FC2ブログ

『西方電撃戦』の写真をグーグルストリートビューで探してみました

 3/12のエントリー『英辞郎第7版』『西方電撃戦』発売!で書いてました『西方電撃戦』を買ってきました。



 梅田茶屋町の「売り場面積日本一」のジュンク堂で買ったんですが、ミリタリー本コーナーであっても新刊は通常表紙が見える様にして数冊置かれているものなのですが、この本は棚の一番下に、同種本の『パンツァーズ・イン・ノルマンディー』の横に一冊だけ背表紙が見える様にして置かれてました。そもそも冊数入ってなくて、それほど売れる本ではないという判断なのでしょうね……(T-T)

 中身的には、同じジャン・ポール・パリュ氏の『バルジの戦い』をご存じの方なら想像がつくように、膨大な戦場写真と、その半分くらいには現在の同地点の写真、それに割と淡々とした記述が続きます。




 ただ、フランス電撃戦の写真集は↓くらいしかなく、そもそもあっという間に終わってしまった戦争であった為に元々写真が少ない(と『西方電撃戦』に書いてありました)ので、非常に貴重。少し見ただけの印象ですが、死体の映っている写真(グロくはない)がいくらかあったり、撃破された戦車数台の名前と撃破箇所とかが数枚の写真と共に詳しく載っていたり、捕虜の様子とか、色々な写真があります。



 地図はそれほどないのですが、本文部分の文字はかなり多いですし、西方電撃戦の詳細を知る上でも貴重かと。戦車兵の手記からの引用なんかも結構ありますし、時々ある局地の戦いを詳しく地図付きで何ページにも扱っていたりします。何しろページ数も多いので、すぐに読める量では全然ありません。舐める様にじっくり味わいたいと思います。

 値段が高いのは、「売れない本」だから値段を高くせざるを得ないという面があると思うのですが、せめて初版は売り切れるくらいのところまではいってほしいです(第2版が出ないと困るけど)。


 売れてくれる為にも内容を紹介したいのですが、どれくらいやっていいのか……。目次とか、大丈夫でしょうか。

13032904


 第2章で、オランダ・ベルギーの戦いも扱われてます。『The Blitzkrieg Legend』でそこらへんの戦いをやってみたい気が高まってます。

 第3章が恐らくメインの部分で、自作フランス戦ゲームでも扱いたい部分ですが、ここが200ページくらいあり、やはりこの本のメインと言えるでしょう。ダンケルク撤退後も150ページくらい。


 それと、この本を見てやってみたかったのが、戦場写真、現在の写真(と言っても、撮られたのは1980年代から1990年代?)とあるのを、グーグルストリートビューで探してみること。地名が無茶苦茶詳しく書かれているわけではないのでそれほど簡単ではないと思うのですが、なるべく簡単そうなものを探してやってみました。


13032905

 ↑同書P256にある、ロンメルの第7装甲師団によって通過される前のボーモンの町の様子です。

 で、写真のキャプションからボーモンの通りを探し、グーグルストリートビューで探していきます……ありました! 多分合ってるでしょう。それほど苦労しなかったです(わかりやすめのものだからですが)。

13032902

 同書の写真とは結構変わってますね……建物の形は全く違わないのですけども、看板とか標識とか、歩道の幅とかが全然違います。あと、この位置関係だとフランス軍戦車が西を向いていることに……?


 ↓ボーモンの位置。第7装甲師団はディナンでミューズ川を渡河し、フィリップヴィルを通過してボーモンを経由、フランス国境を越えました。

13032903


スポンサーサイト



今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR