OCS『DAK-II』クルセーダー作戦シナリオ研究

 ミドルアース大阪に行って、こかどさんとOCS『DAK-II』のクルセーダー作戦シナリオの研究をやってました。

 セットアップについてはOCS『DAK-II』クルセーダー作戦スモールシナリオセットアップ (2016/11/02)をご覧下さい。

 ただ、その2日後のエントリOCSインストで『Sicily II』「シチリア島西部」「プリマソーレ橋」をやりました (2016/11/04) に書いてましたが、どうにもイギリス連邦軍の戦力が枢軸軍の戦力に比べて少なすぎるように見えてどうしたらいいのか悩みまくりました。


 一応気付いたイギリス連邦軍側の好材料として(以下のルールはクルセーダー作戦時には、ということで、他の時期だと当てはまらないものもあります)、

1.イギリス連邦軍に数多くある旅団ユニット(戦車旅団や歩兵旅団)は皆2ステップを持っていて、損害に強く、かつ戦闘補給では旅団ユニット1つにつき1Tと優遇されている。燃料的にも有利でしょう。

2.イギリス連邦軍の各歩兵旅団は固有の5砲爆撃力を持っている。

3.イギリス空軍はヒップシュート可能。

4.イギリス連邦軍の砲兵は軽ATや重ATを持っていたりする。

5.シナリオ中を通じて枢軸軍の補充ユニットは総計4個(Variable Reinforcementは両軍ともなし)だが、イギリス連邦軍の補充ユニットは総計14個で、3.5倍の補充能力を持つ。


 などなど……。初期SPの総量でも勝っていると思われます(ターン毎に来るSPの量は同じ)。

 イギリス連邦軍の補充ユニットは前線から離れたメルサ・マトルーにまとめて置かれているので、戦略移動でもって前線に送り込んでおくべきだと思われます(司令部&守備隊とスタックさせておく)。また、メルサ・マトルーからの鉄道線がある程度までは西方に延びていて鉄道輸送力が毎ターン1あるので、それでSPを前線に運べます。


 ただこれらを考慮してもイギリス連邦軍は前線に戦力が足らず、攻勢に出られる気がしない……。史実に関する本を読むとクルセーダー作戦の時にはイギリス連邦軍には枢軸軍の2倍の戦車があったとかあるのですが、ホントに?(^_^; 混戦に持ち込めば補充力で上まわっているので最終的には優位に立てる……?


 ↓第1ターン先攻(イギリス連邦軍)終了時。

スクリーンショット_160405_138

 リビアン・オマールに対して第2ニュージーランド師団が包囲攻撃をかけたくらいで、ほとんど何もできず……。




スクリーンショット_160405_139

 後攻ターンにはトブルク要塞の一番東の一角が枢軸軍に占領されてしまいました。

 砲爆撃で1ステップロスさせられ、そのあとDL1o1で積みました……。3ステップ守備ではダメで、4ステップは必要かもです。が、そうすると後方に予備がほとんど確保できないんですよね……。補充ユニットを海路でトブルクに送り込むとかも必要なのか……。

 あるいは、内陸からのイギリス機甲師団がトブルク包囲環の枢軸軍部隊に攻撃をかけるからこそ、トブルクは失陥しないでいられるということなのかもしれません。史実では包囲環のすぐ外側のシディ・レゼクで戦車戦が起こっているわけですし。


 ちょっと詳しい史実での戦力比とか知りたいところです。以前買って途中まで読んで止まっていた『Rommel's North Africa Campaign』を引っぱり出してきてみたら、ちょうどクルセーダー作戦が始まったあたりにしおりが挟まってましたが(^_^;




スポンサーサイト

SPI『Campaign for North Africa』と『DAK-II』の比較

 以前、ミドルアースでOCS他の地中海祭り (2016/08/22) で書いてましたSPIの『Campaign for North Africa』とMMP/The Gamersの『DAK-II』の比較が実現!

 伝説のゲームである『Campaign for North Africa』を持ってきて下さいましたBOWさん、ありがとうございます!



 ↓全景。『DAK-II』と同じくフルマップ5枚。

スクリーンショット_160405_128




 残念ながらテーブルに両方のゲームマップは広げられないので、以下、特徴的な地形を比較する形で。

スクリーンショット_160405_129


スクリーンショット_160405_130


スクリーンショット_160405_131


スクリーンショット_160405_132


スクリーンショット_160405_133


スクリーンショット_160405_134


スクリーンショット_160405_135



 ↓このシートに、装甲師団1個分、歩兵師団1個分の情報を書いていくそうです。これは大変だ……(^_^;

スクリーンショット_160405_136


スクリーンショット_160405_137



 戦闘をすると1ターン処理するのに10時間くらいかかるらしいですが、戦闘がなければ1ターン2時間くらいで終わるそうです……ってそれでも充分長いわーバキッ!!☆/(x_x)


 『DAK-II』のデザイナーであるディーン・エスイグ氏は、そのデザイナーズノートで以下のように書いています(→『DAK-II』デザイナーズノート和訳)。

 私がそのゲームを欲しいと思い始めたのは1976年(かそこら)のことで、その頃SPIがプレイヤーの意見を反映したゲームを作っているらしいという噂が流れてきて、それは結局リチャード・バーグによる『Campaign in North Africa』【いわゆる『Campaign for North Africa』のことだと思われる】として出版されることになりました。隔月巻のS&T誌を入手するたびにそれを握りしめながら、私はこの"長らく待望したゲーム"が届けられるのをひたすら待ちました。その開発が2年も遅れている間に私はこの開発中のゲームに関するあらゆる報告、遅延の知らせ、進行状況に関する手がかりを探し回りました。それに私は、このゲームがどんな風になるだろうという私自身のイメージを膨らませていったのです。私の期待は高すぎたのかもしれません。

 いよいよ販売の申し込みが始まる段になって私は即座にそれに申し込み、固唾をのんで待ちました。

 そのゲームが来た後……。

 その年以来、私はこのゲームをプレイしたという数多くのプレイヤーに出会いました - ある人は30ターンプレイしたと言っていました。しかし私はついにこのゲームをプレイすることはありませんでした。私はその硬い膜を突き破り、"理解する"ための試みを何回も行いましたが、それは結局うまくいきませんでした。そうするための一人の努力は実らなかったのです!

 あなたが今手にとって見ているものは、私が今までに立案し、かつ粉骨砕身した企画の中で、最も精密かつ正確なゲームとなります。このゲームはあの時の夢の実現であり、その点において素晴らしくもやばいゲームだと言えるでしょう(もちろんこれが偏った見解であることは承知です……しかし私は少なくともこのゲームをプレイはしたわけです - ソロプレイだとしても!)。あなたがこのゲームで多くの時間を楽しみ、私の夢を共有して下さることを願っています。あなたが私の仕事を気に入ってくれますように。



 あと、すでに『Operations』のOCS関係ページのコピー終了しました (2016/07/30) で書いていましたが、

インタビュアー:ゲーマーになってから、最も大きな満足をあなたに与えたゲームはなんですか?
ディーン・エスイグ:疑問を挟む余地もなく、それは『DAK』だよ。あれこそが私の夢の到達点なんだ。


 という話もあります。

OCS『Case Blue』「ウラヌス攻勢」第6ターン先攻

 ワニミさんと、OCS『Case Blue』「ウラヌス攻勢」第6ターン(1942年12月5日ターン)の先攻(枢軸軍)だけをプレイしました。


 ↓第6ターン先攻終了時。

スクリーンショット_160405_127

 ①の箇所ではハンガリー軍とドイツ軍がドン川を渡河してソ連軍の2スタックを包囲。

 ②の箇所ではドイツ軍の第14装甲師団が、戦略移動モードの狙撃兵師団+機械化軍団?のスタックを殴り、数ステップの損害を与えました。ただ、この「戦略移動モードの狙撃兵師団+機械化軍団」というやり方で戦線を前に進める方式は有効であろうとも。

 ③の箇所では史実の冬の嵐作戦並みに3個装甲師団が揃い、次のターンには緑の矢印のように本格的に作戦を始めるかも……?

 ④の箇所ではポケット内のドイツ軍歩兵師団が北側の包囲環を2箇所で破り、その北の鉄道線を踏む可能性が出てきました。


OCS『Case Blue』「ウラヌス攻勢」ドン川問題について

 先日、OCS『Case Blue』「ウラヌス攻勢」第5ターン (2017/01/11)で触れていました「ドン川を越えてもいいのかどうか」問題。

 「ドイツ軍がドン川を越えたらソ連軍の補充を2倍にする」と書いてましたが、これは「Russian Booklet」(ソ連軍用のチャート冊子)にある文言であり、ルールブック自体には「枢軸軍が……」と書いてあるということが判明(^_^; とりあえずはルールブックの方が正しいとしてプレイすべきかという話になりました。

 ただ、再度詳しく確認したところ、その条件というのは↓の写真で、

スクリーンショット_160405_126

 ①から②にかけてのドン川(濃い水色の河川)より北の領域に枢軸軍が入ったならば……というもので、ということは①から③にかけての線よりも西側であれば問題ないということに! ①から③の領域の特に北端の部分は写真の左端までドン川が屈曲していてそこまでソ連軍部隊がいたのですが、圧力で退却した挙げ句ハンガリー軍(青いユニット)に補給線を切られ被包囲されそうになっております。

 このマップの北側は『Guderian's Blitzkrieg II』のマップで、向こう側にもソ連軍はいるはずなのですが、盤端はなかなかに難しいですね~。

 ただこの方面はソ連軍としても枢軸軍の鉄道線を切ったり、有望な攻勢軸案の一つとして確保し、ドン川の向こうへ橋頭堡を獲得しておきたい場所なので、そこらへんでもせめぎ合いがあってしかるべきなのでしょう。

『Stalingrad Battle Atlas』のIIIとIVを注文しました

 またワニミさんとOCS『Case Blue』「ウラヌス攻勢」の続きをやっていたんですが、そこにワニミさんが買われたというスターリングラード戦の洋書を持ってきて下さってました。



 グランツ氏ではなく、アントン・ジョリーという人の書いたスターリングラード戦のシリーズだそうで、このIII巻はまさに1943年11月19日~30日という、ウラヌス攻勢を扱った本になってました。地図が大量にあったり一日ごとの戦況が書かれていたりで、「これはすばらしい!」

 値段を聞いたら3000円くらいだったということなので、コピーさせてもらうよりも購入してしまうことにしました(今注文したんですが2000円くらいでした(*^_^*))。


 それから、このシリーズのIV巻が3月に出るのだけどもそれが12月1日から12月31日までということなので、冬の嵐作戦からリトルサターン作戦までを扱った巻ということになるそうです。ワニミさんは冬の嵐作戦フリークですでに注文されたということなのですが、私もリトルサターンフリークという感じなので、これも注文!




 いいですねぇ、すばらしいですねぇ~。グランツ氏が最新、最高峰かと思い込んでいたので、『ドン川からドニエプル川へ』(『From the Don to the Dnepr: Soviet Offensive Operations, December 1942 - August 1943』)以上のリトルサターン作戦の情報は手に入らない(入りにくい)と思っていたので、大変嬉しいです。しかも(グランツ氏の本に比べて)安い!(ただしグランツ氏の↓の本は、リトルサターン、ギャロップ、スター、第4次ハリコフ戦の4in1です)




 ただ、そうはいいながら全部読破できるわけではなさげな本にポンポンお金を使っていって……とりえあずすでに買った本読まなきゃね? ただ私はアレですね、日本語の本ならば一応端から端まで読みますが、洋書だと興味が特にある所だけを読むスタイルじゃないと読めない程度の英語力だから……か? 英語力増強したいです。


今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ゲームをしないウォーゲーマー……でしたが、最近はOCSだけはひたすらプレイしたり情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅でOCSを置きっぱなしプレイがメインになりつつありますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。
 過去に作ったイタリア軍関係動画もどうぞ。
※リプレイ記事は練習が主になっていて、間違ったルールでプレイしてる事が多々あることにご注意下さい。気付いたものはその都度新しい記事でその事を書いてますが、古い記事に修正はほどこせていませんので……。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR