FC2ブログ

第二次欧州大戦の陸空兵器を美少女化したアプリゲームが2019年内配信

 『アッシュアームズ』というアプリゲームだそうで、数日前にネットニュースで知りました。

戦車や戦闘機を美少女に擬人化。スマホ向け新作アプリ「アッシュアームズ‐灰燼戦線‐」が2019年内にリリース
アッシュアームズ‐灰燼戦線‐【公式】 (@AshArms_staff) | Twitter


 出ている情報の中にはコルセアもありましたが、主にヨーロッパ戦線の兵器が出てくる? とすれば、第二次欧州大戦に最も興味のある私としてはだいぶ良さそうな気がします。

 こういうものとしては、『艦これ』人気に火が付いた頃には少しやってみて楽しかったのですが、ある時ぱったりやめてしまってその後再開せず……。その後、イラストのクオリティ的に綺麗で気になった作品がいくつかありましたが、『アズール・レーン』は全然知らない海外の艦船がびしばし出てくるので思い入れができず(日独の艦船ならばある程度分かるのですが)、『ドールズ・フロントライン』も第二次世界大戦以外の銃器に思い入れも知識もないので、両者とも「思い入れと知識のあるキャラだけ目当て」でプレイする気力は湧きませんでした。

 が、今回の『アッシュアームズ』ならばほとんどが知っている兵器になりそうで、知らないものが出てきても調べる興味が湧きそうですし、絵的にも結構綺麗かと思いました。

 同じ顔のユニットが多数並ぶのは現状では違和感がありますが、慣れれば大丈夫……? とりあえず砲座に座るアハトアハトのモーションが可愛かったです(*^_^*)



 ただ、『ドールズ・フロントライン』はアプリはプレイしないにしても、フィギュアの方で何か好みのようなものが出てこないか若干期待してます。というのは、「第二次欧州大戦の銃器+その時代の軍服+美少女フィギュア」というセットが私にとってかなり萌えられるものだということが分かってきましたので(^_^;

 参考:ドイツ軍のMG34機関銃やMG42機関銃のためにフィギュアを買う……ということにするバキッ!!☆/(x_x) (2018/08/30)
    フィギュアでWW2の1/8スケール銃器6種を入手+1/6のMG42 (2018/09/18)



 しかし現状では、↓くらい……? あざとすぎ?&その銃知らないので思い入れ度低いですが。





 むしろ、全然知らない作品ですが『Re:CREATORS(レクリエイターズ)』というアニメに出てくるというアルタイルというキャラのこのフィギュアが持っている、ソ連軍のPPShに惹かれます。




 もっと値段が下がってきたら買いたいかも……。

スポンサーサイト

フィギュアでWW2の1/8スケール銃器6種を入手+1/6のMG42

 先日、第二次世界大戦の銃器を持ったキャラクターの中古フィギュアを買った話を書いてました(→ドイツ軍のMG34機関銃やMG42機関銃のためにフィギュアを買う……ということにするバキッ!!☆/(x_x) (2018/08/30))が、その後たまたま以前インストールだけしていたメルカリアプリを開いてみたところ、「1000円引きクーポン」が利用できるということが分かり、「えっ。それなら……」と同様の中古フィギュアを探してみて、1体ほど相場よりも少し安く手に入れることができました。

 で、その後もまた「1000円引きクーポン」が来たりで、うんうん悩んで、Amazonなども利用して最終的にそのフィギュアの種類でもって揃えられるほぼすべてのヨーロッパの銃器の種類をフィギュアを入手して揃えてしまいました(^_^;(フリーガーハマーというのもあったのですが、これは実戦ではほぼ使われなかったらしいので、まあいいかな、とパスしました)


 最終的に揃えた銃器の種類は以下のようになります。

ドイツ軍のMG34
……アルター ハンナ・ユスティーナ・マルセイユ レビュー : 複合材な日々

ドイツ軍のMG42
……[フィギュア撮影レビュー] アルター ストライクウィッチーズ2 ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ

イギリス軍のボーイズ対戦車ライフル
……アルター リネット・ビショップ レビュー : 複合材な日々

イギリス軍のブレン軽機関銃MKⅠ
……アルター ペリーヌ・クロステルマン レビュー : 複合材な日々

アメリカ軍のBAR
……[フィギュア撮影レビュー] アルター ストライクウィッチーズ シャーロット・E・イェーガー

アメリカ軍のM1919A6
……アルター フランチェスカ・ルッキーニ レビュー : 複合材な日々


 これらのフィギュアが店頭で(定価で)売られ始めた頃にも私は手に取ってじーっと見てはいたんですが、単純に顔だけを見て「アニメの顔とちょっと違うよね」と思って「買うのはないなぁ」と思っていました。

 しかし今になって分かってきたのが、このストライクウィッチーズのフィギュアを作っていた会社の中でもアルターという会社のものは、それぞれのキャラが持っている武器の精巧さ、かっこよさ、汚しの素晴らしさ、それに戦闘機(ストライカーユニット)部分の塗りがしっとり落ち着いていて第二次世界大戦らしさを感じられること、マークの緻密さ、回転しているプロペラも非常にいい感じだし、こだわりがすごくて、それらを見ているだけでも癒やされます(^_^;

 もちろんフィギュア本体も良く良く知ってみれば、衣服や肌などもすごいと思いました。

 他にいくらかあるストライクウィッチーズのフィギュアを作っていた会社のものと比べて、アルターのものは私の個人的な嗜好に非常に合うのだなぁということが分かってきた次第です。アルターのストライクウィッチーズのフィギュアは他にも数種類あるのですが、しかし銃器の種類的にかぶる(あるいは日本の銃器になる)ので、とりあえずこれ以上はいいかな……と思っています。



 あと、メルカリの「1000円引きクーポン」は、最終的に1/6のMG42を見つけてそれを購入してみました。ストライクウィッチーズのMG42は史実にはなかったサドルマガジンが付いているので、それなしのものが欲しいというのがありましたので。


unit00322.jpg

 右端の見切れてしまっているのは、予備銃身でした。その左が予備銃身のキャリングケースのようです(ぴったり入ります)。

 本体や銃弾はプラスチック製なのですが、予備銃身は金属製であるように感じます。排莢された後の空薬莢も金属製っぽいです。あと、ベルトは革製?




unit00323.jpg

 MG42はWikipediaによると「銃身はMG34のものより軽く摩耗も早かったが、銃身カバー右後端のハッチを開くだけで簡単に銃身を抜くことができ、数秒で交換することができた。戦闘時には脇に予備銃身をおき、時々交換して冷却しながら使用した。」なのですが、それが再現できるようになっていました! すげぇ。元々中に入っていた銃身はプラスチック製っぽく、それを抜いて、金属製っぽい予備銃身ももちろん本体に収めることができました。




unit00324.jpg

 サドルマガジンを付けてみたところ。



 自分は1/144の戦車や戦闘機、それにこれらフィギュアの銃器や軍服や、あるいはウォーゲームのユニット(特にOCS)とかにかっこよさを感じて(なぜか)癒やされるのだと思います。せっかく手に入れたものなので、折に触れて眺めて癒やされようと思っております(^_^;


ドイツ軍のMG34機関銃やMG42機関銃のためにフィギュアを買う……ということにするバキッ!!☆/(x_x)

 先日、とあるフィギュアでMG34機関銃を持っているものを中古で買いました。「フィギュア全体はいらないから、MG34だけ売ってないかな……」と冗談交じりで考えていたのですが、元の値段が9,000円くらいのものが2,500円で売っていたので、実物や写真をうんうん見て「まあ、買っていいだろう」と考えて購入。



 1/8らしいのですが、結構いい質感のような気がして、惚れ惚れしてます。

unit00303.jpg

unit00304.jpg




 実はちょっと前にはMG42を持ったフィギュアも中古で購入していて、こちらの質感も気に入ってました。

unit00305.jpg


 ただ、このMG42のサドルマガジン(銃弾が入っている部分)は史実のMG42ににはないものらしく、しかしフィギュアの元キャラが空で使うためにサドルマガジンなしというわけにはいかず、他で使われていたDT15というサドルマガジンを引っぱってきたものらしいです(MG34用に使われていた? →MG34 汎用機関銃 (サドル・マガジン、付属品、木箱付、#3743)。


 ↓参考
MG42ウィッチ仕様



 私はミリタリーファンとしては師団~特別な大隊(まれに中隊)規模あたりの話が好きだと思われ、戦車や飛行機もカワイイ&塗らなくてもいい1/144スケールでは集めるもののそれ以上の大きさのものは滅多に買わず、火器の類もそれほど大好きというほどではない&買うとしたら高すぎるので自重しています(ただし1777年式マスケット銃のレプリカを昔買ったり、知り合いに餞別でKar98のエアガンをもらって喜んで排莢ギミックを繰り返し、壊れてしまったので今は飾ってあります)。

 ただ、ここ数年こういう第二次世界大戦の火器を持ったフィギュアが中古で割と安めに手に入るようになってきたので、フィギュア自体や火器の出来が個人的に気に入って、値段がある程度安ければ、買うようになってきていました。




 ↓今回のMG34とMG42を持っていた元フィギュア。

unit00306.jpg

 どちらも1/8スケールでアニメ「ストライクウィッチーズ」のキャラです。

 右がコトブキヤという会社のミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ(イメージキャラはヴォルフ=ディートリッヒ・ヴィルケ:第3戦闘航空団司令官としてスターリングラード戦などで活躍した。撃墜数162機)。

 左がアルターという会社のハンナ・ユスティーナ・マルセイユ(イメージキャラはハンス・ヨアヒム・マルセイユ:「アフリカの星」と呼ばれたアフリカ戦線のエース。撃墜数158機)


 これらのフィギュアは2010年前後に発売されていたものだと思うんですが、当時は9,000円くらいしていて、私の中での欲しさと値段が釣り合っていませんでした。が、最近大阪日本橋にフィギュアを中古で扱う大きな店が3つぐらいできていたりして、まあまだまだ高値で売っている(元値が10,000円を超えるようなやつとか、人気のあるもの?)ものもいっぱいあるんですが、一部には2,000円代になってくるものがあり、上の2つは両方とも2,500円だったと思います(Amazonやメルカリなどでも2,000円代で買えるようです)。

 今回のマルセイユのフィギュアは、元々それほど欲しいとは思っていなかったものなんですが(アニメのキャラに思い入れがないので。史実のマルセイユにはむっちゃ思い入れがありますが)、買ってみて、見れば見るほど、知れば知るほど、素晴らしい出来であるような気がして気に入っています。探してみたら、絶賛するレビューがいくつもありました。ミーナさんのフィギュアのレビューもいくつか。

アルター ハンナ・ユスティーナ・マルセイユ レビュー : 複合材な日々
フィギュア撮影 アルター ハンナ・ユスティーナ・マルセイユ
玩具不十分 : アルター ハンナ・ユスティーナ・マルセイユ レビュー
アルター ストライクウィッチーズ2 ハンナ・ユスティーナ・マルセイユ
[フィギュア撮影レビュー] アルター ストライクウィッチーズ2 ハンナ・ユスティーナ・マルセイユ

ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ(コトブキヤ) フィギュアレビュー
【フィギュアレビュー】コトブキヤ「ストライクウィッチーズ ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ」レビュー

 レビューのブログ記事の写真がどれもキレイすぎて、私が写真を撮るのがおこがましくてたまりません(^_^;









 実はこれらの1/8スケールのものを中古で買い始める前の一時期には、セガのストライクウィッチーズのプライズフィギュア(1/10くらい?)に注目して、気に入ったものは買っていました。新品でも1,000円代で買えることが多く、まあまあの出来だったので。

 もちろん火器を持っていて、MG34やMG42もありましたし、他にBARボーイズ対戦車ライフルを持っているキャラがおり、そこらへん気に入ってました。

 参考に私が持っているもののみ、Amazonのリンクを並べておきます。






 「ストライクウィッチーズ」は今後また3作品ほどがアニメ化されるということで、またこういうミリタリー的な楽しみができる製品が出てくれたらなぁと期待してます。


イタリア軍の複葉戦闘機CR.42(1/144)を組み立てました

 先日、イタリア軍関係の本に目を通している時にイタリア軍戦闘機への興味が再燃しまして、その流れで以前買ったものの組み立てていなかったCR.42を組み立ててみました。

 CR.42ですが、複葉機ですがイタリア軍が第二次世界大戦に参戦した時の主力戦闘機で、OCSのユニットとしても出てきます(また書きたいと思ってます)。世界で最後まで使われただけあって、最も完成度の高い複葉戦闘機だと言われていたそうです。



unit00278.jpg

 ↑組み立てていて「すごい」と思ったのが、機首の機関銃2丁がちゃんと独立してたことです。その他にも、こんなに小さいのに脚や支柱も穴にきちんと気持ちよく入るのに感動しました。




unit00277.jpg

 ↑途中で「ちっさ!」と思ったので、同じイタリア軍のMC.200(右)とMC.202(左)を持ってきて並べてみましたら、胴体の部分は同じくらいな感じでした。下の翼が小さいので「ちっさ!」と思ったのでしょうが、上の翼も付ければそんなに小さくはないですね。




unit00279.jpg

 ↑完成。非常にいい感じです。




unit00280.jpg

 ↑飾っておくケース上で並べてみました。砂漠迷彩っぽいので揃っているので、下は砂漠のマップであった方がよかったですね(^_^;


 1/144でイタリア軍の戦闘機だけでこんなに揃えられるとはありがたやありがたや……です。


1/144のヨーロッパ戦線の戦闘機を新たに購入しました

 先日、1/72 塗装済みプラモデル フルアクション フォッケウルフ Fw190A (2018/04/03)を書いてましたら、ヨーロッパ戦線の戦闘機プラモデル熱に火が付きまして、日本橋に行く機会があったので存在は知っていた(ものの買わないでいた)ばら売りの塗装済み1/144プラモデルを買ってきました。





 ↓スピットファイアと、イタリア軍のフィアットCR.42(複葉機ですが、『DAK-II』なんかにユニットで出てきます)。

スクリーンショット_160405_263





 ↓P-51ムスタングとP-38ライトニング。P-38があるのは知らなかった……今まで見逃していたのかも。

スクリーンショット_160405_262





 1/144スケールは大好きで、一時期買いまくってました。↓ゲーム部屋にケースを積み重ねて飾ってもあります。

スクリーンショット_160405_267





 ↓数ヶ月前にたまたま売っているのを見かけて買ったP-47サンダーボルトとYak.9。出来がよくて大満足です。下はイタリア軍のMC.200ですが、これは塗装済みモデルではなくて相当昔に買って作ったものです。

スクリーンショット_160405_265





 ↓P-47とかと一緒に買ったBf.110。実戦ではあまり役に立たなかったらしいですが、なかなかにかっこいいです。

スクリーンショット_160405_268





 ↓イタリア軍のMC.202、イギリス軍のハリケーンIIc、それにフォッケウルフFw-190。

スクリーンショット_160405_264





 ↓Bf.109ですが、マルセイユ機の塗装バージョンです。

スクリーンショット_160405_266



 その他に、シュトルヒ、Ju-87、タイフーンなんかもあります。


 ばら売りの店には他にエフトイズの、イギリスの爆撃機ボーファイターやモスキートがあって、これらもOCSでユニットになっているんですが、あまり性能的に高評価でもなく、見た目がかっこいいというわけでもないので、買うのはやめておきました(^_^;

 P-47を買った時の店には、輸送機のC-47もあって、その時は買わないでおいたんですが、その後OCS上でC-47が非常に貴重であることを考えると、買っておいても良かったかなぁと思いつつも、2000円もしたし、見た目かっこいいというわけでもないので……ヤフオクで手に入れようと思えば手に入れられるんですが、まあそこまではという感じです。

 Ju-52が出れば欲しいなぁ、と思いますね。

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR