FC2ブログ

『The Hussar General』に黒公爵の記述他

 フト思いついて、『The Hussar General』の自分で訳した全訳冊子を読み始めました(以前冊子作って数ページ読んだだけで放置してました(^_^;)。

 そしたら、1793年のフランス革命戦役で、22歳の後の黒公爵(ブラウンシュヴァイク公)が小さなプロイセン軍団指揮官として、53歳?のブリュッヒャー大佐の所属する部隊(Black Hussars連隊)を指揮下に収め、ブリュッヒャーと直接やりとりするシーンが出てきました(ブリュッヒャー自身は大隊長)。

 (もちろん、訳している時に読んでいるハズなのですが、全く覚えていませんでした(^_^;)

 内容としては、ブリュッヒャーはRoermonde(ルールモント? オランダの一番南のあたり)の偵察を命じられ、その結果「プロイセン軍の動きが早ければルールモントのフランス軍に攻撃をかけられるだろうに、フランス軍はこの夜のうちにルールモントを去ってしまうでしょう」と報告。ところが後の黒公爵はこの見方を拒否。「私は完全な防御を期待する」と答えた。

 しかしいつも性急なブリュッヒャーは将校一人をルールモントに偵察に送った上で手持ちの部隊を率いて出発したが、その途中で偵察に送った将校が戻ってきて「敵はすでにルールモントから撤退してしまった」と報告。ブリュッヒャーはすぐさまこれを後の黒公爵に伝えたが、後の黒公爵は直接ブリュッヒャーのところにやってきて、「その将校の報告は信じられない」とブリュッヒャーに言ったとか。で、ブリュッヒャーはあきれ果てて、馬首をめぐらせてルールモントへ向かった……と。

 これは明らかに、後の黒公爵にとってマイナスの逸話でありましょう。尤も、ブリュッヒャーの伝記本に載っている話なので、ブリュッヒャーを称揚するために偏向がある可能性もあります……。

 この1790年代前半の黒公爵の動きについて、今まで集めた資料で触れているのは『A Full and Circumstantial Account of the Memorable Battle of Waterloo』くらいしかないのですが、この資料によれば以下の通りです。

 公子殿下はその職業の義務に最大の熱心さと精励さをもって専心し、急速に昇進した。そして彼は19歳の若さでthe grand order of the Black Eagleを授与された。1792年に始まったフランスとの戦争に、公子はプロイセン軍と同行した。彼は経験を積んだ。そしてその軍事的才能と大胆さを彼は徐々に発展させ、あらゆる機会に群を抜いて見せつけた。時折、実際に、彼の銃剣の若いエネルギーのセンスは個人的な恐怖というすべての概念を払いのけ、分別の垣根を越えて彼を駆り立てたのであった。1792年11月27日に、彼はWurbel近くのEtchの村の中で散兵として彼の人生の中で最も切迫した危険に会った。彼はそこで2つの傷を受け、彼がそれらの影響から回復するまでそれは重大な時間であった。



 で、1793年と1794年に関しては手持ちの資料には他にまったく載っておりません。こうして見ると、『A Full and Circumstantial Account of the Memorable Battle of Waterloo』が非常に褒めている一方で、『The Hussar General』の1793年の後の黒公爵は間抜けな感じで、「やはり、褒める意図で書かれているのか、そうでないかで全然違うような……」という気がすごくします。


 あと、『The Hussar General』の最初の辺りに、騎兵のサーベルによって人間がどう斬られてしまうのかの詳しい描写がありました。

 グロ注意です!

 この重いサーベルは一撃で手足を切断し頭を割る事が出来、これらの短い行動の後、切断された人や馬を踏みにじるぞっとするような光景が見られるのだった。彼の馬にまだ両足を広げている男はその顔に斜めの一撃を受けており、彼の口はあごがぽっかり割れて彼の胸に落ちてしまうほどに深い傷を負っている。頭のない死体が手綱を握ったまま鞍の上に直立状態で座っている。その腕のないユサール兵は、依然として膝でグリップしているのだ。これらの様な事があまりにも当たり前で日常的な事となってしまった……


スポンサーサイト
今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR