FC2ブログ

ワーテルロー関連本

 『ナポレオンの元帥たち』を訳されたsheherazadeさんにコメントを頂きまして、それをきっかけに『ナポレオンの元帥たち』の電子書籍版のページと、「大陸軍 その虚像と実像」さんのページにリンクを貼らせていただこうと思い立ちました。



 『ナポレオンの元帥たち』は、書名の通りにナポレオンの26人の元帥たちの描写をメインとした書物で、海外のナポレオニックファンの間では必読書となっているものをsheherazadeさんが訳されたものです。全編にわたっていきいきした描写で非常に面白いのですが、特にオススメなのはロシア遠征から退却する中のネイの獅子奮迅の活躍です。この本のその描写を読めば、「……確かにこのネイはすごい」と思わざるを得ない事間違いなしです。

 sheherazadeさんが自費出版されたのですが、部数はリスクもあって少なく、Amazonでは非常なプレミアが付いてしまってますが、電子書籍版もsheherazadeさんは出されてますので、新たに買う方はこちらを買われるのが良いと思います。

http://www.digbook.jp/product_info.php/products_id/10056



 また、「大陸軍 その虚像と実像」サイトを運営しておられるR/Dさんにもメールを差し上げまして、リンクさせていただいた報告をさせていただきました。その返信でいただいたのは、「キャトル・ブラという表記は、タクティクスの「大陸軍の光と影」でそう書いてあったからで、カトル・ブラの方が現地発音にはもしかしたら近いかも」と。なるほど。そしたら、カトル・ブラというのもありですねぇ……。

 それから教えていただいたのは、英語文献で、19世紀から20世紀初頭にかけての本も良いものがある(あるいはむしろこっちの方がいい?)ということで、

Houssaye『1815 Waterloo』(1900)

Siborne『History of the war in France and Belgium, in 1815, containing munute details of the battles of Quatre-Bras, Ligny, Wavre, and Waterloo』(1848)

を教えていただきました(クリックすると、PDFファイルなどがダウンロードできるページに飛びます)。

 私はとりあえず、PDFをダウンロードさせてもらって、あとEPUBというやつもダウンロードしてみました。

 EPUBは良く分かりませんが電子書籍フォーマットだと思われ、例えば

http://builder.japan.zdnet.com/off-topic/sp_epub2010/35002249/


にビューアへのリンク一覧などがありました。その中で私はとりあえず「Adobe Digital Editions」というやつをインストールしてみました(登録が必要になりますが……)。軽くていいですし、OCRされたテキストファイル状態なのも良いのですが、読み取りミスはチェックされてないようで、例えば「Blücher」は「Bliicher」になってる感じですし、「minute」が「munute」になってたりとか、信用度は下がる感じですね~。


 あと、「ブログに載っていた読む価値のあるWaterloo本ですが、20世紀後半に出版された英語文献の中で上げればそんなもんでしょう」とも。おおお。良かったです(*^_^*)

 一応ブログを見られる方の利便性のために再度並べておきますね。




 この中では、『The Battle』の英文が一番難しい様な気がします、多分……。使ってる単語が難しいからとか? ただし、普通に読んでて一番面白い様な気も。ワーテルローだけに特化すればやはり一番まとまってて、面白く興味深い部分を取り出している感が。

 『Waterloo Companion』は超絶詳しいですが、同じ内容が何度も出てくる感も(さすがに(^_^;))ある様な。図や絵の類はものすごいですし、文も、コラムとかも含めてかなり面白いですけどね~。

 Hofschröer氏の本はまだ少し読み始めたばかりですが、『Waterloo 1815 : Quatre Bras & Ligny』もそうでしたけど、英文がなんか読みやすい様な気がします。ただ、それほど面白いわけではない事に関してもむやみやたらと詳しい……という事もあるかも?



スポンサーサイト
今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR