FC2ブログ

連結バルバロッサ、最終ターンまで到達

 12/27、28に、年末恒例となりつつある『激マン』シリーズの連結バルバロッサキャンペーンのプレイのため、GJ中村編集長のお宅へお邪魔してました。

 (今回のも含め、これまでの『激マン』シリーズ関係のエントリまとめはこちらをクリック


 今回は27日はドイツ軍4人、ソ連軍3人で、28日はソ連軍が一人抜けて2人でプレイしてました。私は今まで連結バルバロッサではドイツ軍側しかプレイしたことがなかったのですが、一回やってみたいということで希望してソ連軍側(対北方と中央。2日目は中央のみ)を担当させてもらいました。

 序盤はある程度手堅くプレイできていたと思うのですが、その時点からすでにして「中盤からはどう守ればいいのか分かってないぞ~?」と懸念していた通り、中盤で大きなミスを!

 ヴィテブスク方面で小包囲を喰らったのに続き、オルシャの南で7~8個ユニットが包囲を喰らってしまいます(あと地味にゴメリでもやらかしてました)。

CIMG050327.jpg

 というか、中村編集長からは何度もアドバイスをもらっていたのですが、良く飲み込めていませんで(>_<)

 大失敗の後、ようやく飲み込めてきた状態での守備↓

CIMG050328.jpg

 後半にはソ連軍は歩兵ユニットを前面にある意味広くばらまいて、(進入離脱に+2移動力のかかる)ZOCをなるべく広く隙間なく並べるべきなのだと。スタックしてもどうせ高移動力と高戦力を持つドイツ軍装甲師団群にやられてしまうので、移動力の消費をなるべく多くさせてこちらの損害をなるべく少なくさせる……ということですね。

 一方で、ドニエプル川沿いで一度守る際には、大河越しはZOCトゥZOC移動はできないのでZOCがそう重なるように配置しつつ、川のこちら側ではスタックして守る(敵は大河を移動では越えられないので、そのスタックを殴るしかない)ということで、こことの落差が激しい……一度どこかの大河沿いの線が破られたら、もうドニエプル川沿いで守るのは諦めて後半用の「広くばらまく」に移行せよという。

 ソ連軍の用兵について全然分かっていなかったのですが、今回ある程度学んだので、次回はもっとうまくできるかと……。

 全9ターンのうち、7ターン目辺りから考慮されだすソ連軍の反撃ですが、ロスラウリからスモレンスクに向かって鉄道線を切りに行くのが最も効果が高そうだということで、最初から困難は予想されたのですが敢行。

CIMG050329.jpg

 途中、ドイツ軍の自動車化歩兵師団2つを壊滅させつつ、スモレンスクまであと2ヘクスと迫りましたが、ここが限界……。


 今まで連結バルバロッサは関西で5回、関西以外で確か2回はプレイされていたと思うのですが、今回初めて最終ターンの第9ターンを終了するところまで行きました

 ドイツ軍側の技量の向上や、今回のソ連軍プレイヤーが不慣れだったこともあり、ドイツ軍はかなり順調に進撃。ただ、レニングラードとキエフに対する攻撃はとにかくひたすらサイの目が悪く、最終的にはキエフで3ヘクスのうち1ヘクスを陥落させたのみに終わりました。

CIMG050330.jpg

 上の写真で一番上の矢印はホトの第3装甲集団によるビャジマへの突進(陥落)。
 その下の赤い矢印はソ連軍によるロスラウリからスモレンスク方向への反撃(失敗)。
 その下の分岐した矢印は、グデーリアン第2装甲集団によるキエフ包囲と、ドニエプロペトロフスクへの突進。グデーリアンはその両方にかろうじて成功してドイツ軍に+10点(同時にソ連軍が-10点となる)をもたらし、総得点ドイツ軍が170点、ソ連軍が150点でドイツ軍が勝利しました。

 これまでのプレイで最も緊迫したギリギリの攻防の展開となり、中村編集長曰く「今までで一番面白かった」ということでした。私も、途中中盤どうしたら良いかまごまごした辺り以外は非常に楽しめました。今度はもっとうまくやりますよ!

 連結バルバロッサが最終ターンまで行けたという事もかなり良かったですし、過去2回とも間の夜に寝られなくて2日目をほとんど寝て暮らしていたのに対し、今回もあまり寝られなかったものの一応プレイはし続けられたのでその点でも良かったです(>_<)

スポンサーサイト

連結バルバロッサの中央のみ、習得プレイしました

 13日になんば会に行ってきました。人数的にはこじんまりと(同日、吹田のともよ会もありまして)。

CIMG1095.jpg

 この日は、連結バルバロッサ(『激闘! マンシュタイン軍集団』に始まる『激闘!』シリーズの最新作で、北、中央、南の3部作を連結してバルバロッサ作戦全体が再現可能。北はすでに出版されてます。)に興味がある……という、最近GJ友の会に来られたSさんと共に、中央の習得プレイをしました。




 習得プレイ……というのは今適当に考えた名前ですが、要するに対戦ではなく、「ドイツ軍手番には全員でドイツ軍のムーブについて考え、ソ連軍手番には全員でソ連軍のムーブを考える」というものです(「松浦方式」とか呼ばれたりもしましたが、なんかもっと適切で良いネーミングのものないでしょうか。「全体主義プレイ」とか?(おい))。

 で、「こうではないか」とか「こっちの方がいいですかね」とかってプレイしてたのですが……。途中で「積んだ」感が濃厚に。

CIMG1093.jpg

 ↑写真は2ターン目が始まってすぐくらいだと思いますが、黒線部分2ユニットずつスタックの強力な防御ラインが……。ホトの戦線の方でも厄介な場所に敵ユニットが残り続けてます。

 事が起こった時には明確には分かってなかったのですが、ソ連軍の突出部のより西側にソ連第10軍(10A)、より東側にソ連第3軍(3A)の司令部があり、これが10A→3Aの順番で活性化されると、赤線の道路が封鎖されていなければ、ソ連軍の機械化部隊が相当数、黒線の部分に並べることができてしまう……ということが分かりました。

 ということは、ドイツ軍としては赤線の道路を素早く封鎖しておくか、あるいは10A→3Aというチットの引かれ方を阻止するなどの策を講じないとダメということなんですね。なるほど……。


 で、やり直しました。すると今度は第1ターン、2PzG、3PzGが出た後で10Aのチットが引かれ、「これはもしかしてグデーリアンチットで割り込んでキャンセルすべきなのか……!?」と色々考えてみたところ、どうも明らかにキャンセルした方がよさそう、ということでキャンセルしまして、とりあえず小包囲環を完成させ、その後……3A→SUPPLYと来て、小包囲環の中のソ連軍がすべてステップロス! 今度は割と順調に進みました(ただしミンスクで包囲環を作るのには失敗……)。

 私は今まで連結バルバロッサでプレイさせてもらったことは何回かあったんですが、こんな風にじっくりと両軍、および中央全体を見ながらやったのは初めてで、大変勉強になりました。やはり『激マン』シリーズは面白いです。ルール難易度的にもかなり簡単で、それでいて状況判断の必要性やムーブのテクニックなどが適度に重要で、非常にいいですね~。

『激闘! バルバロッサ作戦』でモスクワへの突破!

 5月4日、5日と長浜のゲーム合宿に参加してきました。

 目当ては『激闘! バルバロッサ作戦』です。今回はGJ編集長とGJ友の会常連?3名と、岡山ボードウォークの方々+Trajanさんで、枢軸軍が5名、ソ連軍が3名で2日がかりで8ターンまでプレイしました。

 私は前回『激闘! バルバロッサ作戦』テストプレイと同様にドイツ軍側のホト(第3装甲集団)を担当しましたが、前回までとは異なりホトとグデーリアンの間には(ブレスト・リトフスクが2ターンまで落ちなかったことを除けば)重大な障害がほとんどまったく起こらずミンスク前の小包囲も、ミンスクでの大包囲もほぼ完全に成功し、かなり良いスタートとなりました。

 ただ、北方軍集団はチットの順番の関係でダウガスピルスがすぐに陥落せず、しかもウェルキエ・ルキのソ連第22軍が援軍にやってきて大苦戦(この第22軍は最終的に、活性化されるのを1ターン遅くするのが適当であろう、という裁定になってました)。

 レニングラードを取るのは不可能という判断になったため、途中で手薄だったウェルキエ・ルキ方面に北方軍集団は転進します。中央軍集団は2個装甲集団のくるまがかりでモスクワ方面への突破をはかり、(私が参加した)連結ゲームテストプレイ4回目で初めて、モスクワ方面への突破を果たしました(といっても、実は2日目私は寝不足?と体調不良からほとんど寝てまして、指揮はグデーリアンとマンシュタインがほとんど全部やってました(^_^;)。

CIMG0700.jpg


 南方軍集団はボードウォーク店長さんが指揮されていて大進撃されていたのですが、キエフは惜しくも取れず。勝利条件的には大まかに言って「モスクワ方面への突破をした上で、さらにレニングラードかキエフのどちらかをとっていれば枢軸軍の勝利」らしいので、惜しくも敗北となりました。

 が、今回はかなり気をつけていたので今までのように手薄な場所からソ連軍の大反撃を食らって危機に陥るということもなく(2回目の連結プレイ時には北方軍集団と中央軍集団がソ連軍に包囲壊滅させられたのは秘密です)、その点やはり進歩はあったという気がします。

 ドイツ軍側としては、やはり勝つ為にはレニングラードかキエフは取らねばならず、レニングラードを取るためにポロツク辺りで第3装甲集団から数個装甲師団を北方軍集団に回すか、あるいは南方大旋回をやることを考えるべきでしょうか。ソ連軍側としては、反撃をかけてドイツ軍側にプレッシャーを与えねばということが言われていました。


 私は一日目はかなり良かったのですが、二日目にほとんど死んでいたのが残念です。尤も、マンシュタイン殿とグデーリアン殿に指揮を任せていたからあそこまで行ったのかもですが(^_^; 出先で良く寝られないのが原因か、前回も2日目ほとんど寝てましたから……というか体調が全般に若干悪いのも確かです(一時期よりはマシなのですが)。

『激闘! バルバロッサ作戦』テストプレイ

 12/28、29に『激闘! バルバロッサ作戦』のテストプレイに参加しに、GJ編集長宅へお邪魔しました。

 2日がかりで、総勢8人(うち3人は1日のみ参加)でのプレイです。私は1日目はドイツ軍の第3装甲集団(ホト)を担当し、2日目後半は主に北方軍集団を担当しました。

Dsc04694.jpg

 ↑初期配置です。


Dsc04696.jpg

 ↑第1ターン終了時。グデーリアンが若干出遅れていますが、他は割と快調な出だしです。


Dsc04696b.jpg

 ↑開始時と第1ターン終了時を重ねてみました。


Dsc04697.jpg

 ↑第2ターン終了時。北方軍集団は快調ですが、中央ではミンスクポケットの形成に失敗し、グデーリアンは装甲師団1個壊滅の危機をかろうじて回避。


Dsc04697b.jpg

 ↑第1ターン終了時と第2ターン終了時を重ねたもの。


Dsc04698.jpg

 ↑第3ターン終了時。ホトは、今までのプレイではなかなか攻略できなかったヴィテブスクを攻略するために、その北西にあるポロツクを奪取します。グデーリアンは散々手こずらされたポケット内のソ連軍をようやくほぼ無力化し、ドニエプル川に向かいます。


Dsc04698b.jpg

 ↑第2ターン終了時と第3ターン終了時を重ねたもの。


Dsc04699.jpg

 ↑第4ターン終了時。北方軍集団はルガ防衛戦に食いつき、ホトはヴィテブスクを陥落させるも、グデーリアンが追いついていないためスモレンスクには向かえず、オルシャ陥落を狙います。グデーリアンはようやくドニエプル川沿いに到着。南方軍集団はルーマニア軍と手を繋ぎ、ポケットを形成


Dsc04699b.jpg

 ↑第3ターン終了時と第4ターン終了時を重ねたもの。


Dsc04701.jpg

 ↑第5ターン終了時。この第5ターンには、私が不注意で調子に乗ってホトの装甲集団が敵の中に頭を突っ込み、装甲集団主力が撃滅&補給切れの危機に……! 置き直ししてもらったりでなんとか5ステップロス(1個装甲師団が壊滅)で収まったのですが……。


Dsc04701b.jpg

 ↑第4ターン終了時と第5ターン終了時を重ねたもの。

Dsc04702.jpg

 ↑第6ターン終了時。ホトとグデーリアンは指揮を統合し、私は完全に北方軍集団へ転任し、ソ連軍戦線に穴をあけるも増援でふさがれます。中央軍集団はチット5個のくるまがかりで攻撃をおこない、これまで遅れていた進撃を取り戻そうとしますが、スモレンスクは未だ落ちず。


Dsc04702b.jpg

 ↑第5ターン終了時と第6ターン終了時を重ねたもの。


Dsc04703.jpg

 ↑第7ターン終了時。中央軍集団のさすがの怒濤の攻撃でスモレンスクは陥落し、その前方には大量のソ連軍増援が置かれますが、モスクワは風前の灯火か……?


Dsc04703b.jpg

 ↑第6ターン終了時と第7ターン終了時を重ねたもの。


 と、この辺りで時間切れ(体力切れ?)終了となりました。第9ターンまで行ければよかったのですが……。


 今までのプレイでドイツ軍が犯していた結節点の不注意はかなり改善されましたが、私の不注意でのミスやグデーリアンの遅れなどもあって、「もう一度やりましょう! そしたらその時にはもっとうまくやります!」という気持ちが……。


 人数が必要なこともあって、すぐには再戦といきませんが、毎年5月の連休中にあるという近江でのウォーゲーム合宿でまた連結バルバロッサがプレイ可能ではあるかも(ただし3日中の2日間だけとか?)という話でした。ぜひ再戦したいです。大変面白いです。

 今回、初めて『激闘!』シリーズをやるという方の参加も4名を数えましたので、興味のある方はぜひお声かけ下さい。人数が必要なので手を上げてもらえると大変助かります。(ただしチットシステムのゆえ待ち時間も結構あるので、横で別のゲームをやりながら……という方がいい&全然可能かもしれません)


『激闘! バルバロッサ作戦(仮)』初テストプレイ

 『激闘!』シリーズの3作を連結するバルバロッサ作戦全体を再現するゲームのテストプレイ会に行ってきました。

 ※以下、ゲーム名は全て仮名です。まだ決めてないそうです。

12092301

 GameJournal誌において将来1作ずつ発表されるであろう『激闘! 北方軍集団(仮)』『激闘! 中央軍集団(仮)』『激闘! 南方軍集団(仮)』を連結して、バルバロッサ作戦を再現する、仮名『激闘! バルバロッサ作戦(仮)』です。モスクワはマップ外ですが、もしかしたら将来的には『激闘! タイフーン作戦(仮)』を連結出来る様になるかも……?

 ※『激闘! レープ軍集団』『激闘! ボック軍集団』『激闘! ルントシュテット軍集団』という名前であるべきじゃないか? という案も出されましたが、「それではどこの戦いかぱっとは分からないだろう」とほぼ却下されてました。

 ↑上写真がマップを広げてみたところ。モスクワがちょこんとくっついてます。


 ↓初期配置です。

12092302


 ↓第1ターン終了時。プレイはドイツ軍3名、ソ連軍2名(一人が対南方軍集団を担当)でおこないました。

12092303


 私は中央軍集団を担当したので、そこだけやや詳しく。

12092304

 ↑は同じく第1ターン終了時。北側でホト親父の第3装甲軍(黄色帯)が、南側で韋駄天ハインツ(グデーリアン)の第2装甲軍(赤帯)が、それぞれ包囲環を閉じつつ、進めるだけの装甲師団が東へ進もうとしています。

 このゲーム、1ターンに一度サプライチットが引かれると補給判定をし、その時点で補給線が引けないソ連軍ユニットは1ステップロスします。ので、包囲環を作る(で、その後にサプライチットが引かれる)のが大事


 ↓第2ターン終了時。レニングラードの右側に、引かれていった大量のチットが並んでいます(^_^;)

12092305


 ↓同、中央軍集団戦区。ミンスク包囲環……なのですが、ミンスク前面のソ連軍第13軍団のチットが引かれる前にグデーリアンの第2装甲軍がその退路を塞ぐ機動を優先した結果、ミンスクの南西に穴が開いてそこからある程度逃げられてしまいました……。結果的には第13軍団のチットが引かれたのは割と遅かったので、もっと包囲環を大事にすべきだったか。この後、この穴が非常に悪影響をもたらしました。

12092306


 ↓第3ターン終了時。

12092307


 ↓同、中央軍戦区。一般に「スモレンスク会戦」ゲーム(あるいはシナリオ)の開始時となる時期です。ただし、司令部とチットを集中させる事を狙った為に第2、3装甲軍を接近させており、ヴィテブスクは落ちていません。尤もオルシャとモギレフは落ちており、第2装甲軍の一部は既にドニエプル渡河に成功しています(ただし南の側面がガラ空き)。

12092308


 ↓第4ターン終了時。

12092309


 ↓同、中央軍集団戦区。スモレンスクとヴィテブスクを両方とも低比率で攻撃したのですが、陥落せず……! 南方の側面にはソ連軍の圧力が増大中……。

12092310


 ↓第5ターンの2/3ほど進んだところ。夜9時頃となり終了となりました(午後1時から始めました)。

12092311


 ↓同、中央軍集団戦区。このターン、色々と劇的な事がありました。ソ連軍はキエフ軍管区から戦車と、さらに司令部を計3つ程もガラ空きの南側面に集中させます。私は最低限の手当だけしてヴィテブスクとスモレンスクを陥落させますが、第2装甲軍の一部を南方旋回。これを見てソ連軍はスモレンスク方面に一大攻勢をかけ、ドイツ装甲師団2つがステップロスし、スモレンスクは孤立! しかも南方側面からは司令部のみで鉄道連絡線を切るつもりだという事で、チットの出方によっては第2、3装甲軍全体がステップロスの危機に!

12092313

 しかし結果としてチット引きはソ連軍にとってうまく行かず、スモレンスク方面ではドイツの2個装甲軍が反撃してソ連側の戦車軍団が多数壊滅して孤立は解囲。しかも後方のドイツ歩兵軍のチットが出て手当がされ、投了……(?)。(現在、本来は6ターンまでのゲームとして制作されているそうです)


 プレイアブルでチット引きによるランダム性があり、6人で一日やれば充分終わるゲームとなっていて、テストプレイヤーは皆一様に「非常に面白かった」と言っておりました。「中央軍集団はユニットが多くて大変ですよ」と編集長に言われていたのですが、別にそんなことは感じませんでしたし、バルバロッサ作戦(の中央軍戦区)をこんなスパンで追体験した経験がなかったので、非常に興味深く刺激的でした(GMTの『BARBAROSSA:Army Group Center』のミンスクシナリオをやりたい気持ちがちょっと高まりました)。

 多人数プレイも面白いですが、ちょっと気合いを入れれば2人プレイとか、あるいはソロプレイとかでも、師団規模でバルバロッサ作戦をプレイ出来るとか、かなり良い様な気がします。

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR