FC2ブログ

ミドルアース大阪で『TUNISIA』インスト

 ミドルアース大阪へ行ってきました。

CIMG0904.jpg

 この日は数えてみると20人ほどの人が来てました。最近来始めた方がすでに常連さんになっている感がありますし、新たにちょっと見に来られたという方もいました。

 ミドルアース大阪では、会員がアイテム(自分がやりたいやつなので、興味持って欲しいという様な意味でも)を開陳して……ということをやっているのですが、色々出されてました。

CIMG0905.jpg

 一番手前がOCSの新作、『Reluctant Enemies』です。

CIMG0906.jpg

 こかどさんから受け取る予定ではあったのですが、ようやく受け取れました。

 で、この日は『GB2』や『Reluctant Enemies』に興味があるという新人さんのケイさんという方に、『TUNISIA』のカセリーヌ峠シナリオをインストプレイしました。ケイさんはルールは少し見ただけということであったので、基本的なことから説明していきました。こかどさんや鉄人デグさんも途中から入って下さいました。

CIMG0909.jpg

 ↑第1ターンの第1プレイヤーである枢軸軍ターンの終了時。かなり一掃できてまして、びっくりしました。

 連合軍ターンになって、ファイド峠に残っている連合軍部隊をどう動かすかを話し合っていたのですが、色々意見が出ました。

1.見捨てる。
2.燃料を供給して脱出させる。
3.燃料を供給して枢軸軍後方へのいやがらせに使う。

 1と2でも程度の問題がありまして、歩兵を犠牲にして装甲・機械化、それに砲兵ももちろん救うというのから、砲兵(1ユニットの砲兵力が6とかの)は見捨てるのとか。

 で、3に関しては私にはどうにも有望そうに見えたのですが、こかどさんらは「ない」と仰っていて、というのは「シナリオ上ではありに見えるかもしれないが、キャンペーンにおいては相手の行動を少し遅らせることになっても、自分がユニットを失うことになって、長い目で見ると損をすることになる。なのにシナリオでそういう癖を付けるのはよくない」とのことで、ある程度納得しました。

 ただまあ、そういう行動が「常に、絶対にない」わけではなくてある程度有効だったり、あるいは必要だったりする時もあるのでしょうし、また防御側にしても「ない」と思っていて側面がら空きとか、そういうのはおかしいでしょうけども、「キャンペーンの視点で」というのは有効であるように思いました。

 今回は連合軍の防御の研究や、その後の枢軸軍の突破の研究もできて、その点でも非常に面白かったです。


 ケイさんや鉄人デグさん(それから今回来られていたパルヴァティさん)とも今後もできればOCSが出来ればということで色々話してまして、私は今後『Enemy at the Gates』に手を付けてみようと思うので、尼崎の自宅で出しっぱなしでできますよ、ということと、あとケイさんに『Baltic Gap』をお貸しするということになりました。

 あと、最近得た知見でもって『The Blitzkrieg Legend』の再度のプレイもしたいとも思うのですが、ここんとこ、ネトゲの『Blade&Soul』というヤツにもハマってまして……しかもそれで右手が腱鞘炎になりそうな……(^_^;
スポンサーサイト
今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR