FC2ブログ

OCSで日本本土侵攻作戦ゲームを作るなら1ヘクス2.5マイルでフルマップ2枚?

 1945年の米軍による日本本土侵攻作戦(ダウンフォール作戦)をOCSで作るならどうなりそうか、試しにマップをヘクスに重ねてみました。

 ダウンフォール作戦には大きく、航空基地を確保するための南九州に侵攻するオリンピック作戦と、関東に上陸するコロネット作戦があったようです(他にも色々あったみたいですけども)。


 まずオリンピック作戦を1ヘクス5マイル、1ヘクス3.5マイル……で作ってみたのですが、マップが小さすぎる気がするので、現状OCSでの最大スケールとなる1ヘクス2.5マイル(『Sicily』と『Reluctant Enemies』でのみ採用)で作ってみました。


unit9706b.jpg

 黄色い枠がフルマップ1枚分です。うまく収めるために15度傾けてみました。




 コロネット作戦の方も、2.5マイルスケールでちょうどフルマップ1枚に?

unit9705b.jpg



 尤も私はこれらの作戦に全然詳しくないので、キャンペーン期間とかの上で、特にオリンピック作戦はどれくらいの長さの見通しなのか……。

 しかしまあさすがに、これらのタイトルは日本人にとってはつらいものがありますが……(T_T)


 評価的には、本当にこれでゲーム化されたならば、ぜひプレイしてみたいという意味では評価5。しかし日本人としてプレイするのはつらいというのと、自分で作るとしたら仮想戦ですし色々と悩ましそうという意味では、なかなかに……(>_<)
スポンサーサイト



OCS-Errata-Counters-MMP.pdfからのユニットデータの作り方

 「OCS-Errata-Counters-MMP.pdf」からのユニットデータの作り方について書こうと思います(もしかしたらこれは良くない行為なのかもしれないのですが良く分からないので、ご存じの方教えて下さい!(>_<))。
I'm going to write about how to create unit data from "OCS-Errata-Counters-MMP.pdf". (maybe this is not a good actions, but I don't know, so please let me know if you know! (>_<)).


 まずはこのpdfに使用されているフォントをある程度は入れておく必要があるので、下記のエントリを参考にして下さい。
 First of all, you need to install some of the fonts used in this pdf, so refer to the following entry.

OCSのマップやユニットで使用されている欧文フォントについて (2020/04/28)




 「OCS-Errata-Counters-MMP.pdf」を『Illustrator』にドラッグ&ドロップすると、データを触れる状態になります。
When you drag and drop the "OCS-Errata-Counters-MMP. pdf" to "Illustrator" to touch the data.

 とりあえずまずは、 「編集」→「環境設定」→「単位」で、「一般」を「ミリメートル」から「インチ」に変更しておいて下さい。ユニットのサイズが1/2インチで、インチ単位で操作した方が楽なので。
 At first, go to Edit > Preferences > Units, and change the "General" from "Millimeter" to "Inches". Because the units is 1/2 inch in size and it's easier to operate in inches.


unit9714.jpg


 すべてのデータが1つのレイヤーに置かれているので、まずは準備をするのが良いと思います。
 Since all the data is placed in one layer, I think it's better to be prepared first.

 一番下の列の左から3つ目のユニットが、ユニット1つ分の大きさになっているので、これを使用するのが良いでしょう。
 The third unit from the left in the bottom row is the size of one unit. This is the one you should use.

 背景色をクリックして選択し、「Ctrl+C」でコピーします。新しいレイヤーを作って、そこに「Ctrl+F」(元の位置にペースト)でペーストします(必要なら、元のレイヤーには鍵をかけて「表示を切り換え」して見えなくしておきます)。「塗り」と「線」を入れ替えて(Shift+X)、「線」を黒色にし、「線幅」を0.1 ptにします。
 Click on the background color to select it, then "Ctrl+C" to copy it. Create a new layer and paste it there with "Ctrl+F" (paste to the original position) ( (If necessary, the original layer can be locked and "toggled" out of sight). Swap the "fill" and "line" (Shift+X), make the "line" black, and change the "line width" to 0.1 pt.


unit9713.jpg

 この矩形を選択状態で、「Ctrl+Shift+M」(移動)で、「水平方向」に「-0.5」と入力します。「プレビュー」にチェックを入れておいた方がいいでしょう。その状態で、「コピー」ボタンをクリックします(「Alt+C」する方がお奨めです)。
 With this rectangle selected, use "Ctrl+Shift+M" (move) and type "-0.5" in the "Horizontal direction". You might want to check the box "Preview". Now click on the "Copy" button ("Alt+C" is recommended).

 そのまま(コピーされた矩形を選択状態で)「Ctrl+D」(同じ作業を繰り返し)します。すると、もう一つ左側に矩形がコピーされます。
 Press Ctrl+D (with the copied rectangle selected) to repeat the process. This will copy another rectangle to the left.

 元のレイヤーを表示してみると、最後にコピーされた矩形の左下が、左下のトンボと同じ位置にあるはずです。
 If you view the original layer, the bottom left corner of the last copied rectangle should be in the same position as the bottom left Printer Mark.

unit9712.jpg


 最初の矩形を選択状態にして、「Ctrl+Shift+M」(移動)で「水平方向」に「0.5」と入力します。「Alt+C」でコピーして、「Ctrl+D」を6回すると、矩形が10個になります。
 With the first rectangle selected, use "Ctrl+Shift+M" (move) and type "0. 5" in the "horizontal direction". Copy with "Alt+C" and press "Ctrl+D" six times, and you will have 10 rectangles.

unit9711.jpg


 そしたら、その10個の矩形全部を選択状態にして、「Ctrl+Shift+M」(移動)で「水平方向」に「0」、「垂直方向」に「-0.5」と入力します。「Alt+C」でコピーすると、その10個の矩形がすぐ上に10個コピーされます。
 Then, select all 10 of the rectangles and press "Ctrl+Shift+M" (move) to move them. Type "0" for "Horizontal" and "-0.5" for "Vertical". If you press 'Alt+C', those 10 rectangles are copied right above the 10 rectangles.

unit9710.jpg


 その上の隙間は1/8インチ=0.125インチのようです。なので、次はこれまでの20個の矩形を全部選択状態にして、「Ctrl+Shift+M」(移動)で「水平方向」に「0」、「垂直方向」に「-1.125」(0.5+0.5+0.125)と入力します。「Alt+C」でコピーすると、その20個の矩形が0.125インチの隙間をあけた上にコピーされます。
 The gap above that seems to be 1/8 in = 0.125 in. Next, put all of the previous 20 rectangles in the selected state and "Ctrl+Shift+M" (move) with "0" for "horizontal" and "-1.125" (0.5+0.5+0.125) for "vertical". When you copy with "Alt+C", Its 20 rectangles will be copied over a 0.125-inch gap.

unit9709.jpg


 元のレイヤーを表示してみると、元のユニットのデータとちゃんと重なっているはずです。ユニットの色がちょっとずれているところがあるのは、元のユニットのデータがずれているものです。
 If you view the original layer, the data of the original unit should overlap properly. Some of the unit colors are slightly off, the data of the original unit is not correct.


 この作業を繰り返していくと、すべてのユニットの場所に矩形を置いていくことができます。中央の隙間は0.5インチです。
 Repeat this process to place a rectangle in place for every unit. The center gap is 0.5 inches.

unit9708.jpg




 すべての矩形を選択状態にして、「Ctrl+C」します。新しいレイヤーを作って、そこに「Ctrl+F」します。すべての矩形を選択状態で、「塗り」と「線」を入れ替えて(Shift+X)、「塗り」をクリックして有効にして、好きな色を選択すると、すべてのユニットの色が1個ずつ編集できる状態になります(元のデータは1個ずつになっていないので)。
 Select all the rectangles and press "Ctrl+C". Create a new layer and "Ctrl+F" on it. With all rectangles selected, replace the "Fill" and "Line" (Shift+X) . Click to enable "Fill" and select the color you want, and you can edit all the unit's colors one by one (since the original data is not in one piece).


 以上のように、「Ctrl+Shift+M」「Alt+C」「Ctrl+D」を使うのがコツです。もちろん、コピーでなくて移動したい時には、「Alt+C」ではなく「Enter」でOKです。
 As mentioned above, the trick is to use "Ctrl+Shift+M", "Alt+C" and "Ctrl+D". Of course, if you want to move instead of copy, you can use "Enter".




 ユニットの兵科マークや戦力値ですが、元のデータは結構ずれているものがあります。なので自分で位置を調整して、「自分のデータではこれを元にする」というものを作った方がいいと思います。「整列」をうまく使用して。
 Regarding the unit's military markings and strength values, some of the original data is quite off. So it's better to adjust your own position and create something that says "I'm going to use this as the basis for my data". Make good use of "alignment".



 私は「境界線」「ユニットの色」「ストライプ」は別のレイヤーにしてありますが、ユニットの兵科マークや戦力値は同じレイヤーで処理しています。それでも問題ないですし、その方がやりやすいような気がします。
 I have the "Boundaries", "Unit Colors" and "Stripes" on each separate layers, but the units' military markings and strength values are handled on the same layer. It's still not a problem, and I feel like it's easier to do that.

 戦力値と(徒歩の)移動力は、白い数値は編集しやすいですが、後ろの黒い数値が編集しにくいです。なので、白い数値を選択状態にして「Ctrl+X」(切り取り)で、一度取り除いてしまいます。黒い数値を編集したら、「Ctrl+F」(元の位置にペースト)で戻せばOKです。
 Strength values and (foot) mobility, the white numbers are easy to edit, but the black numbers behind them are harder to edit. So, you can remove the white number by selecting it and clicking "Ctrl+X" (cut it out). Once you have edited the black number, just press Ctrl+F (paste them back to their original position).

 パーツで足りないものがあったら、OCSのルールブックなどのpdfファイルをドラッグ&ドロップすると、ページ数を聞かれるので入力すると、その1ページだけなら編集できるようになります。そこからコピーして使用できます。「グループ化」されていたり、「クリッピングマスク」になっていることも多いので、それは必要に応じて解除します。ただしそれらは、数値や文字を編集できません。
 If a part is missing, you can drag and drop a pdf file, such as the OCS rulebook, you'll be asked for the number of pages, so you can edit just that one page. You can copy it from there and use it. It's often "grouped" or "clipping masked" so it's Release as necessary. However, they cannot be edited for numbers or characters.

 あと、ほんの少しだけデータを移動させたい時は、マウスを使って移動させるのでなくて、カーソルキーで一度動かしてみるのもお奨めです。それでうまく調整できるなら、その方が楽です。
 Also, if you want to move just a little bit of data around, I recommend moving it around once with the cursor keys. If it works, it's easier.


 航空ユニットのイラストデータを作る時は、ユニットの左(あるいは右)半分だけをまず描くといいと思います。それをコピー&ペーストして、左右反転させて、くっつけるのです。一番外側の線は0.2、内側の線は0.1 ptで大きく描いておいて、縮小する時には「変形」の「線幅と効果も拡大・縮小」のチェックを外しておきます。
 When making the illustration data for an aviation unit, if you draw only the left (or right) half of the unit first It's good, I think. Copy and paste it, flip it left to right, and stick it together. Draw the outermost line at 0.2 and the inner line at 0.1 pt, and when you shrink it down, uncheck the checkbox for "Line Width and Effect also Scale Up and Down" .

 航空ユニットの迷彩塗装は、クリッピングマスク機能を使えばいいと思うのですが、まだ試していません(^_^;
 I think the camouflage painting of the aviation units could be done with the clipping mask feature, but I haven't tried it yet (^_^;


 うーん、とりあえずこれぐらいでしょうか? また何か分からないことがあれば、気軽に聞いて下さい!
 Hmmm, that's about it for now, right? And if you have any questions about anything, feel free to ask!



OCS『The Blitzkrieg Legend』3度目のキャンペーン、第6ターン先攻(連合軍)終了

 尼崎会(拙宅)で、OCS『The Blitzkrieg Legend』3度目のキャンペーン、第6ターン(5月20日ターン)先攻(連合軍)をプレイできました。


unit9717.jpg

 前のターン、ドイツ軍はダブルターンを前提でかなり無茶をして突き進んでいたので(というのは、史実とのタイムテーブルでだいぶ遅れているので、無茶しなければというのがあり)、前線のすぐ背後で大量に戦略移動モードになっていたものがあり、イギリス軍を指揮していたワニミさんは「それらに突っ込みたい(戦略移動モードは戦力ゼロのアクションレーティングゼロなので)」ということで、3ユニットをほどを突っ込ませ、ドイツ軍の歩兵師団を8ステップ(つまり2個師団相当)を壊滅させたとのこと。やはり、前線のすぐ後ろにまで戦略移動モードのスタックを置くのは避けた方がよさそうです(もっと後ろに置くとか、普通のユニットとスタックさせるとか)。

 また、前のターンにドイツ軍が突っ込んだカンブレーですが、フランス軍の砲兵砲爆撃でステップロスが起こったこともあり、カンブレーは取り返され(ドイツ軍2ユニットが壊滅)、しかもそこにあった補給物資9Tほども奪われる結果に。フランス軍との間には距離もあったし川もあったのですが、さすがに舐めたマネだったか……? あるいは広がらずにカンブレー市内に全部スタックしておいた方が良かったかもですね。


 一方フランス軍側としては、これまで良く分からないながらも試しに重点を形成してみたりしていたのですが、どうもよくなかったなと思いました。まんべんなく、そして後方までかなり戦力をばらまいた方が良いのではないかと……。


1941年前半の日本軍によるビルマ攻略戦をOCSの1ヘクス5マイルで作った場合

 1941年前半の日本軍によるビルマ攻略戦をOCSの標準スケールである1ヘクス5マイルで作った場合について調べてみました。

 資料として『帝国陸軍南方作戦』の「ビルマ電撃戦」(『歴史群像』2002年6月号)の記事と、『歴史群像』2012年12月号(No.116)の「アキャブの戦い」の記事を参考にしました。







 濃い色のマップはOCS『Burma II』(フルマップ2枚)の領域です。

unit9718.jpg

 『Burma II』のマップはそのまま?利用するとして、それプラス矩形の領域(それぞれフルマップ1枚分)が必要なようです。西側にちょこっとくっついている領域(ハーフマップ1枚分)はアキャブ周辺で、1942年前半の戦いで攻略されましたし、その後の1942年12月から1943年2月の第一次アキャブの戦い、42年3月から5月の三十一号作戦、43年1月から2月の第二次アキャブの戦いの舞台となったもののようです。

 『Burma II』の北東方向にくっついているのは、「ビルマ電撃戦」の地図を見ているとそこらへんまでは進撃しているようなので。まあそこらへんはもしかしたら省略するとしても、それ以外の全部でフルマップ5枚+ハーフマップ1枚は必要そうな感じがします。

 アキャブの戦いのハーフマップ1枚は、もしかしたらそのマップだけで先述の戦いを再現するとか……?


 期間的には1942年1月20日から5月末くらいまでらしく、OCS標準スケールの1ターン1/2週間で40ターン程度。OCSゲームの平均からすると、マップ的にはやや大きめ、期間的にはやや短め? ユニット数的には多分かなり少なめ。


 The Gamersが作ってくれるならぜひ欲しいという意味では5段階評価の5! 自分が作るとしたらとりあえずマップの面で大変そうなのでかなりためらいますね……(^_^;


第二次ノモンハン事件のマップをOCSの2.5マイルスケールで作った場合

 先日の尼崎会で、他にも何か色々日本軍が出てくる戦いでOCSゲーム化できないか、とりあえず試しに色々OCSスケールでマップだけヘクスを重ねてみようという話が出てました。

 で、今回、第二次ノモンハン事件のマップにヘクスを重ねてみました。


unit9720.jpg


 今回、1ヘクスは2.5マイル(4.02336km)で。OCSの基本スケールは1ヘクス5マイル(約8km)ですが、2.5マイル、3マイル、3.5マイルというスケールのものもあります。2.5マイルなのは『Sicily』(I)と『Reluctant Enemies』で、この2作は共に1ターンは1/4週間。

 まあもしかしたら1ヘクス=1マイル(1.60934km)とか1ヘクス=1kmでOCS……という案もありかもですが、とりあえずは現状存在している4つのスケール内でやるなら、上の画像のようなのが精一杯という感じなので、うーん、ゲームとして作るのは難しそうな印象ですね……。

 というか、ノモンハン事件に関してほとんど全然分かってないに等しいのですが、マップの範囲としてこれで大体OKなんでしょうか? コマンドマガジンのノモンハン事件のゲームの範囲とほぼ同じなのかな……? と思いはするものの、良く分からないのですが。

 第二次ノモンハン事件は1939年6月27日から7月25日くらいまでが日本軍の攻勢で、8月20日から8月31日あたりまでがソ連軍の攻勢? このタイムスケールは1ターンが1/2週間が基本のOCSスケールから見ると、かなりいい感じに思えます(逆に、1/4週間とかにするとダメな感じが)。

 兵力的には6~7万同士の戦い? こちらも問題なさそうです。

 あと、OCSは機動戦向きのシステムだと思っているのですが、ノモンハンは機動戦なのでしょうか?(あんまりそうでもないような気が……)


 とりあえずは「もし1ヘクスを1マイルとか1kmとかにするという、既存のOCSスケールをはみ出して作るなら、なしではないのかもしれないけど、うーん」という評価ですかね……。5段階評価の2(^_^;


今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR