことが必要かどうか考えた方がいいですよ。次のターンには司令部が来て補給効率が良くなるし、歩いて行っても3ターン目くらいには到着するし。必要でないものに補給使ってたら、補給が足りなくなりますから」と言われまして、「なるほど……」と。

 呟いた時点で思っていたのが、BoardGameGeekにある『TUNISIA』のリプレイ記事で、確か連合軍は第1ターンに1SPしか使用してなかったことで、それを言いましたらワニミさんが「そのリプレイのプレイヤーは私と同じ考えですね」と。

 今まででももちろん、燃料を入れる入れないは考えてたんですが、今回のこれはちょっと手拍子で入れちゃう傾向が強そうなやつだったので、こういうのを聞けたのは良かったです。


 で、連合軍プレイヤーターンを(色々ドキドキしながら)終えまして、ワニミさんの枢軸軍プレイヤーターンになりましたら、事前に予告もされ、予想もしていたんですが、大突破されまくりまして、もう清々しいくらいにバキッ!!☆/(x_x)

CIMG0923.jpg

 緑の○が進んだ先で孤立させられてしまった連合軍部隊スタック。黒い線が枢軸軍が進出した線です。

 第2ターンの連合軍プレイヤーターン、一応なんとかすべく考えてみまして、カチャカチャカチャカチャカチャ……ぴーん!

CIMG0924.jpg

 「いける……いけるような気がしますよ~」と、まず最初に必要な開削地点であるところ(緑色矢印)にオーバーランをかけましたら、サイの目が奇襲チェックが2、シフトが5、戦闘解決が6……! AL1o1 Do1……! 大失敗……

 「い、いや、後詰めもあるんで大丈夫ですよ……(震え声)」と、届くと思っていた増援で出てきたアメリカ軍第1機甲師団の移動力をちゃんと数えてみると……あれ………………ど、どう数えても、ほんの少し足りない……(T_T)

 1つ目のオーバーランに関しても、結構サイの目がよくないとダメだったとか、2回に分けてやった方が確率的には良さそうだったとかありまして、計算はしてるにはしてたんですが、しかし計算が「甘い」な、と。

 結局開削はまったく目がなくなったので、前線部隊を下げる(黄色の矢印。おおかたは救える)か……という感になったのではありますが、しかしワニミさんに言われたこととして、「ビゼルタとチュニスを取れば連合の勝ちなので、それを狙ってはどうか」と。前線にあるSPでは移動と戦闘の回数が足りないと思っていたのですが、内部備蓄を使えば2回戦闘できるじゃないかと。

CIMG0925.jpg

 内部備蓄は割と意識外にあったのですが、伺って「アリかも」とは思いました。今回は時間がなくてここで終了したのですが、考えてみようと思ってます。


 またぞろ恐ろしくヘタレでボロボロになっているのですが、守備隊、予備部隊、計算、状況判断の重要性など、「頭では分かっている(つもりな)のですが、いざ実際の運用になると全然できてない」という感がものすごくあります。

 先月始めたネットゲームのBlade&Soul(5年前からやりたかったタイトルなのです!)でも、色々試行錯誤している中で「こうしたらよいようだ」と分析できていても、実際にそれを徹底ができない、その結果ボス戦でダウンしまくる(ダウンの回数は減ってきている)……という感じで、「頭で分かってきたことを身体に叩き込む」という過程が非常に必要だな……と痛感しているところであります。

 OCSにしてもネトゲにしても、「何も考えなくても手が動く」というところまで、失敗しながらも繰り返して繰り返していこうと思ってます。
今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR