FC2ブログ

『Hube's Pocket』初プレイ

 4/29の難波会に行ってきました。

 『コンフリクト・オブ・ヒーローズ』と『ドイツ装甲師団長2』が立ち上がってました。両方ともかなり長時間やっていたみたいです。

13043002

13043003


 私はBOWさん、パウルKさんと共に『Hube's Pocket』を。しかし三者ともにOCSをまともに並べてやること自体初めてなので、五里霧中でした。

13043001

 シナリオ1(キャンペーンの最初:ソ連軍がコルスンポケットを作ろうとする直前から)の初期配置の様子です。といっても、範囲内自由配置なのをわけもわからずやっているので、色々ツッコミどころがあるかと思います(ツッコミ大歓迎です!)。

 シナリオ1を4ターンで終了するモードでやった場合の勝利得点都市4つににオハジキが置かれています。ソ連軍はこのうち3つを取らなければ勝利できません。良く分からないながら、推測の進撃路を矢印で示してみました。

 私はソ連軍全部を担当したのですが、まあとにかく何も分からないながらに考えていたのは、

1.複数ユニット部隊の様な打撃部隊は、平地沿いに進撃しないとダメだよね!
(平地ならば攻撃力が1.5倍~2倍にもなるのですから!)
2.とりあえずコルスンポケットを作らなければならないらしい……。

 くらい。後はもう、テキトーです。

 ドイツ軍戦線中央には数ヘクスの間隙があいており(初期配置ではどうやっても塞げない)、中央のウマーニにも何もいなかったのでとりあえず装甲軍団を前進させて占領します。あとは……良く分からないのでとりあえず、複数ユニット部隊でテキトーにオーバーランを。

 しかしこれが、西部地域ではまあまあ成功したのですが、東部地域では失敗しまくる! 西部はアクションレーティングがソ連軍もまあまあ高かったのですが、東部では3程度しかなく、5あるような独立部隊をそれらに配属もせずにいたので(配属すべきですね~)、アクションレーティングが1負ける様な事態が頻発。それで2d6すると、7で防御側奇襲になるんですよ。そうすっと、半分以上の確率で防御側奇襲になるということですわ~。

 オーバーランは攻撃側にとっても奇襲しやすいですけど、防御側奇襲も起こりやすいので、アクションレーティングで負けている側がオーバーランをしようとしてもうまくいかないという事が良く分かりました。


 基本的にテキトーなこともあって、ほとんど大して進撃できない不安な立ち上がり。そこでドイツ軍プレイヤーターンに入ると、猛烈な反撃が始まります。ドイツ軍戦線を食い破っていた我がソ連軍部隊がどんどん撃破されていくぅ~!!

 ただ、補給を使いまくってこのターンの終わりにはほとんど補給がなかったと聞きましたので、ちゃんとしたプレイならばそこまで反撃されるものでもないのかもしれません(でも練習なので全然OK!)。ただ、「やろうと思えば(補給を消費しまくれば)なんでもできる。なんでもされまくる」というのは良く分かりました(^_^;) っていうかですね、補給部隊が踏まれまくったんですよ。全然配慮し忘れていたり、ある程度配慮していたりはしても(こっちが強力な部隊を突破に使って弱くなった上に)強引に突き破って来られたりとかで。

 打撃部隊の先端をどうすれば良いのか……という辺りについてはまだ全然分からないでいるのですが、とりあえず攻勢発起点ちょい先の司令部+補給を置く辺りというのは重々守っておかねばならない、という事が分かりました。

 あと、ソ連軍は大量に歩兵がいるのですが、今回私は分遣連隊を何も使わずに平穏な地域にも完全戦力でべたーっと並べたのですが、どうもやはり分遣連隊を出しまくって、最低限で守れるところはそれで守って、残りは攻勢点に投入していかなければならないということが分かりました。そうでないと攻勢発起点あたりとか、先端あたりの歩兵が全然足りませんでした。

 司令部の位置は今回ある程度適当に置いて、それでたまたまうまくいっていたのですが、本来よほど計画的にやっておかねばならないだろうと思います(司令部は移動開始前か、移動終了後のどちらかでしか補給を与えられないというルールもありますし)。

 ソ連軍には合計火力153(だったか)というようなとてつもない砲兵師団がいて、そのあまりの強力さに一度その全力でぶっぱなしてみた(10Tを消費)のですが、結果は「DG」のみ(^_^;) 『The Blitzkrieg Legend』でも思っていたことではありましたが、やはり砲爆撃による追加ダメージなどは期待すべきものではなく、とにかく「DG(混乱)」のみを狙うべきなのだという事が良く分かりました。


 といっても私はまだまだ全然分からないことだらけで、五里霧中には変わりないのですが、BOWさんは結構大体分かってきたとのこと。聞いてますとBOWさんはこれまでに300タイトルほどはウォーゲームをプレイしているそうで、その経験値で分かるのだろうとのこと……なるほどぉ……。私はゲーマーとは名ばかりの、ゲーム周辺で何かをしてばかりでゲームをほとんどしないゲーマーなので、そこらへんの差になってくる? 私は周辺の人達がどんどん違うタイトルのゲームをプレイしたり、すぐにゲームを習得してしまうのを見て「すげぇ……あり得ない……自分は頭が悪いのだろうなぁ……」と思っていたのですが、そこまで悲観したものでもない?(^_^;)

 しかし経験値が低いことにはなんの変わりもなく、同じミスを何度もしてしまいますし(まじ)、そういう意味でも頭が悪い可能性もかなりあるので、ともかくも楽しみながら努力していきたいと思います。


 初『Hube's Pocket』は、大変は大変だったのですが、それぞれに楽しめましたし、色々収穫もあり、非常に良かったです。ドイツ軍マニアのパウルKさんは「ユニットのデザインやレーティングも好みだし、これいいですね!」と大はしゃぎされてました。

 私としても、OCSはその不確定性ゆえにかなり好みそうな予感がしてます(『激マン』とかのチットシステムが結構好きなのもそれかと)し、プレイアビリティの問題についても自分の中でだいぶ整理されてきました(体感で4割くらい?)。確かにOCSのルールは、基本部分は非常にすっきり簡単で、運用も大して複雑でないという気がします。ただ、部隊をどういう風に使っていくべきなのか……という辺りがまだ全然理解できてないわけですけども(^_^;)


 連休中はあと3度くらい、BOWさん、パウルKさんとプレイ可能かもしれません。とりあえず次は『BARBAROSSA:Army Group Center』の北方軍集団か、ミンスクか……? という感じですが、『The Blitzkrieg Legend』のユニットも早くカットして、できればプレイ可能な状態に持っていきたいと思ってます。

 聞いてますと、BOWさんがお持ちのOCSは『Hube's Pocket』、『Tunisia』、『Sicily』などで、私は『DAK2』、『Baltic Gap』、『The Blitzkrieg Legend』ですから、まったくかぶってません(素晴らしい!)。これらはすべて興味のあるところではありますから、どんどん慣れていってプレイしてみたいです(夢は『DAK2』の置きっぱなしリアル3年プレイとかバキッ!!☆/(x_x))。

スポンサーサイト



今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR